トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 奥田英朗 > オリンピックの身代金

オリンピックの身代金(奥田英朗)

オリンピックの身代金(著者:奥田英朗)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:オリンピックの身代金
  • 著者:奥田 英朗
  • ページ数:524
  • 出版社:角川グループパブリッシング
  • ISBN-10:4048738992
  • ISBN-13:9784048738996

オリンピックの身代金関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

奥田英朗のその他受賞歴(候補含む)

オリンピックの身代金関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kotakotakota904本日の一言「犠牲者のためにしか繁栄を築けないのであれば、それは支配層のための文明です」『オリンピックの身代金』奥田英朗
pommejuro「オリンピックの身代金」も面白かった。それと似た雰囲気。時代が同じだし。事件解決しても、虚しさというか、やりきれなさが残る。奥田英朗の作品は割と追いかけている。伊良部シリーズは合わんかった…
words_on_books「暗中模索も三日を過ぎると迷路に入り込みます」(奥田英朗『オリンピックの身代金』)
nanaharaichika「オリンピックの身代金」奥田英朗1964年、アジア初のオリンピックを目前に沸き立つ東京。そんな中、警察幕僚長の自宅が爆破され、何者かから『オリンピックを中止しろ』という旨の脅迫状が届く。長いので読むのは大変だが、それだけにひ… https://t.co/1XOquRUaxh
gal_minhayaありがとうございました。オリンピックの身代金って奥田英朗だったんだみんなで早押しクイズで4位入賞!アプリダウンロードはこちらからhttps://t.co/wNTRONoVbU#みんはや https://t.co/TvCIFrL7KO
yoshihiromori11@QUIZugugugugug 日蓮(身延山久遠寺が総本山渡辺 淳一(化身東野 圭吾(容疑者Xの献身奥田 英朗(オリンピックの身代金小野 小町(我が身世にふる華岡 青洲(世界初の全身麻酔
asatteasattte奥田英朗の小説「オリンピックの身代金」で東京五輪開会式の国立競技場駐車場でバスの運転手の服装で運転手達に紛れた犯人の足元が、夢の島で拾った白いズック靴を怪しまれ捕まったのを思いだした。 https://t.co/Bbg5UHIydE
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)