トップページ > 作家名一覧 > すから始まる作家名一覧 > 諏訪哲史

諏訪哲史

諏訪哲史さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

諏訪 哲史(すわ てつし、1969年10月26日 - )は、日本の小説家・批評家・随筆家。
愛知県名古屋市出身。幼少期には宮城県仙台市で5年ほど過ごした。小学校時代から1週間に10冊の本を読んだ。
愛知県立名古屋西高等学校、國學院大學文学部哲学科卒業。大学在学中から卒業後まで独文学者の種村季弘に文学・美術・宗教・思想など広範な分野にわたり個人指導を受ける。卒論は西欧十九世紀末芸術ラファエル前派論。哲学科では美学者の谷川渥にも師事した。
1992年から名古屋鉄道で勤務する傍ら、種村季弘に読んでもらうために詩作を行なう。1998年、名鉄を退社し、2年間引きこもった末に書き上げた初の小説「アサッテの人」で種村季弘に認められる。30歳で再就職。2004年、種村季弘が死去。2006年、諏訪の実父が死去。この時期、亡父と同じ躁鬱病(双極性障害)を発症し、生涯にわたる治療が始まる。失意の内に初めて投稿した「アサッテの人」が、2007年に第50回群像新人文学賞を受賞。同年に同作品で第137回芥川龍之介賞を受賞する。この2つの賞の同時受賞は村上龍以来の31年ぶり。脱稿から8年後の受賞だった。この作品には、幼いころ吃音に苦しんだ経験が投影されている。
変幻自在な文体を駆使し、<自意識の哲学>を追究する作風であると評される。小説集『領土』では詩的な文体と物語の幻想性を同居させている。
2012年刊の『スワ氏文集(すわし・もんじゅう)』ではコラムニスト、随筆家として、2014年刊の『偏愛蔵書室』では詩・小説・漫画などを対象に批評家としての仕事を行なう。谷川渥は『偏愛蔵書室』について、「批評家」諏訪哲史の面目躍如、と評した。
2013年12月、パリ大学・フランス国立東洋言語文化研究所(INALCO)国際シンポジウムに日本の作家として招待され日本文学の現状について発表。
連載中のコラムに「スットン経」(中日新聞、2016年4月~、毎月第1金曜朝刊)がある。
2009年から3年間愛知淑徳大学文化創造学部准教授、2012年から3年間同大学の学部名変更によりメディアプロデュース学部准教授、2016年から東海学園大学人文学部教授を務める。

受賞歴

諏訪哲史関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

諏訪哲史関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hit4boy諏訪哲史『アサッテの人』失踪した叔父の、言葉にまつわる奇妙な行動の原因を、小説という手段を使って解き明かすという物語。哲学的な意味合いが多分にあるのでしょうが、深読みしなくても十分に楽しめる芥川賞受賞作品です。むしろ笑ってしまうかも。https://t.co/IkFuPCrFRP
ichimatsu_smith[…]それは、『俺』が、この『世界』そのものである、っていう事実だよ。ゆえに、『世界』とは破壊されるべきものになる。だが、俺は未だその『世界』とやらを見ていない。そして、俺は『俺自身』さえも、未だ見てはいないんだ……」諏訪哲史『ロンバルディア遠景』
manpokaycomix19連勤後のブックオフ。鈴木翁二『東京グッドバイ』1260、諏訪哲史『ロンバルディア遠景』、ローラン・ビネ『HHhH』各360、松浦寿輝『半島』、『あやめ 鰈 ひかがみ』、福士りか『サント・ネージュ』各200、野村胡堂『銭形平次捕… https://t.co/lU6DwpTu5u
iyonatuki401諏訪哲史『岩塩の女王』を読み始めました。諏訪先生の本は初めて読むので、全6作品を読んでどう感じるのかが、とても楽しみです。#日本怪奇幻想読者クラブ
paddingtonkaせやろがいおじさんと芥川賞作家諏訪哲史のトークイベントに父親を誘って行ってきた。500席が満員!会場に集まった有権者(子供連れあり)みんなが楽しめたいい雰囲気のイベントだった。帰宅後父親が前に切り抜いてた新聞記事を出してきて、あの… https://t.co/Pwttys0Zni
dorainoti#せやろがい式爆笑トーク作家の諏訪哲史さん長身にスラッとしてかっこいい。せやろがいおじさんと並ぶと
hiramatsu2011せやろがいおじさん&諏訪哲史のトークは、話しが分かりやすくておもしろかったです。 https://t.co/I70LKHvLpJ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
諏訪哲史さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)