トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 池井戸潤 > 空飛ぶタイヤ

空飛ぶタイヤ(池井戸潤)

空飛ぶタイヤ(著者:池井戸潤)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:空飛ぶタイヤ
  • 著者:池井戸 潤
  • ページ数:496
  • 出版社:実業之日本社
  • ISBN-10:4408534986
  • ISBN-13:9784408534985

池井戸潤新刊

  • 発売日
    2018年10月3日
  • 書名
    下町ロケット ヤタガラス
  • 発売日
    2018年9月28日
  • 書名
    下町ロケット ヤタガラス
  • 発売日
    2018年9月20日
  • 書名
    期間限定お試し特別版 下町ロケット ヤタガラス

空飛ぶタイヤ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

池井戸潤のその他受賞歴(候補含む)

空飛ぶタイヤ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

amaebooksale[まとめ買い] 空飛ぶタイヤ (池井戸潤) が、Kindleストアで343ポイント増えて1400円、357ポイント還元になりました。https://t.co/JnQUfwmhg9
ROOSEVELT__GAME池井戸潤の作品半沢直樹シリーズ『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』(文春文庫)『ロスジェネの逆襲』(ダイヤモンド社)、『空飛ぶタイヤ』『不祥事』(講談社文庫)、『ようこそ、わが家へ』(小学館文庫)などがある。 https://t.co/2iQ47LspV4
satotaku88うーん。池井戸潤、面白い。『半沢直樹シリーズ』『鉄の骨』『七つの会議』『下町ロケット』『空飛ぶタイヤ』どれも傑作。経済的利益と倫理。このカント的な命題を、良質な物語世界で展開する手腕は見事。日本人大衆作家の中ではズバ抜けているのではないだろうか?
ken1698【空飛ぶタイヤ (実業之日本社文庫)/池井戸 潤】運送会社が起こした自動車事故。メーカー側が出した答えは「整備不良」納得のいかない主人公は四面楚歌の中、大企業相手に戦う話800ページ越えの超大… → https://t.co/RKnZQt0hCQ #bookmeter
kimura_books金融を絡めた面白いミステリーを読みたいなら。「空飛ぶタイヤ」がおすすめです。 池井戸潤 https://t.co/vRXQOI7yar #books #amazon
gunguniln空飛ぶタイヤおもしろかったなぁやっぱ池井戸潤良いわ https://t.co/24dHqBOXdk
XVWQOOkaqt6WPbi経営者様方にはぜひ 池井戸 潤さんの 「空飛ぶタイヤ」いちど読んでいただきたいですねぇ(ΦωΦ)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)