トップページ > 作家名一覧 > とから始まる作家名一覧 > 遠田潤子

遠田潤子

遠田潤子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

遠田 潤子(とおだ じゅんこ、1966年1月6日 - )は、日本の小説家。大阪府生まれ。大阪府在住。関西大学文学部独逸文学科卒業。
2009年、専業主婦を続ける傍ら執筆した『月桃夜』で第21回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビューする(小田雅久仁「増大派に告ぐ」と同時受賞)。選考委員の椎名誠に「これだけ緻密に奄美を描いた小説は初めて」と評される。ドストエフスキーや森鷗外の作品世界の「理不尽な何か」に惹かれ、創作活動をはじめた。2012年、『アンチェルの蝶』で第15回大藪春彦賞候補。 2016年、『雪の鉄樹』(光文社文庫)で本の雑誌増刊『おすすめ文庫王国2017』第1位。2017年、『冬雷』で「本の雑誌 2017年上半期エンターテインメント・ベスト10」第2位、第1回未来屋小説大賞 。『オブリヴィオン』で「本の雑誌 2017年度ノンジャンルのベスト10」第1位。2018年、『冬雷』で第71回日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門候補。
2020年、『銀花の蔵』が第163回直木三十五賞の候補作になる。

受賞歴

遠田潤子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2021.6.23 【今週はこれを読め! エンタメ編】過去にとらわれた男の旅〜遠田潤子『緑陰深きところ』

    主人公の三宅紘二郎は、40年以上前に大阪・ミナミの外れで「河童亭」というカレー店を開いて、すでに70歳を過ぎた。

  • 2021.4.7 【今週はこれを読め! エンタメ編】過去から続く因縁と秘密〜遠田潤子『紅蓮の雪』

    つらくなるのはわかっているのに手に取ってしまう、それが遠田潤子の小説だ。本書は、主人公・伊吹の双子の姉である朱里の葬儀のシーンから幕を開ける。朱里は「伊吹、ごめん」とだけ書かれた書き置きを残して、町外れにある城の石垣から飛び降りたのだった。伊豆の老舗旅館の跡取り息子である大学の先輩との婚約も整い、幸せそうに見えたのに。両親からの愛情を与えられずに育った姉弟として、お互いを一生守ると約束したのに。

  • 2020.10.28 【今週はこれを読め! エンタメ編】夢のような男をめぐる短編集〜遠田潤子『雨の中の涙のように』

    友だちが大のハリソン・フォードファンだったので、『ブレードランナー』は映画館で同じ日に連続で2回観た(昔の映画館のほとんどは現在のシネコンなどと違って入れ替え制ではなかったため、こういうことが可能だった)。レプリカントと呼ばれる、高い知性を持つ人造人間が発明された世界。過酷な労働や戦闘に従事させられていた彼らはしかし、徐々に感情が芽生え人間社会へ紛れ込もうとするようになる。ハリソン・フォードは、脱走レプリカントを抹殺する任務を負った警察の元専任捜査官(ブレードランナー)のデッカード役。友だちはうっとりと見とれていたが、私は敵対するレプリカント・バッティ役のルトガー・ハウアーに釘付けになった。

遠田潤子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sengaiakiyuki今回の「短いのが好き」後編では、杉江さんが小池真理子「日暮れのあと」(オール讀物1月号)と三浦しをん「夢見る家族」(小説すばる1月号)、千街が逸木裕「陸橋の向こう側」(小説野性時代特別編集22年冬号)と遠田潤子「道具屋筋の旅立ち」… https://t.co/jVFdCbXc2e
fufurosemary@sky1427919m 遠田潤子さん、藤岡陽子さん、ハズレない気がする
sky1427919m@fufurosemary おぉ!この中なら加納朋子さんの本は読んだ気がする・・・生皮、どなたかお薦めしていましたね。そして遠田潤子さん・・・イオカステの衝撃を思い出します。私は今、藤岡陽子さんの本と遠藤周作のエッセイなんぞ読んでおります
obase_boss遠田潤子の雪の鉄樹。「俺の責任」「すまない」を根本問題よりも自己満足の為によく言う主人公。作中の他の登場人物も言っていますが、かなりイラッとさせられます。結局、綺麗事で物語は完結しますが性格の悪い自分は共感出来ないなぁ… https://t.co/hxdREKbCkB
mugisuke1969イオカステの揺籠 遠田潤子読み進めているところです。息子さんを愛しすぎる母親の狂気に震えながら読んでます。これから、どうなるのでしょう
26Z5FX『自由研究には向かない殺人』を一時中断して遠田潤子『冬雷』を読んでいる
yzk2c友人が以前紹介してくれた遠田潤子先生の作品を読み始めました。愛した女性を奪い、母子とともに無理心中を図り一人生き残った兄から数十年ぶりに一枚の絵葉書が届く。老境を迎えようとしていた主人公は、押し殺していた復讐心を再び燃え上がらせ兄のもとへ向かった。という序章。もう楽しい。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    遠田潤子さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)