トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 森万紀子

森万紀子

森万紀子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

森 万紀子(もり まきこ、1934年12月19日 - 1992年11月17日以前)は、日本の小説家。本名・松浦栄子。
山形県酒田市にて、開業医の家庭に生まれる。山形県立酒田東高等学校での同級生に岸洋子がいた。
1953年に同校を卒業してからスーパーマーケットなどに勤務。神戸や東京で英語学校に通い、社外校正に従事しつつ書いた「単独者」で1965年に文學界新人賞佳作となり、同作で芥川賞候補となる。同年「距離」で同候補、1969年「密約」、1971年「黄色い娼婦」で四回候補となり、「内向の世代」における女性作家の代表と見なされるに至る。1980年長篇『雪女』で泉鏡花文学賞受賞。
幻想的な作風で知られるが厭人癖が激しく、埼玉県三郷市のみさと団地に独居中、孤独死しているのを発見された。当時新聞でも報道されなかったため、正確な死亡日は不明。
*密約 新潮社 1970
*黄色い娼婦 文藝春秋 1971
*緋の道 文藝春秋 1976
*風の吹く町 集英社 1977.3
*雪女 新潮社 1980.4
*運河のある町 講談社 1985.5
*跫音 福武書店 1988.2
*囚われ 文藝春秋 1989.2
*悪運 近代文芸社 1992.11
*吉田知子・森万紀子・吉行理恵・加藤幸子(女性作家シリーズ)角川書店 1998

受賞歴

森万紀子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

森万紀子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

makikoMORIbot森万紀子の「黄色い娼婦」というのは、無意味な一人の女がまた無意味に形のないような町をただフラフラ歩いている……いままでの小説とは違って、人間を描いて、リアリティーをあたえる属性というのは全部とられちゃっているわけですね。|「《座談… https://t.co/BX1MIoNsKv
keisuke1492マンガレリの『おわりの雪』は子猫を殺すシーンが辛すぎたが、とても美しい小説でした。オルハン・パムクの『雪』も美しい小説だった。森万紀子『雪女』も同様。雪とつく小説はハズレが少ない。ああ『細雪』もか。
genzaix日本エピローグ/円城塔きことわ/朝吹真理子楢山節考/深沢七郎穴あきエフの初恋祭り/多和田葉子少女庭国/矢部嵩雪女/森万紀子殺戮にいたる病/我孫子武丸取り替え子/大江健三郎海辺のカフカ/村上春樹ムーの少年/滝本竜彦
atsizw12/19(木) 庚寅 旧11/23 先負 九紫 鱖魚群誕生日:大村彩子(1984) 35歳吉田まゆみ(1954) 65歳ミッチェル・ファイゲンバウム(1944) 生誕75周年森万紀子、アル・ケーライン(1934) 生誕… https://t.co/F6DvZZPmC6
okaimhome森万紀子は、成田三樹夫と高校の同級生だった。晩年、孤独の中、三郷団地の一室で静かに被害妄想を募らせていた様子が伺える原稿の引用は読んでてゾッとした。しかしこういう本がわたしは好きなんだよなぁ。阿部浪子さんの『書くこと恋すること』以来のヒットかもしれない。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
森万紀子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)