トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 有川浩

有川浩

有川浩さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

有川 浩(ありかわ ひろ、1972年6月9日。園田学園女子大学卒。
2003年に『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞し、翌年に同作にてデビューした。ライトノベルでデビューしながらも、2作目からは一般文芸書籍と同等のハードカバー出版が続いており、文庫で出版されたデビュー作『塩の街』も、後にハードカバーで再出版された。
2006年、4作目である『図書館戦争』シリーズを出版。インタビューでは、自作を大人向けのライトノベルと語っており、一般文芸に活動の範囲を広げた現在でも自らを「ライトノベル作家」と称している。
名前の由来は、「有川」は書店に本が並んだ時に“あ”から始まる名前なら棚の最初のほうにくるから。「浩」は、親が喜ぶと思って本名から一字抜出したとのこと。また、「浩」が「ひろし」と読めるため男性だと勘違いされることも多い。影響を受けた作家に新井素子を挙げている。

有川浩新刊

  • 発売日
    2018年4月10日
  • 書名
    明日の子供たち (幻冬舎文庫)
  • 発売日
    2017年12月6日
  • 書名
    キャロリング (幻冬舎文庫)

受賞歴

有川浩関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

有川浩関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ac_kouta松野おそ松が好きな人は、有川浩先生の『キケン』を読んでみて欲しい。一定数、琴線に触れる人が出ると思う。あとギャグ好きな人もぜひ。大学を卒業した人も。というかみんな読んで…。
Escondite_sa読み切ったー…よかった…面白かった…やっぱ有川浩先生すき…語り口がわかりやすくて、テンポがいい。随所随所で的確にかわいいラブコメ描写をついてくるし文章そのものでふふっと笑えてくる。すき
love2love24hrただ好きな人を守りたい、という願いがきっと一番強いのだ。きっと、世界を守りたいなんて思って、世界を守る人はいない。(塩の街、有川浩)
nickel_km@tanbonosippo 常に隠し味的な感じで少量だけふりかけとこ
bored_IRM空の中(有川浩)とか好きですよ。というか有川浩の本は結構好きです。 #peing #質問箱 https://t.co/eky9xrDqqc https://t.co/UB9Gf088jL
Honnomori_bot「自分だけかわいい奴は泣かないんだよ。置き去りにしてごめんなんて泣かないんだよ」塩の街/有川浩
bkrakasKFSわたしがだれかの青い鳥だったとして、わたしが本当に青い鳥じゃなくても見ていてくれる?わたしが飛べなくてもまた帰ってきていい?って聞きたいし、これは有川浩のストーリーセラーだし、そういうのが好きだからわたしはたしかに一丁前に青い羽だけは持ってるのかもしれないと思うんだよね
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
有川浩さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)