トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 宇月原晴明

宇月原晴明

宇月原晴明さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

宇月原 晴明(うつきばら はるあき、1963年12月15日 - )は、日本の小説家。本名の永原孝道(ながはら たかみち)名義でも書評や評論などの活動をしている。
岡山県生まれ。早稲田大学文学部日本文学科卒。
早稲田大学在学中、『早稲田文学』に重松清らと一緒に携わる。卒業後は出版社に勤務。当初は『現代詩手帖』を中心に現代詩の作家・批評家として活動した。1999年、永原孝道名義で書いた「お伽ばなしの王様-青山二郎論のために」(『死の骨董』)で第6回三田文学新人賞を受賞。その後宇月原晴明名義で、織田信長が実は両性具有(ふたなり)だったという、奇抜な発想の『信長 あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』でデビュー、同作品で、第11回日本ファンタジーノベル大賞を受賞。そのあと2006年に、壇ノ浦の戦いで入水した安徳天皇を、その御霊を鎮めようとする若き詩人の王源実朝、そしてマルコ・ポーロの二人の視点から描いた幻想歴史小説『安徳天皇漂海記』で第19回山本周五郎賞を受賞する。

受賞歴

宇月原晴明関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

宇月原晴明関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

9nJi5VIUshWzrUY黎明に叛くもの (中公文庫)https://t.co/rUvJof2HZh宇月原晴明,黎明に叛くもの (中公文庫),中央公論新社 https://t.co/Tdk61UZtW0
HINA55989866⚪︎血塗られた懐刀(国枝史郎)⚪︎聚楽―太閤の錬金窟(宇月原晴明)⚪︎狂人遺書(坂口安吾)
honzuki_jp秀吉、家康、二人の天下人の、心の寂寥と虚無が見事に描き出されていて胸を打たれる。それだけでも読む価値があると思うが、これは、稀代の伝奇小説。 『聚楽―太閤の錬金窟(グロッタ)/宇月原晴明/新潮社』 https://t.co/QPfUQJcHgi #本が好き
irie_iz #麒麟がくる 信長が気になる方には是非、宇月原晴明『信長 あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』をマジお勧めしたい…
az_allargando歴史伝奇系っていうと絶対思い出すのが、宇月原晴明『安徳天皇漂海記』『廃帝綺譚』(2冊で1つの物語と考えてほしい)。これはもう、棺に入れてほしいレベルでお薦め。
pochi_usuminaぐだイベでまさかの宇月原晴明特攻(唯一無二の男女ペアの女が神に成り上がる)(しかも信長が)が刺さってくるとは思わなくて。本当にカッツがんがん回して宝具五にしてよかったわ…
itto88現代なら大島真寿美の『ピエタ』か宇月原晴明の『聚楽』のラスト近く…森博嗣なら『スカイクロラ』の冒頭かな何だか最初と最後が多いな
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
宇月原晴明さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)