トップページ > 公募ではない賞一覧 > 山田風太郎賞 > 2010年−第1回 山田風太郎賞

山田風太郎賞

2010年−第1回 山田風太郎賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

山田風太郎賞(やまだふうたろうしょう)は、KADOKAWA(社内ブランド・角川書店)と角川文化振興財団が主催する日本の文学賞。山田風太郎の独創的な作品群と作家的姿勢への敬意を礎に有望な作家の作品を発掘顕彰するため、2010年に創設された。毎年9月1日から翌年8月31日までに刊行された日本の小説作品を対象とする。受賞者には正賞として記念品、副賞として100万円が授与される。

第1回—2010年

受賞

候補

候補

候補

その他の回のデータ(全データ一括表示

山田風太郎賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.7.25 作家の読書道 第219回:今村翔吾さん

    2017年に『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』を刊行してデビュー、翌年『童神』(刊行時に『童の神』と改題)が角川春樹小説賞を受賞し、それが山田風太郎賞や直木賞の候補になり、そして2020年は『八本目の槍』で吉川英治文学新人賞を受賞と、快進撃を続ける今村翔吾さん。新たな時代小説の書き手として注目される今村さんは、いつ時代小説に魅せられ、何を読んできたのか? 軽快な語り口調でたっぷり語ってくださいました。

  • 2020.3.13 第11回〈小説 野性時代 新人賞〉 選考結果のお知らせ

    3月13日(金)午後4時より、第11回〈小説 野性時代 新人賞〉の選考会が行われました。応募総数440作品の中から最終選考に残った4作品のうち、選考委員の厳正なる審査により、蝉谷魚ト(せみたに・とと)さんの『化け者心中』が大賞に決まりました。蝉谷さん、おめでとうございます!

  • 2019.10.24 1年で最も面白かった小説を決める「山田風太郎賞」を犯罪巨編『欺す衆生』が受賞!

    1年間で最も「面白い」と評価されたエンタテインメント小説を決める文学賞「山田風太郎賞」の選考会が、2019年10月18日(金)に開催された。月村了衛の長編小説『欺す衆生』が受賞作に決定し、「おめでとうございます! 本当に傑作だから読まれてほしい」「めちゃくちゃ面白い作品だから嬉しい」と話題を呼んでいる。

山田風太郎賞関連つぶやき

yurubngkbot山田風太郎賞KADOKAWA(社内ブランド・角川書店)と角川文化振興財団が主催する日本の文学賞。山田風太郎の独創的な作品群と作家的姿勢への敬意を礎に有望な作家の作品を発掘顕彰するため、2010年に創設された。2010年(H22)~現在
TkhShy河野裕『さよならの言い方なんて知らない。』第4巻が発売中です。河野さんといえば、初の単行本『昨日星を探した言い訳』が山田風太郎賞にノミネートされています。書店さん向けのプルーフには推薦文を寄せました。文庫と、単行本と。どちらもほん… https://t.co/gc5vyhhC18
RichardPapas柚月裕子作「暴虎の牙」読了。先ごろ映画にもなった「孤狼の血」シリーズ3作目。今回はヤクザVS愚連隊モノ。さすがに1作目ほどのインパクトはなかったけど、美しいラストはなかなかイカス。山田風太郎賞 候補作2作目 https://t.co/0WAy3Hhi9D
kadokawashoseki隠蔽を働きかける会社上層部。少年の死という状況のもと、彼らが気にするのは自社の利益追求と保身だった……。会社組織の中で生きる者として、そして、一人の父親として、いかに「人間」でいられるか――。山田風太郎賞受賞作家の会心作… https://t.co/0MjhzcXKEj
bookwall@nagira_yuu アレの冬バージョン…!うふふ、わたしも今から完成が楽しみです。あ!『わたしの美しい庭』山田風太郎賞ノミネートおめでとうございます!関わっている本に良い報告が続き嬉しいです。(築地)
BaddieBeagle"会社組織の中で生きる者として、そして、一人の父親として、いかに「人間」でいられるか――。第10回〈山田風太郎賞〉受賞作家の会心作!" "千日出版の教育部門で課長を務める秋吉に衝撃的な情報が入った。…": 月村了衛『白日』 https://t.co/gdzU9BJeLo
sorainu1968「著者の山田風太郎賞受賞第1作である。これまでも沖縄を舞台にした数々の快作で知られる著者のこと、今回もそのご多分にもれず...」。/ 【書評】『海神の島』池上永一著 胸に去来する沖縄秘史 https://t.co/g0PXqxCYrd
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)