トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高橋たか子

高橋たか子

高橋たか子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

高橋 たか子(たかはし たかこ、1932年(昭和7年)3月2日 - 2013年(平成25年)7月12日)は、日本の小説家。旧姓岡本、本名和子(たかこ)。夫は作家の高橋和巳。
Infobox 作家
| name = 高橋 たか子
| image =
| caption =
| birth_name = 岡本 和子
| birth_date = 1932年3月2日
| clan =
| birth_place = 京都府京都市下京区
| death_date = 1932|3|2|2013|7|12
| death_place = 神奈川県茅ヶ崎市
| resting_place =
| occupation =
| language = 日本語
| nationality =
| education =
| alma_mater = 京都大学フランス文学科卒
| period =
| genre = 小説
| subject =
| movement =
| notable_works = 『空の果てまで』(1974年)
『誘惑者』(1976年)
『ロンリー・ウーマン』(1977年)
『装いせよ、わが魂よ』(1982年)
『怒りの子』(1985年)

| awards =田村俊子賞(1973年)
泉鏡花文学賞(1976年)
女流文学賞(1977年)
川端康成文学賞(1985年)
読売文学賞(1986年)
毎日芸術賞(2004年)
| debut_works =
| spouse = 高橋和巳
| partner =
| children =
| relations =
| influences =
| influenced =
京都府京都市下京区醒ヶ井通仏光寺下ル荒神町で、父・岡本正次郎、母・達子の長女として生まれる。その一方で作家志望の和巳が働かなかったため、たか子が家庭教師や翻訳、外国人観光客のガイドなどをして家計を支え、加えて夫の原稿の清書なども精力的に手伝った。夫とともに、布施市吉松蔦崎町(現・東大阪市)、等持院北町のたか子の実家、吹田市大字垂水と転居し、1965年に鎌倉市二階堂理智光寺に住む。1967年、和巳は京都大学助教授に就任して京都へ転居するが、たか子は故郷である京都の土地柄に女性蔑視的風潮があるとして同行せず、夫婦は別居生活をおくることになった。1967年、渡仏する。
しかし1969年に夫である和巳が病に倒れ、たか子は献身的に介護するも1971年(昭和46年)、和巳と死別する。たか子もその後、自ら小説を書き始めた。1975年に遠藤周作のすすめでカトリックの洗礼を受けた。『高橋和巳の思い出』で、和巳は家では「自閉症の狂人」だったと書いた(この「自閉症」の用法は、今日では誤りである)。京都市の女子カルメル会に入会し、修道生活を送った時期もある。1980年にパリのサン=ジェルヴェ・サン=プロテ教会を母体とするエルサレム修道会の創立者のPère Pierre-Marie Delfieuから修道生活の誘いを受け、1981年からパリに安アパートを借りて住み隠修者となる。たか子はこの間にフランス各地の修道院を訪ね、1988年にはエルサレムを訪れている。
『空の果てまで』で田村俊子賞、『ロンリー・ウーマン』で女流文学賞、『怒りの子』で読売文学賞、『きれいな人』で毎日芸術賞を受賞した。他に代表作は、三原山での女子大学生の投身自殺を描いた『誘惑者』(泉鏡花文学賞受賞)がある。
2013年(平成25年)7月12日、茅ヶ崎市の老人ホームで心不全のため死去した。高橋夫妻の著作権はたか子の没後、日本近代文学館に遺贈された。

受賞歴

高橋たか子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2013.7.18 高橋たか子さんが死去 作家、「誘惑者」など

    小説「誘惑者」などで知られる作家の高橋たか子(たかはし・たかこ、本名・和子=たかこ)さんが12日、心不全のため死去した。81歳。葬儀・告別式は近親者で済ませた。喪主は弟子の鈴木喜久男(すずき・きくお)氏。

  • 2011.2.23 作家の読書道 第112回:林真理子さん

    小説もエッセイも大人気、文学賞の選考委員も務める林真理子さんが元文学少女だったことは有名な話。"小説の黄金期"をくぐり抜けてきたその読書遍歴のほんの一部と、作家になるまでの経緯、そして作家人生ではじめて書いたという児童文学『秘密のスイーツ』についてなどなど、おうかがいしてきました。

高橋たか子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mizuumis【誘惑者 (P+D BOOKS)/高橋 たか子】鬱屈した女学生にぴったり。「生きたくないなあ、生きるのはちっともおもしろくないなあ、どうしてみんな生きてるんだろうなあ」。サルトル的嘔吐 → https://t.co/cdaCgW2wzO #bookmeter
RyuZen223人形というものを溺愛するようになったかが、私自身わかってきた。理由は、それがもともと冷たいものであるからだ。だが、私の精魂こめた愛撫によって、(中略)私は徹底して主体であることができるからだ。     ──高橋たか子『人形愛』… https://t.co/EZrJRFsxn2
hakunois高橋和巳さんどっかで聞いたことあるなぁって思ったら高橋たか子さんつながりがーこの人もカトリックだったはずだけども、二階堂奥歯さんが尋めるものとして言及してたやつ、、
fk_syk<「潜在意識は、たしかに無限だわ。無限で暗い。私がそこへ入っていくというものじゃなくて、むしろそれが、いつも私の意識に波の打ち寄せるように干渉しにくる。そこを支配しているもののことを、私は悪魔と名づける」>ー高橋たか子『誘惑者』
kaynish高橋たか子『誘惑者』三原山の噴火口への投身自殺に二度も付き添った女子大学生がいた話は子どもの頃に聞いたことがあった。この小説は、その同行者と二人の自殺願望をもつ友人たちとのただならぬ関係について、同行者の視点から書かれている。 https://t.co/Q8pUKhVSc2
IRIS96VIOLETここ××年、女性の文章に嫉妬したことないさみしい……煩悶させてくれ……ちなみに女性作家では高橋たか子さんがあまりにもあまりにも宗教
SUPRAENDURA*ブックカバーチャレンジ4日目高橋たか子 『私の通った路』 1999年 装幀/横尾忠則これは1980年代の回想録です。装画は横尾忠則さんの「宇宙蛍」。高橋たか子からのリクエストです。扉の言葉にぴったりかもせれません..… https://t.co/fXX9ZfvG5H
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
高橋たか子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)