トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 金原ひとみ

金原ひとみ

金原ひとみさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

金原 ひとみ(かねはら ひとみ、1983年8月8日 - )は、日本の小説家。。
東京都出身。
父は児童文学研究家・翻訳家・法政大学社会学部教授の金原瑞人。
文化学院高等課程中退。小学校4年生のとき不登校になり、中学、高校にはほとんど通っていない。小学6年のとき、父親の留学に伴い、1年間サンフランシスコに暮らす。
小説を書き始めたのは12歳の時。15歳のころリストカットを繰り返す。中学3年生の時、父が法政大学で開いていたゼミに、「めいっ子の高校生」として参加。20歳の時、周囲の勧めを受けてすばる文学賞に応募した。
2003年、「蛇にピアス」で第27回すばる文学賞を受賞。
2004年、同作で第130回芥川賞を綿矢りさと共に受賞。翌年に集英社の担当編集者と結婚。
2007年、アニメ映画「カフカ 田舎医者」で映画初出演。第1子(長女)を出産。
2010年、短編「夏旅」で川端康成文学賞最終候補。小説「トリップ・トラップ」で第27回織田作之助賞を受賞。
2011年、放射能汚染を心配して東京から父親の実家である岡山に移住して次女を出産した。その後フランスへ移り住む。
2012年4月11日、NHKのトーク番組「スタジオパークからこんにちは」にゲスト出演。生放送への出演は自身初。
2012年、「マザーズ」で第22回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞(選考委員:高樹のぶ子)。
*2018年、日本に帰国。

金原ひとみ新刊

  • 発売日
    2020年2月7日
  • 書名
    クラウドガール (朝日文庫)

受賞歴

金原ひとみ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

金原ひとみ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hosiaitaisuki金原ひとみはお父さんから離れても、今の今までトントン拍子でやってきた。何度も文学賞を獲って何度も最終候補まで残った。でもやっぱりあのひとは1回でいい。原点回帰しなければいけないと、わたし思う。トントン拍子の金原ひとみは恐らく今、作家としての分岐点に立たされてると思う。
hirano_karina金原ひとみはもう既に若くて文章が軽すぎる割に感情が重すぎるし山田詠美はエロすぎるしついていけない。移り変わっていく。もう脂身食えないしあの子は私が話しかけたあの一回だけで哲学に対する意識を共有した気になってる。
book_love_bot私のために男を殴り続けた男と、私に強い殺意を持った男。どちらかが、いつか私を殺す事はあるのだろうか。蛇にピアス 金原ひとみ
hirari_ktnh舌で口の中をまさぐると、虫歯だった奥歯が欠けていた。私は欠けた歯を噛み砕いて飲み込んだ。私の血肉になれ。何もかも私になればいい。何もかもが私に溶ければいい。『蛇にピアス/金原ひとみ』
_Unterschied@misty882311 金原ひとみさんも色々苦労されている方だそうで、自分との戦闘が文字に表出してしまうのでしょう…
llamapapamama金原ひとみのオートフィクションが読みたかったんだけど…
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
金原ひとみさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)