トップページ > 作家名一覧 > ふから始まる作家名一覧 > 福澤徹三

福澤徹三

福澤徹三さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

福澤 徹三|ふくざわ てつぞう|1962年。日本文藝家協会会員。
福岡県北九州市生まれ、営業、飲食店、アパレルなど、さまざまな職業を経てデザイナー兼コピーライターに転業。プロダクション、広告代理店、百貨店アートディレクター、専門学校講師を経て作家活動に入る。2000年、『幻日』。2014年『Iターン』で第3回エキナカ書店大賞受賞。

受賞歴

福澤徹三関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

福澤徹三関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

niikiyo5最近読んだ短編「貌」「かくれおび」黒木あるじ、「お願いします。」吉田悠軌、「さいごのおねがい」矢野隆、「渋滞からの脱出」「凍えた親子」福澤徹三、「商店街のマダムショップは何故潰れないのか?」柚木麻子、「絆の先」甲斐原康、「夜の子」… https://t.co/FjUjhxUNvI
seventwo55【読了】『群青の魚 (光文社文庫)』福澤徹三 ☆4 https://t.co/ax3gYAleXj #booklog #読書
gimatetu福澤徹三氏の怪談本は好きなんだけど、アルファベットの仮名を多用するのが気になる。N県在住のKさんはPという会社に勤めている。ある日Kさんは同僚に誘われてS峠にあるG病院へ肝試しに行く事になった。極端に表現するとこんな感じ。ちょっとウザい感はある。
kanadevilアンリミ、というか読み放題システム、自分には合ってて良かった。普段読まない本を読めて新たにファンになった作家さんもいた。特に福澤徹三氏の条川署クロニクルシリーズとかまたくさんのエッセイは良かった。今読んでる藤谷千明さんのシェアハウスの本も面白い
satounakadamaナイス 【忌み地 惨 怪談社奇聞録 (講談社文庫)/福澤 徹三他】怪談関係のイベントを手掛ける怪談社のメンバー2名が取材し、執筆を作家の福澤徹三さんが手がける実話怪談本のシリーズ3作目。これま… → https://t.co/rxYhicHl3T #bookmeter
hit4boy福澤徹三『侠飯』冴えない大学生と強面のあっち系の男の共同生活を描いた連作短編形式の任侠グルメ小説。聞いた事のない食材や調味料がてんこ盛り。常識と思っていた事が覆りました。変わり種グルメ本だけではなく人生の指針を示す啓発本だったりし… https://t.co/riPduP6xEH
fukagawazanぜんぶだめだったら、そこが出発点だもうだめだと思うのは過去への執着だこういうことわざがあるきのうにこだわり、あすを夢見て、きょうをわすれる福澤徹三著 『東京難民』より    しんどい時には、何時もこの言葉を思い出す… https://t.co/q3GzQysG0m
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    福澤徹三さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)