トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 尾辻克彦

尾辻克彦

尾辻克彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

受賞歴

尾辻克彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

尾辻克彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

vierzweineun尾辻克彦『父が消えた』を読んだ。人は生まれた時は意識がなくだんだんはっきりしてくるけど、なくなる時もそれと対照に意識がぼやけてからがよいと。何事も計画的だったうちの祖母がそうで、その時は祖父が亡くなった途端やる気がなくなったようでやるせなかったが、あれは祖母的には思い通りかな
sukinabunshou「アジって焦げるのよね」病気は茶ダンスからボンヤリとお皿を出しました。黒焦げのカタマリをそこに盛ります。「もうダメね。これ」「しょうがないよ。もう一匹。あ、サンマがあるじゃないか」山田さんは冷蔵庫からサンマを取り出しました。「サンマも焦げるわよ」尾辻克彦「闇のヘルペス」
bibun_n_botNo.125 (タイ)小説「父が消えた」で1980年に芥川賞を受賞した作家は尾辻克彦ですがその兄で、小説「白球残映」で1995年に直木賞を受賞した作家は○○○隼?⇒あかせがわ(赤瀬川)
473ban東海林さだお『のほほん行進曲』文春文庫読了。ブックオフで2冊、なぎら健壱『町の忘れもの』ちくま新書、尾辻克彦『優柔不断読本』(文藝春秋)を買う。大佛次郎『敗戦日記』20年8月を読む。
PTraductia@kero43 ごく日常的な会話も、そのまま文字に起こすとかえって奇妙なものになると、尾辻克彦さんもエッセイに書いておられましたが、しばしば翻訳でも実感します。会話文は難しいですね。
quiz_glossary尾辻克彦 『父が消えた』
akutagawa_syou父の遺骨を納めるべく売り出された墓地を見に行く青年の奇妙な一日をポップ・アート風に描いて注目を浴びた、赤瀬川原平の別名を持つ著者の、初期の秀作五篇を収録した純文学短篇集。 芥川賞受賞作『父が消えた』尾辻克彦
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
尾辻克彦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)