トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高橋たか子

高橋たか子

高橋たか子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

高橋 たか子(たかはし たかこ、1932年(昭和7年)3月2日 - 2013年(平成25年)7月12日)は、日本の小説家。旧姓岡本、本名和子(たかこ)。夫は作家の高橋和巳。
Infobox 作家
| name = 高橋 たか子
| image =
| caption =
| birth_name = 岡本 和子
| birth_date = 1932年3月2日
| clan =
| birth_place = 京都府京都市下京区
| death_date = 1932|3|2|2013|7|12
| death_place = 神奈川県茅ヶ崎市
| resting_place =
| occupation =
| language = 日本語
| nationality =
| education =
| alma_mater = 京都大学フランス文学科卒
| period =
| genre = 小説
| subject =
| movement =
| notable_works = 『空の果てまで』(1974年)
『誘惑者』(1976年)
『ロンリー・ウーマン』(1977年)
『装いせよ、わが魂よ』(1982年)
『怒りの子』(1985年)

| awards =田村俊子賞(1973年)
泉鏡花文学賞(1976年)
女流文学賞(1977年)
川端康成文学賞(1985年)
読売文学賞(1986年)
毎日芸術賞(2004年)
| debut_works =
| spouse = 高橋和巳
| partner =
| children =
| relations =
| influences =
| influenced =
京都府京都市下京区醒ヶ井通仏光寺下ル荒神町で、父・岡本正次郎、母・達子の長女として生まれる。その一方で作家志望の和巳が働かなかったため、たか子が家庭教師や翻訳、外国人観光客のガイドなどをして家計を支え、加えて夫の原稿の清書なども精力的に手伝った。夫とともに、布施市吉松蔦崎町(現・東大阪市)、等持院北町のたか子の実家、吹田市大字垂水と転居し、1965年に鎌倉市二階堂理智光寺に住む。1967年、和巳は京都大学助教授に就任して京都へ転居するが、たか子は故郷である京都の土地柄に女性蔑視的風潮があるとして同行せず、夫婦は別居生活をおくることになった。1967年、渡仏する。
しかし1969年に夫である和巳が病に倒れ、たか子は献身的に介護するも1971年(昭和46年)、和巳と死別する。たか子もその後、自ら小説を書き始めた。1975年に遠藤周作のすすめでカトリックの洗礼を受けた。『高橋和巳の思い出』で、和巳は家では「自閉症の狂人」だったと書いた(この「自閉症」の用法は、今日では誤りである)。京都市の女子カルメル会に入会し、修道生活を送った時期もある。1980年にパリのサン=ジェルヴェ・サン=プロテ教会を母体とするエルサレム修道会の創立者のPère Pierre-Marie Delfieuから修道生活の誘いを受け、1981年からパリに安アパートを借りて住み隠修者となる。たか子はこの間にフランス各地の修道院を訪ね、1988年にはエルサレムを訪れている。
『空の果てまで』で田村俊子賞、『ロンリー・ウーマン』で女流文学賞、『怒りの子』で読売文学賞、『きれいな人』で毎日芸術賞を受賞した。他に代表作は、三原山での女子大学生の投身自殺を描いた『誘惑者』(泉鏡花文学賞受賞)がある。
2013年(平成25年)7月12日、茅ヶ崎市の老人ホームで心不全のため死去した。高橋夫妻の著作権はたか子の没後、日本近代文学館に遺贈された。

受賞歴

高橋たか子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2013.7.18 高橋たか子さんが死去 作家、「誘惑者」など

    小説「誘惑者」などで知られる作家の高橋たか子(たかはし・たかこ、本名・和子=たかこ)さんが12日、心不全のため死去した。81歳。葬儀・告別式は近親者で済ませた。喪主は弟子の鈴木喜久男(すずき・きくお)氏。

  • 2011.2.23 作家の読書道 第112回:林真理子さん

    小説もエッセイも大人気、文学賞の選考委員も務める林真理子さんが元文学少女だったことは有名な話。"小説の黄金期"をくぐり抜けてきたその読書遍歴のほんの一部と、作家になるまでの経緯、そして作家人生ではじめて書いたという児童文学『秘密のスイーツ』についてなどなど、おうかがいしてきました。

高橋たか子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

gurucchi中学生位で読んだものになるのかな。『熱いトタン屋根の猫』テネシー・ウィリアムズ『パルタイ』倉橋由美子『誘惑者』高橋たか子『書を捨てよ、町へ出よう』寺山修司『限りなく透明に近いブルー』村上龍 #わたしを文学沼に落とした小説たち
okomebroccoli揺らぎ人:途方に暮れている。揺らぎ続ける人。例)山戸結希/イタロカルヴィーノ/高橋たか子/高島鈴/阿部はりか/ふくだももこ/ゆっきゅん
_0nihara__m0mo_「こんなこと他人に分かってもらえるかしら。物心ついた時すでに不安があったということ。不安というものにむけて私は物心がついたのよ」「棘が記憶のなかで動いたので、やわらかい肉に鮮血の滲むのがわかった。」高橋たか子「誘惑者」より抜粋
kouakimoto次の給料日で高橋たか子著、誘惑者が読みたい。昭和初期の山に女学生が投身自殺をして、同行者の友人が見届けたのだけど一度ならずまた女学生の自殺を見届けたという不可解な実話をモデルにしたお話興味ある
wadafumiya0高橋たか子、本いっぱい書いてるんだなあ。
makume_24高橋たか子先生ならいた
bunko_kai澁澤龍彦の本は苦手ですが以前に帯が気になって仕入れた本です。澁澤龍彦・高橋たか子共訳『大理石』昭和46年初版 帯2種付 通常は上の帯のようです。下の帯のほうが少ないかと思います。店頭にも2冊ありましたが上の帯でした。ご存じの… https://t.co/fUzxGRqTPQ" target="_blank">https://t.co/fUzxGRqTPQ>
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
高橋たか子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)