トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 安生正

安生正

安生正さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

安生 正(あんじょう ただし、1958年 - )は、日本の小説家・推理作家。京都府京都市出身、東京都在住。京都大学大学院工学研究科卒業。建設会社勤務。
2012年、『生存者ゼロ』で第11回『このミステリーがすごい!』大賞の大賞を受賞。2013年、同作で作家デビュー。2014年、同作が文庫化されると3ヶ月で発行部数が55万部を突破するベストセラーとなった
。オリコンの発表した「2014年 上半期“本”ランキング」の文庫総合部門では約26万部で第14位に、「2014年 年間“本”ランキング」の文庫総合部門では約39万部で第18位にランクインした。
=
生存者ゼロ(2013年1月 宝島社 / 2014年2月 宝島社文庫)
ゼロの迎撃(2014年7月 宝島社 / 2015年3月 宝島社文庫)
ゼロの激震(2016年4月 宝島社 / 2017年6月 宝島社文庫)
Tの衝撃(2017年1月 実業之日本社)
レッドリスト(2018年2月 幻冬舎)
東京クライシス 内閣府企画官・文月祐美(2019年3月 祥伝社)

受賞歴

安生正関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2014.12.27 「このミス」大賞4人の短編、オムニバスドラマに

    宝島社主催の「このミステリーがすごい!」の大賞受賞作家4人が書き下ろした短編小説を、オムニバス形式でドラマ化した「このミステリーがすごい!~ベストセラー作家からの挑戦状~」が29日午後9時から、TBS系で放送される。

  • 2012.10.1 第11回『このミス』大賞、発表!

    スケールの大きさと大胆な発想が高評価を得た、安生正『生存者ゼロ(仮)』(応募時タイトル:『下弦の刻印』)が大賞に決定しました。優秀賞には、予想できない展開で読ませる新藤卓広『秘密結社にご注意を(仮)』(応募時タイトル:『或る秘密結社の話』)、表現力と独特の世界観が評価を得た深津十一『童(わらし)石をめぐる奇妙な物語(仮)』(応募時タイトル:『石の来歴』)が選ばれました。経緯は最終選考委員による選評をご覧ください。

安生正関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sakaponta「レッドリスト 絶滅進化論」(幻冬舎文庫)著:安生正装幀:坂野公一装画:柳貞次郎単行本とはガラリと装いを変えたいとのオーダー。装画は柳貞次郎さんにご依頼。往来する人々の頭上に飛来する怪しい白コウモリ。個性的なタッチが… https://t.co/MmyO4nIquv
wa_waa_waaaせいぞんしゃ (生存者)生存者ゼロ 安生正 https://t.co/jLCxpsyn95
minazuki_hyde_R安生正さんのレッドリスト読了。相変わらず淡々と凄惨な状況が描かれて、あらゆる壮絶な被害が簡単にただの数字に変わる恐怖。そして相変わらずそうくるのか、という唸らされる結末に向けて散らばった点が綺麗に繋がっていく快感。大好きです。
kinrough<文庫版登場>「レッドリスト 絶滅進化論」安生正 (著)都内で都内で謎の感染症が発生し、死亡者が続出。地下鉄構内で連続殺人事件が勃発し、東京は未曽有の事態に陥っていく。人類は生き残ることができるのか? 進化系パンデミック小説… https://t.co/2mPnqRGzq9
Y_KATSUKIこれは『レッドリスト』(2018)の文庫化。赤痢、破傷風、狂犬病と感染症オンパレードのパニック・サスペンスです。安生正は新刊『ヴァルキリー』が積ん読山脈のいちばん上にあるので、次に読む予定。https://t.co/Not72u7gKx
JITSU_NICHI【新刊お知らせ】実業之日本社文庫8月新刊が5日より発売!本日読売新聞朝刊で7,8月新刊の宣伝出ました。阿川大樹、中島要、青柳碧人、井川香四郎、吉田雄亮、西川美和、南英男、葉月奏太、沢里裕二、睦月影郎、大林宣彦、秋吉理香子、安生正、… https://t.co/SYwByf9ouf
_Havona安生正『襲撃犯』実業之日本社文庫。自衛隊の重装輪運搬車が何者かにより襲撃され、プルトニウム燃料が強奪される息をもつかせぬ展開で始まる物語……と思ったのだが序盤まで。中盤からは防衛省と自衛隊の組織内の覇権争いやら、ごちゃごちゃばかり描かれ、期待外れ。結末も想定内の凡作。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
安生正さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)