トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 尾辻克彦 > 父が消えた

父が消えた(尾辻克彦)

父が消えた(著者:尾辻克彦)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:父が消えた (河出文庫)
  • 著者:尾辻 克彦
  • ページ数:304
  • 出版社:河出書房新社
  • ISBN-10:4309407455
  • ISBN-13:9784309407456

父が消えた関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

尾辻克彦のその他受賞歴(候補含む)

父が消えた関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

saitousinsi芥川賞受賞作紹介「父が消えた」尾辻克彦チャンネル登録お願いします!https://t.co/N95KG4LXnt
bibun_n_botNo.125 (タイ)小説「父が消えた」で1980年に芥川賞を受賞した作家は尾辻克彦ですがその兄で、小説「白球残映」で1995年に直木賞を受賞した作家は○○○隼?⇒あかせがわ(赤瀬川)
555takumome芥川賞決まりました。芥川賞といえば、私の中では79年受賞の 尾辻克彦著 短篇の「父が消えた」です。赤瀬川源平さんの小説ネームです。もう白昼夢。 https://t.co/s8Z7sVegcf
akutagawa_syou父の遺骨を納めるべく売り出された墓地を見に行く青年の奇妙な一日をポップ・アート風に描いて注目を浴びた、赤瀬川原平の別名を持つ著者の、初期の秀作五篇を収録した純文学短篇集。 芥川賞受賞作『父が消えた』尾辻克彦
473ban尾辻克彦『我輩は猫の友だちである』(中公文庫)読了。赤瀬川原平さんの本から遡って『肌ざわり』『父が消えた』と小説にたどり着いたが今回もまた期待に違わず不思議な世界に遊んだ感じ。今まで気が付かなかった感覚のツボをあちこち押され頭もリフレッシュ。
kannohirou樋口一葉『たけくらべ』坂口安吾『桜の森の満開の下』安倍公房『壁』尾辻克彦『父が消えた』高橋源一郎『日本文学盛衰史』村上龍『限りなく透明に近いブルー』川上未映子『乳と卵』舞城王太郎『煙か土か食い物』森見登見彦『夜は短… https://t.co/qFeqebtPJa
FoxtimeSpace@miyadai 尾辻克彦の「父が消えた」の終わりに、“資本主義には幽霊が出る”というようなことがあったのを思い出した。マルクスの一般的な価値形態(第三形態)から貨幣形態へと「命懸けの飛躍」を果したとしても、夜には第三形態に潜む「幽霊」(デリダ)が剥き出しになるのかもしれない。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)