トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 伽古屋圭市

伽古屋圭市

伽古屋圭市さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

伽古屋圭市(かこや けいいち、1972年4月25日|date=2019年10月 - )は日本の推理作家、パチプロ、元公務員。

公務員を退職後、『パチンコと暗号の追跡ゲーム』で宝島社主催の第8回『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞を受賞。

受賞歴

伽古屋圭市関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

伽古屋圭市関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yo_peaceHT@karekore8 @kei_tokunaga (≧▽≦)伽古屋圭市先生 ありがとうございます!!いち読者であります
rankingko最安値の「なないろ金平糖 いろりの事件帖 /宝島社/伽古屋圭市」の価格比較ランキングを更新しました。最安値は1円です。https://t.co/cGhQBcoeMu
novel_kdセール「拝啓、未来に生きた昔のぼくへ 新選組青春録 (メゾン文庫)」価格638円319pt(50%)https://t.co/T1reRe3yJx伽古屋圭市、南野ましろ、一迅社、Kindle応援… https://t.co/gorQCJhXci
1994s365soba断片のアリス/伽古屋圭市生活のほとんどはVRシステムALISの中で完結していた椎葉波留もその一人だったしかし突然囚われた空間は異質な空間だった痛感に死も存在する空間。ログアウト不可、連鎖する殺人誰がどうやって、何のため… https://t.co/IK59Sclt40
yuukies777伽古屋圭市さんの散り行く花を読み終えたけど、久しぶりに小説を楽しめた
crimezanmaiもと本の伽古屋圭市『散り行く花』(講談社)2017年08月刊は、大正時代、美人画で人気の絵師が登場するミステリーで、連城三紀彦風な世界が感じられる連作集。講談社がダメなら、ぜひ他社で文庫にしてください。 https://t.co/KPkXm9ETxp
yumikmiyu伽古屋圭市さん『散り行く花』、めちゃくちゃオススメです……ちょい超常現象?に見せつつの、がっつりミステリー。舞台となった時代性もあり、なんとも言えない哀愁もある連作短篇集でした
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
伽古屋圭市さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)