トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 池井戸潤

池井戸潤

池井戸潤さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

池井戸 潤(いけいど じゅん、1963年6月16日 - )は、日本の小説家。岐阜県出身。岐阜県立加茂高等学校から慶應義塾大学文学部および法学部卒。
=
子どもの頃から、図書館にある国内外のミステリを読み漁る日々を送り、特に江戸川乱歩賞受賞作は必ず買って読むほどで、いつか自分で書きたいと作家を志すきっかけになった。
1988年、三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)に入行。ビジネス書の執筆業は順調だったが、テーマが限られていることから将来に不安を感じ始め、夢だった江戸川乱歩賞を目指し始める。

池井戸潤新刊

  • 発売日
    2017年9月5日
  • 書名
    花咲舞が黙ってない
  • 発売日
    2017年9月5日
  • 書名
    銀翼のイカロス (文春文庫)
  • 発売日
    2017年9月5日
  • 書名
    神保町奇譚 「花咲舞が黙ってない」シリーズ (Kindle Single)

受賞歴

池井戸潤関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

池井戸潤関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

words_on_books「あんたたちから投げつけられた言葉や態度は、忘れようにも忘れられないんだよ。傷つけたほうは簡単に忘れても、傷つけられたほうは忘れられない。同じ人間として、私はあんたをまるで信用できないんだ」(池井戸潤『下町ロケット』)
ayame_san_com_8.池井戸潤ドラマから入ったクチで偉そうな事は語れない。社会派の中でも軽妙な語り口と、元銀行家ならではの視点で、融資を中心とした物語を数多く展開。半沢直樹シリーズなどの銀行ものもいいが、ルーズヴェルトゲーム、下町ロケット、空飛ぶタイヤ、民王など、企業もの、政治ものもアツい。
BunkoBestSaleAM4位『アキラとあきら (徳間文庫)』(池井戸潤/徳間書店) https://t.co/5NfS6y9fFz 零細工場の息子・山崎瑛(あきら)と大手海運会社東海郵船の御曹司・階堂彬(かいどうあきら)。生まれも育ちも違うふたりは、互い https://t.co/fROyM30tfP
darumaral池井戸潤「アキラとあきら」をの読み終えた。相変わらず読み易いけど、主人公の子供から描いた割に薄味だった気もする。
tottokoptaroTBS日曜劇場でドラマを放送していたとき、ブームにあやかって読んだ。池井戸本は働くようになってから感情移...『下町ロケット2 ガウディ計画』池井戸 潤 ☆4 https://t.co/QEVA9VTbo0 #booklog
panda50514908まだ7割なのでストーリーはともかくとして、池井戸潤先生って勧善懲悪が強すぎて途中で展開は読まずとも結局皆幸せになれるんだろうなっていう予想が付いちゃうのが残念だと思いません?そこへ至る展開を楽しめる作家ではありますが。陸王とかも… https://t.co/mirKxZIN4h
Sdrs_camT池井戸潤・文庫新刊『銀翼のイカロス』 文藝春秋 (2017/9/5) #期待の一冊 再読の機会。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
池井戸潤さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)