トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 青木淳悟

青木淳悟

青木淳悟さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

青木 淳悟(あおき じゅんご、1979年5月9日 - )は、日本の小説家。埼玉県狭山市出身。早稲田大学第二文学部表現・芸術系専修卒業。
早稲田大学在学中の2003年、「四十日と四十夜のメルヘン」で第35回新潮新人賞を受賞しデビュー。2005年、「クレーターのほとりで」が第18回三島由紀夫賞候補。同年に上記2作を収めた作品集『四十日と四十夜のメルヘン』で第27回野間文芸新人賞受賞。2009年、『このあいだ東京でね』で第22回三島由紀夫賞候補。2012年、『わたしのいない高校』で第25回三島由紀夫賞受賞。

受賞歴

青木淳悟関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

青木淳悟関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

cogito_erogetum【四十日と四十夜のメルヘン (新潮文庫)/青木 淳悟】を読んだ本に追加 → https://t.co/Y6hZDiiklb #bookmeter
mico_kinopo四十日と四十夜のメルヘン/青木淳悟#読了
sukinabunshouこのあたりの事情について作家本人は、「パンを得るべく」「広い意味での文筆家になった」などと書いているが、その通過儀礼だとでもいうように、名前の方も平成元年付で「はいじま みのる」と改めている。青木淳悟「四十日と四十夜のメルヘン」
bikasebu(連想)1新潮新人賞を受賞しデビュー 2早稲田大学第二文学部出身 3、2012年の三島由紀夫賞受賞者 4『私のいない高校』 A青木淳悟/(連想)1兄・宗典も小説家 2早稲田大学第二文学部出身 3、2012年の山本周五郎賞受賞者 4『楽園のカンヴァス』 A原田マハ
l___picnic磯崎健一郎もインドには行かずに肝心の子供を書いていたし、青木淳悟も実際にその場には行かないという方法で小説を書いている。自分が経験していないから良い悪いではなく、自分が経験していないことをいかに書くか、という問いの実践がそもそも存在している。
kurofunecosich【本】青木淳悟「四十日と四十夜のメルヘン」。表題作は要約不能、人類創生を描いた「クレーターのほとり」、どちらも仕掛けも凝っていて作品のスケールが広く、過去に類例がないタイプの小説。青木さんの小説は作品ごとにそれぞれ違う新しさを持っているのが凄い。現代アートのような小説だと思う。
kurotuki_2こうこう (高校)私がいない高校 青木淳悟 三島由紀夫賞 https://t.co/e7dLw0Gcmy
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
青木淳悟さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)