トップページ > 作家名一覧 > すから始まる作家名一覧 > 諏訪哲史

諏訪哲史

諏訪哲史さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

諏訪 哲史(すわ てつし、1969年10月26日 - )は、日本の小説家・批評家・随筆家。
愛知県名古屋市出身。幼少期には宮城県仙台市で5年ほど過ごした。小学校時代から1週間に10冊の本を読んだ。
愛知県立名古屋西高等学校、國學院大學文学部哲学科卒業。大学在学中から卒業後まで独文学者の種村季弘に文学・美術・宗教・思想など広範な分野にわたり個人指導を受ける。卒論は西欧十九世紀末芸術ラファエル前派論。哲学科では美学者の谷川渥にも師事した。
1992年から名古屋鉄道で勤務する傍ら、種村季弘に読んでもらうために詩作を行なう。1998年、名鉄を退社し、2年間引きこもった末に書き上げた初の小説「アサッテの人」で種村季弘に認められる。30歳で再就職。2004年、種村季弘が死去。2006年、諏訪の実父が死去。この時期、亡父と同じ躁鬱病(双極性障害)を発症し、生涯にわたる治療が始まる。失意の内に初めて投稿した「アサッテの人」が、2007年に第50回群像新人文学賞を受賞。同年に同作品で第137回芥川龍之介賞を受賞する。この2つの賞の同時受賞は村上龍以来の31年ぶり。脱稿から8年後の受賞だった。この作品には、幼いころ吃音に苦しんだ経験が投影されている。
変幻自在な文体を駆使し、<自意識の哲学>を追究する作風であると評される。小説集『領土』では詩的な文体と物語の幻想性を同居させている。
2012年刊の『スワ氏文集(すわし・もんじゅう)』ではコラムニスト、随筆家として、2014年刊の『偏愛蔵書室』では詩・小説・漫画などを対象に批評家としての仕事を行なう。谷川渥は『偏愛蔵書室』について、「批評家」諏訪哲史の面目躍如、と評した。
2013年12月、パリ大学・フランス国立東洋言語文化研究所(INALCO)国際シンポジウムに日本の作家として招待され日本文学の現状について発表。
連載中のコラムに「スットン経」(中日新聞、2016年4月~、毎月第1金曜朝刊)がある。
2009年から3年間愛知淑徳大学文化創造学部准教授、2012年から3年間同大学の学部名変更によりメディアプロデュース学部准教授、2016年から東海学園大学人文学部教授を務める。

受賞歴

諏訪哲史関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

諏訪哲史関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yagisachi諏訪哲史さん『りすん』読了。小説に対する諏訪さんの考え方がよく分かる本でした。真面目でまっすぐで考え過ぎちゃう人なんだろうなぁ。どんどんずんずん掘り下げちゃった、という感じ。國學院大学文学部哲学科卒だもんなぁ、と納得もします。私は諏訪さんと同じく國學院大学文学部卒だから→
consaba諏訪哲史「前世紀に書かれた作品群の粋と、今世紀、これ以降に書かれる新たな山尾作品とをつなぐきわめて重要なミッシング・リンクであり、美しく引き絞られた鯨骨のコルセットのくびれ部、否、硝子の砂時計のしなやかな結節点」webちくま https://t.co/nolSH5Hq7B
akutagawa_syou吃音による疎外感から凡庸な言葉への嫌悪をつのらせ、孤独な風狂の末に行方をくらました若き叔父。彼にとって真に生きるとは「アサッテ」を生きることだった。世の通念から身をかわし続けた叔父の「哲学的奇行」の謎を解き明かすため、私は小説の筆を執るが…。芥川賞受賞作『アサッテの人』諏訪哲史
hit4boy諏訪哲史『アサッテの人』失踪した叔父の、言葉にまつわる奇妙な行動の原因を、小説という手段を使って解き明かすという物語。哲学的な意味合いが多分にあるのでしょうが、深読みしなくても十分に楽しめる芥川賞受賞作品です。むしろ笑ってしまうかも。https://t.co/IkFuPCrFRP
Dr_hicky明星大学『全学共通教育 研究室紀要』第1号に、「隠された審級 あるいは 捏造する語り手 --諏訪哲史『アサッテの人』をよむ」を掲載しました。メタフィクションについて、記号論の面から考察してみました。機会あればご笑覧ください… https://t.co/og0pDYvYE0
baske_hand_2そうそう、中央図書館でやっと見つけたよやっぱりね、諏訪哲史さんはもっと愛知県民に知られるべき愛知の誇る芥川賞作家だよまあ、俺は岐阜だけど() https://t.co/pNu19XlFou
miharu_g諏訪哲史「岩塩の女王」。新聞コラムで著者は双極性障害と知ってから、この緻密な物語も苦痛の中で生み出した物のように思えて中々読了出来ない。逸脱の躁に指一つ動かせない鬱。最大の逸脱が自殺。考え込んでしまう。辛い病だな。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
諏訪哲史さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)