トップページ > 作家名一覧 > ふから始まる作家名一覧 > 冬川亘

冬川亘

冬川亘さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

冬川 亘(ふゆかわ わたる、1948年3月7日- )は日本の翻訳家、作家。
本名、野口勇。熊本県鹿本郡大字来民(現・山鹿市鹿本町来民)出身。千葉県四街道市在住。
東京都立大泉高等学校卒業。東京大学文学部西洋史学科卒業。同大学院西洋史修士課程中退。
訳書『カエアンの聖衣』で星雲賞を受賞。1995年、第27回新潮新人賞を短編『紅栗』で受賞。
2008年を最後に翻訳書はなく、2014年にはかつて冬川が訳した『無伴奏ソナタ』(短編集の共訳)の新訳版が、2015年には『はだかの太陽』(、の新訳版が、2016年には『カエアンの聖衣』の新訳版が、元出版社である早川書房から刊行された。
*『時の罠』(The Time Trap、キース・ローマー、ハヤカワ文庫) 1978
*『時間外世界』(A World Out of Time、ラリイ・ニーヴン、早川書房) 1979、のち文庫 1986
*『多元世界の門』(The Gate of Worlds、ロバート・シルヴァーバーグ、立風書房) 1979
*『星の秘宝を求めて』(The Star Treasure、キース・ローマー、ハヤカワ文庫) 1979
*『悪鬼の種族』(The Demon Breed、ジェイムズ・H・シュミッツ、ハヤカワ文庫) 1980
*『狂気の惑星』上・下(The World is Round、トニイ・ロスマン、ハヤカワ文庫) 1980
*『残像』(The Persistence of Vision、ジョン・ヴァーリイ、大野万紀共訳、ハヤカワ文庫) 1980
*『スター・トレック 宇宙大作戦』(Star TrekThe Motion Picture、ジーン・ロッデンベリイ、早川書房) 1980、のち文庫
*『キャッチワールド』(Catchworld、クリス・ボイス、ハヤカワ文庫) 1981
*『スターダンス』(Stardance、スパイダー&ジーン・ロビンスン、早川書房) 1981、のち文庫
*『パッチワーク・ガール』(The Patchwork Girl、ラリー・ニーヴン、フェルナンド絵、東京創元社、イラストレイテッドSF) 1981、のち文庫
*『ボシイの時代』(They'd Rather Be Righ、マーク・クリフトン,フランク・ライリイ、創元推理文庫) 1981
*『イタルバーに死す』(To Die in Italbar、ロジャー・ゼラズニイ、ハヤカワ文庫) 1982
*『焔の眼』(Eyes of Fire、マイクル・ビショップ、早川書房) 1982
*『魔法株式会社 - ハインライン傑作集3』(ロバート・A・ハインライン、ハヤカワ文庫) 1982
*『カエアンの聖衣』(The Garments of Caean、バリントン・J・ベイリー、ハヤカワ文庫) 1983
*『妖魔の潜む沼』(The Fellowship of the Talisman、クリフォード・D・シマック、創元推理文庫) 1983
*『スターシップと俳句』(Starship and HAIKU、ソムトウ・スチャリトクル、ハヤカワ文庫) 1984
*『ソングマスター』(Songmaster、オースン・スコット・カード、ハヤカワ文庫) 1984
*『はだかの太陽』(The Naked Sun、アイザック・アシモフ、ハヤカワ文庫) 1984
*『パルチザン』(Partisans、アリステア・マクリーン、早川書房) 1984
*『不完全な死体』(The Long Arm of Gil Hamilton、ラリー・ニーヴン、創元推理文庫) 1984
*『スカイトラップ』(Skytrap、ジョン・スミス、ハヤカワ文庫) 1985
*『最終工作員ロネイ』(The Final Run、トミー・スティール、ハヤカワ文庫) 1986
*『さらば、カタロニア戦線』上・下(The Spanish Gambit、スティーヴン・ハンター、ハヤカワ文庫) 1986、のち扶桑社ミステリー
*『変化の風』(The Winds of Change and Other Stories、アイザック・アシモフ、創元推理文庫) 1986
