トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 津島佑子 > 光の領分

光の領分(津島佑子)

光の領分(著者:津島佑子)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:光の領分 (講談社文芸文庫)
  • 著者:津島 佑子
  • ページ数:270
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4061962418
  • ISBN-13:9784061962415

光の領分関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

津島佑子のその他受賞歴(候補含む)

光の領分関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

cogito_erogetum【光の領分 (講談社文庫 つ 3-3)/津島 佑子】を読んだ本に追加 → https://t.co/P0NeRneSHc #bookmeter
books_tokyodo@hirakurakei 大事ですよね。『白水社の本棚』連載の拙稿でも息を意識して2倍ダーシを用いています。ちょうど次号で津島佑子『光の領分』の花火のシーンとともにそのダーシの使用を考えようと計画していました――線香花火のように気… https://t.co/6tiBVaEwUx
ch1rusato廊下が湖になるくだりは津島佑子『光の領分』の屋上が海になるシーンの影響を大きく受けています 比較文学的手法で読まれたら泣き出すレベルです
BisforBookclub読書会で紹介された本は以下の通り。津島佑子『光の領分』(講談社文芸文庫)砥上裕将『線は、僕を描く』(講談社文庫)梨木香歩『村田エフェンディ滞土録』(角川文庫)柚木麻子『BUTTER』(新潮文庫)ヴァーナー・ヴィンジ『マイクロチップの魔術師』(新潮文庫)
NankotsuPatriot津島佑子「光の領分」。夫と別居中の女性と一人娘の生活を綴った連作短編集。どろりと暗いストーリーと、その中にふいに現れる「水辺」の銀色の海や「焔」の赤い光などの美しいイメージとの塩梅がよかった。
honya663月27日。丸善・日本橋店。津島佑子『光の領分』(講談社文芸文庫)たぶん流通在庫限りで絶版になるのだろうから、今のうちに買っておいた。 https://t.co/ETi6T5cIe9
ameblo_jp_vfqfq【野間三賞】(野間清治にちなむ)野間文芸賞 第1回受賞者は文芸賞:真山青果、学術賞:湯川秀樹、美術賞:安田靱彦野間文芸新人賞 第1回受賞作は津島佑子『光の領分』野間児童文芸賞 第1回受賞作は石森延男『バンのみやげ話』
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)