トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 宇月原晴明

宇月原晴明

宇月原晴明さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

宇月原 晴明(うつきばら はるあき、1963年12月15日 - )は、日本の小説家。本名の永原孝道(ながはら たかみち)名義でも書評や評論などの活動をしている。
岡山県生まれ。早稲田大学文学部日本文学科卒。
早稲田大学在学中、『早稲田文学』に重松清らと一緒に携わる。卒業後は出版社に勤務。当初は『現代詩手帖』を中心に現代詩の作家・批評家として活動した。1999年、永原孝道名義で書いた「お伽ばなしの王様-青山二郎論のために」(『死の骨董』)で第6回三田文学新人賞を受賞。その後宇月原晴明名義で、織田信長が実は両性具有(ふたなり)だったという、奇抜な発想の『信長 あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』でデビュー、同作品で、第11回日本ファンタジーノベル大賞を受賞。そのあと2006年に、壇ノ浦の戦いで入水した安徳天皇を、その御霊を鎮めようとする若き詩人の王源実朝、そしてマルコ・ポーロの二人の視点から描いた幻想歴史小説『安徳天皇漂海記』で第19回山本周五郎賞を受賞する。

受賞歴

宇月原晴明関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

宇月原晴明関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

bf021hugtlangマルケス「百年の孤独」やエーコ「薔薇の名前」、コードウェイナー・スミス「人類補完機構」、宇月原晴明「聚楽」なんかはむしろ沼底で待ち構えてたクチ。そして沼底でヒイ!と思って摑んだらそれは芦辺拓先生の「グラン・ギニョール城」だった。沼には二番底三番底があったのだ。
hoshinami629そこら辺の心の隙間に岡本綺堂『修善寺物語』とか、宇月原晴明『安徳天皇漂海記』とかを詰めて、石川淳『紫苑物語』とかでヤスリかけるとこういうヲタクが出来上がります(自己紹介)
antsskyんで宇月原晴明「聚楽 - 太閤の錬金窟」再読中多分四回目。乱破素破に吉利支丹に伴天連につって忍術と妖術と錬金術が入り交じる一代スペクタクルラブロマンス(かどーか知らんが)毎度最高だぜ。
Geirvimul宇月原晴明先生の本は中々エモいのですが、[信長あるいは戴冠せるアンドロギヌュス]は最高にエモいのでお勧め。タイトル通り信長が両性です。 https://t.co/yi9v7rPIDY
yoakenoswimmer宇月原晴明「黎明に叛くもの 」。松永久秀と斎藤道三がイスラム暗殺教団の秘術を受け継いでいる設定。二人とも無敵クラスに強く超絶美少年。共に天下を二分する事を誓うが若き天才信長が現れる。金髪碧眼美少女の自動人形も登場。これぞ伝奇小説。… https://t.co/b7THa6OMsm
numa_tama【安徳天皇漂海記 (中公文庫)/宇月原晴明】を読んだ本に追加 → https://t.co/XnIdLtSX7U #bookmeter
15jampanUMAIYO宇月原晴明「安徳天皇漂海記」の冒頭で「小林の大臣と太宰の僧正が遺されたものには~」的なことを言ってて、え?当時の著名な人間に小林とか太宰とかなんて人間いた?と思って調べたら二人が実朝について書いてることを知ってすごく興奮した……
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
宇月原晴明さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)