*『暗号名<オメガ・ブルー・ワン>』(Jack Lane's Browning、デヴィッド・ゲシン、サンケイ文庫) 1987
*『シャーマン迎撃戦線』(アントニー・レジュネ、二見文庫) 1987
*『アムレット』(The Amulet、マイケル・マクダウエル、ハヤカワ文庫) 1988
*『消えたパタースン編隊』(Patterson's Volunteers、ジョン・スミス、ハヤカワ文庫) 1988
*『デインの遺書』(Dane's Testament、デヴィッド・ゲシン、扶桑社ミステリー) 1988
*『シャトル防衛飛行隊』上・下(Zoboa、マーティン・ケイディン、ハヤカワ文庫) 1989
*『毒ガス列車を阻止せよ』(Mannequin、ロバート・バーン、二見文庫) 1989
*『アフガン空域を脱出せよ』(Crow's War、ジェイムズ・マギー、二見文庫) 1990
*『メデューサ 核ミサイル迎撃機発進』(Medusa、ジャネット&クリス・モリス、東京創元社、創元ノヴェルズ) 1990
*『星々の聖典』(Crescent in the Sky、ドナルド・モフィット、ハヤカワ文庫) 1991
*『星々の教主』(A Gathering of Stars、ドナルド・モフィット、ハヤカワ文庫) 1991
*『傭兵部隊』(Trigger Men、ジェイムズ・マギー、二見文庫) 1992
*『青き月と闇の森』上・下(Blue Moon Rising、サイモン・R・グリーン、ハヤカワ文庫) 1993
*『酸素男爵』(The Oxygen Barons、グレゴリイ・フィーリイ、ハヤカワ文庫) 1993
*『ファルコン』上・下(Falcon、エマ・ブル、ハヤカワ文庫) 1993
*『荒れ狂う深淵』(Furious Gulf、グレゴリイ・ベンフォード、ハヤカワ文庫) 1995
*『宇宙のランデヴー 4』上・下(Rama Revealed、アーサー・C・クラーク,ジェントリー・リー、早川書房) 1995、のち文庫
*『カリストの脅威 アシモフ初期作品集1』(The Early Asimov vol.1、アイザック・アシモフ、ハヤカワ文庫) 1996
*『ガニメデのクリスマス アシモフ初期作品集2』(The Early Asimov vol.2、アイザック・アシモフ、浅倉久志共訳、ハヤカワ文庫) 1996 from wikipedia(名前を用いての自動収集のため、別人の場合もあることをご了承ください)

受賞歴

冬川亘関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

冬川亘関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sf_meimonkuそれは嘘だ …(中略)… ぼくはおまえの声を知っている、リクトルス、自分の声と同じくらいよく知っているぞ。いまのは嘘だ、それも小さな嘘じゃない、リクトルス、いまのはおまえ… / オースン・スコット・カード「ソングマスター」(冬川亘… https://t.co/HbdGvKZygI
nOSIBERIA@trentatore_giri 旧訳が冬川亘氏、新訳が小尾芙佐氏ですン
toyritz今日の一冊。『時の罠』(キース・ローマー、冬川亘・訳)読みたい本が大量にある。その内のどれだけを読むことができるのだろうかと考えると絶望する。絶望している間にも読みたい本が増えるので、どんどこ読みましょう。大吉堂オープンしました… https://t.co/jwnm4tSCeP
fujitama3ほかのふたりの大臣がそれぞれに抗議していた。「まやかしだ」とカワグチ。「この五十年、『スターシップと俳句』ソムトウ・スチャリトクル 冬川亘訳#1いいねごとに部屋にある本の106ページ3行目を晒す https://t.co/tHTNJ1m3iZ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    冬川亘さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)