トップページ > 作家名一覧 > すから始まる作家名一覧 > 諏訪哲史

諏訪哲史

諏訪哲史さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

諏訪 哲史(すわ てつし、1969年10月26日 - )は、日本の小説家、批評家、随筆家。
愛知県名古屋市出身。幼少期には宮城県仙台市で5年ほど過ごした。小学校時代から1週間に10冊の本を読んだ。
愛知県立名古屋西高等学校、國學院大學文学部哲学科卒業。大学在学中から卒業後まで独文学者の種村季弘に文学・美術・宗教・思想など広範な分野にわたり個人指導を受ける。卒論は西欧十九世紀末芸術ラファエル前派論。哲学科では美学者の谷川渥にも師事した。
1992年から名古屋鉄道で勤務する傍ら、種村季弘に読んでもらうために詩作を行なう。1998年、名鉄を退社し、2年間引きこもった末に書き上げた初の小説「アサッテの人」で種村季弘に認められる。30歳で再就職。2004年、種村季弘が死去。2006年、諏訪の実父が死去。この時期、亡父と同じ躁鬱病(双極性障害)を発症し、生涯にわたる治療が始まる。失意の内に初めて投稿した「アサッテの人」が、2007年に第50回群像新人文学賞を受賞。同年に同作品で第137回芥川龍之介賞を受賞する。この2つの賞の同時受賞は村上龍以来の31年ぶり。脱稿から8年後の受賞だった。この作品には、幼いころ吃音に苦しんだ経験が投影されている。
変幻自在な文体を駆使し、<自意識の哲学>を追究する作風であると評される。小説集『領土』では詩的な文体と物語の幻想性を同居させている。2012年刊の『スワ氏文集(すわし・もんじゅう)』ではコラムニスト、随筆家として、2014年刊の『偏愛蔵書室』では詩・小説・漫画などを対象に批評家としての仕事を行なう。谷川渥は『偏愛蔵書室』について、「批評家」諏訪哲史の面目躍如、と評した。
連載中のコラムに「スットン経」(中日新聞、2016年4月 - 、毎月第1金曜朝刊)、「そうの日うつの日」(毎日新聞東海版、2019年4月 - 、毎月第4木曜朝刊)がある。
2009年から3年間愛知淑徳大学文化創造学部准教授、2012年から3年間同大学の学部名変更によりメディアプロデュース学部准教授、2016年から東海学園大学人文学部教授、2019年からは同大学同学部非常勤客員教授を務める。2019年から母校愛知県立名古屋西高等学校普通科の創造表現コース特別講師に就任、また毎日文化センター名古屋駅校で毎月第3土曜に小説講読の講座(常時入会可)を担当している。
2013年12月、パリ大学・フランス国立東洋言語文化研究所(INALCO)国際シンポジウムに日本の作家として招待され、日本文学の現状について発表した。

受賞歴

諏訪哲史関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

諏訪哲史関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

akutagawa_syou吃音による疎外感から凡庸な言葉への嫌悪をつのらせ、孤独な風狂の末に行方をくらました若き叔父。彼にとって真に生きるとは「アサッテ」を生きることだった。世の通念から身をかわし続けた叔父の「哲学的奇行」の謎を解き明かすため、私は小説の筆を執るが…。芥川賞受賞作『アサッテの人』諏訪哲史
tokujirushi@9mashika アサッテの人著者諏訪哲史(2010)あらすじ主人公は失踪した叔父のことを調べている。叔父の妻だった朋子の草稿や、状況を調べていくうちに彼が何に悩み、滑稽にも誠実に生きていたかを知る…。最後にある図… https://t.co/yFKqFYrSED
2015Tokai日本の近代戯曲研修セミナーin東海『永井荷風の戯曲を読む』■日程:1月30日(土)14時■会場:芸術創造センター■料金:1500円【春情鳩の街】コーディネーター:かこまさつぐ【特別講演会】諏訪哲史「永井荷風の戯曲と小… https://t.co/C6V3lXgfVU
G_R_Hocke諏訪哲史の新作待ってます
hit4boy諏訪哲史『アサッテの人』失踪した叔父の、言葉にまつわる奇妙な行動の原因を、小説という手段を使って解き明かすという物語。哲学的な意味合いが多分にあるのでしょうが、深読みしなくても十分に楽しめる芥川賞受賞作品です。むしろ笑ってしまうかも。https://t.co/IkFuPCrFRP
Muscleneapolita#21世紀の日本文学10選阿部和重『シンセミア』今村夏子『こちらあみ子』諏訪哲史『アサッテの人』高橋源一郎『日本文学盛衰史』多和田葉子『雪の練習生』長嶋有『猛スピードで母は』堀江敏幸『その姿の消し方』町田康『告白… https://t.co/9Gbhyt14XS
guei_photo21成人となる皆様へ。昨日、読んだ小説を引用します。「この世に、完全に無垢な存在として生まれ、いかなる利害関係からも無縁な赤子が、その誕生からひとりでに。快ならぬ不快の方角へ落ちてゆかねばならない矛盾」(諏訪哲史「アサッテの人」)おめでとうございます。不快な世界へ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
諏訪哲史さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)