トップページ > 作家名一覧 > ぬから始まる作家名一覧 > 沼田まほかる > ユリゴコロ

ユリゴコロ(沼田まほかる)

ユリゴコロ(著者:沼田まほかる)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:ユリゴコロ
  • 著者:沼田 まほかる
  • ページ数:296
  • 出版社:双葉社
  • ISBN-10:4575237191
  • ISBN-13:9784575237191

ユリゴコロ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

ユリゴコロ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

raisen_bot_qmaNo.430 次の2012年に本屋大賞にノミネートされた本とその作者の正しい組み合わせを選びなさい⇒人質の朗読会―小川洋子、ユリゴコロ―沼田まほかる、誰かが足りない―宮下奈都
miniko_171311月の本は沼田まほかるさんの「ユリゴコロ」と清水杜氏彦さんの「うそつき、うそつき」です。
makazmakaz沼田まほかる『ユリゴコロ』読了。いや、凄かった。手記の読み応えといい、ラストに向けての筆力。読まされた。一気読み。もう早く手記読めよと主人公を叱咤しながらページめくってた。まほかる凄い。まほかる凄い。大事なので二度言った。
ashitamatane映画化で知って、読んでみようと思ってこの2作品を読んでみたら、もう、何なんだよー何て深いんだよーって思えるような愛の詰まった作品だった。どちらの作品も結末に涙。彼女がその名を知らない鳥たち/ユリゴコロ /… https://t.co/kzlDCtzGH2
0Hz16映画彼女がその名を知らない鳥たち沼田まほかる、ユリゴコロも映画化してたな…。養ってるのに詰られるし裏切られるし都合の悪い事は忘れて庇われてるのに、そんなに愛し続けられるものなのか…。陳治=安部サダヲはひたすら狂気を感じたけど、黒崎=竹野内豊がクズっていうのはわかった。
stardust701沼田まほかるの『ユリゴコロ』を読む。先に映画版を見ているが、残念ながら小説に勝てていない。ぞっとするようなサスペンスから転換していく意外なドラマ展開は共通しているが、後半の変更点の数々は現実性を損なっている。個人で出来る事には限界がある筈だし、運命的出会いが重なり過ぎる。
kotora1783【ユリゴコロ/沼田 まほかる】を読んでいる本に追加 → https://t.co/nVNdOyYW0F #bookmeter
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)