トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 金原ひとみ > 蛇にピアス

蛇にピアス(金原ひとみ)

蛇にピアス(著者:金原ひとみ)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:蛇にピアス
  • 著者:金原 ひとみ
  • ページ数:128
  • 出版社:集英社
  • ISBN-10:4087746836
  • ISBN-13:9784087746839

金原ひとみ新刊

  • 発売日
    2019年5月24日
  • 書名
    アタラクシア

蛇にピアス関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

金原ひとみのその他受賞歴(候補含む)

蛇にピアス関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

book_love_bot私のために男を殴り続けた男と、私に強い殺意を持った男。どちらかが、いつか私を殺す事はあるのだろうか。蛇にピアス 金原ひとみ
booktitle_bot『蛇にピアス』金原ひとみ
akutagawa_syou「スプリットタンって知ってる?」男は蛇のように二つに割れた舌を出した。その男アマと同棲しながらサディストの彫り師シバとも関係をもつルイ。彼女は自らも舌にピアスを入れ、刺青を彫り、「身体改造」にはまっていく。痛みと快楽、暴力と死、激しい愛と絶望。芥川賞受賞作『蛇にピアス』金原ひとみ
Sr417Ky1125小説著者金原ひとみ「蛇にピアス」×音楽 作詞作曲椎名林檎 「罪と罰」 どこか脆く、孤独を感じながらも自分自身を痛めつけないと、性や生を感じられない小説の主人公と楽曲の「あたしの名前を呼んで身体を触って必要なのは是だけ認めて」と重ねてしまう所がある。#その本に音楽をならそう
y_Novel_bot「なぁ、もしもお前がいつか死にたくなったら、俺に殺させてくれ」シバさんは私のうなじに手を当てた。軽く微笑んで頷くと、シバさんはにっこりして、「死姦してもいい?」と聞いた。 (蛇にピアス/金原ひとみ)
hit4boy金原ひとみ『蛇にピアス』身体改造に魅せられた女性の物語です。ピアスは鎧の表象のようなので内面に踏み込むものを恐れているのでしょう。他者との関係を絶っていかなければ、自身が壊されてしまう。そういう生き方しかできない不器用さを感じました。https://t.co/TiTQ8xHojP
W9s4YHlNfmZ4xhq2008年に製作された吉高由里子主演の映画「蛇にピアス」。20歳で芥川賞を受賞した金原ひとみの同名小説を、世界的演出家の蜷川幸雄が映画化。吉高由里子による濡れ場シーンが話題を集め、バイオレンス描写でも物議を醸した問題作。https://t.co/YDzEEnN6rl
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)