トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 森内俊雄

森内俊雄

森内俊雄さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

森内 俊雄(もりうち としお、1936年12月12日 - )は、日本の小説家、詩人、編集者である。本名同じ。
大阪府出身。大阪明星高等学校を経て、早稲田大学文学部露文科卒業。宮原昭夫、李恢成、大西寛、白取貞樹は大学の同級生。主婦と生活社、冬樹社で編集者となるが、1972年に退職。
在職中1969年「幼きものは驢馬に乗って」で文學界新人賞を受賞、芥川賞候補となる。以後、70年「<傷>」、71年「骨川に行く」、72年「春の往復」、73年「眉山」と、計五回芥川賞候補となる。のち精神を病んだ経験を描いた『氷河が来るまでに』を1990年に上梓、高い評価を受ける。

受賞歴

森内俊雄関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2013.3.17 [43]金沢・泉鏡花文学賞  輝く才能 世に送る

    40年の歴史、受賞者多彩 徳田秋声、室生犀星と並ぶ「金沢三文豪」の一人、泉鏡花(一八七三~一九三九年)。「高野聖」をはじめ、ロマンあふれる幻想的な作風で知られる。その名を冠した金沢市の「泉鏡花文学賞」が昨年、四十回の節目を迎えた。第一回から現在に至るまで、自治体が単独で主催する珍しい文学賞として、独自の歴史を築いている。

森内俊雄関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

EssayNew『一日の光あるいは小石の影』 森内俊雄 発売日:2019-12-12 https://t.co/9xtSSGlBhS
syohyomachine「一日の光あるいは小石の影」(森内俊雄著@アーツアンドクラフツ)毎日新聞1/12小説世界を支える日常生活と読書・思索。“森内文学”三十余年のエッセイ集成。https://t.co/rLqYf1q2oB
kappajamisen『一日の光あるいは小石の影』(森内俊雄著)が届いたと図書館から連絡があったので取りに行く。聖フランシスコ修道会の機関誌『聖母の騎士』に掲載されたエッセイがまとめられた本。『聖母の騎士』は、カトリックの洗礼名をもらったコルベ神父所縁の雑誌で、長崎の修道会を訪ねたこともある。懐かしい
dorobe560イースタンユースのアルバムを聴きながら書く小説「ボトムオブザワールド」第3話「イッテコイ カエッテコイ」追加。https://t.co/U2GlcjujKv完全に森内俊雄読んでる影響が出てる。でも一応予定通りに進められてはいる。
An_nandeya_bot[語]第1回は半村良と森内俊雄が受賞した、金沢市が主催する文学賞は何文学賞? 泉鏡花文学賞 *半村良『産霊山秘録』、森内俊雄『翔ぶ影』。正賞として八稜鏡が授与される
jnb2019一日の光あるいは小石の影 / 森内俊雄 著.東京 : アーツアンドクラフツ, 2019.12.https://t.co/t5CcGmVmV9https://t.co/QdFRlBVsb6
masuya57577ちょっと短めのものを読みたいなと思って、ともに芥川賞候補作だった森内俊雄「春の往復」と山田智彦「父の謝肉祭」を読んだ。 https://t.co/Hsc7156Jkw
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
森内俊雄さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)