トップページ > 公募新人賞一覧 > 群像新人文学賞

群像新人文学賞

群像新人文学賞の情報(応募要項・歴代受賞作・歴代受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

群像新人文学賞(ぐんぞうしんじんぶんがくしょう)は、講談社が刊行する文芸誌『群像』が、1958年に創設した純文学の公募新人文学賞。締め切りは10月31日(当日消印有効)。
純文学系の公募している新人賞には他に、文學界新人賞、新潮新人賞、すばる文学賞、文藝賞、太宰治賞などがある。『群像』主催の賞には他に、群像新人長編小説賞がある。
2014年までは、小説部門と評論部門の2部門に分かれていたが、2015年からは、小説のみが選考対象となり、評論部門は本賞から独立し、群像新人評論賞と名を変えて新たにスタートした。群像新人評論賞についても、本項で記述する。

第55回2012年(応募総数:1618)

群像新人文学賞

第54回2011年(応募総数:1850)

群像新人文学賞

第53回2010年(応募総数:1884)

群像新人文学賞

群像新人文学賞

第52回2009年(応募総数:1994)

群像新人文学賞

第51回2008年(応募総数:2062)

群像新人文学賞

第50回2007年(応募総数:1889)

群像新人文学賞

第49回2006年

群像新人文学賞

群像新人文学賞

優秀賞

第48回2005年(応募総数:1681)

群像新人文学賞

以前のデータ(全データ一括表示

群像新人文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2021.7.26 作家の読書道 第231回:佐藤究さん

    今年『テスカトリポカ』が山本周五郎賞と直木賞を受賞、注目を集める佐藤究さん。幼い頃はプロレスラーになりたかった福岡の少年が、なぜ本を読み始め、なぜ小説を書き始め、なぜ群像新人文学賞受賞後に江戸川乱歩賞で再デビューしたのか。そしてなぜ資本主義について考え続けているのか。直木賞発表前の6月、リモートでおうかがいしました。

  • 2021.7.14 第165回芥川賞は石沢麻依『貝に続く場所にて』、李琴峰『彼岸花が咲く島』、直木賞は佐藤究『テスカトリポカ』、澤田瞳子『星落ちて、なお』に決定!

    第165回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)が発表された。選考会は7月14日(水)、都内で開催され、「芥川龍之介賞」は石沢麻依『貝に続く場所にて』、李琴峰『彼岸花が咲く島』に、「直木三十五賞」は佐藤究『テスカトリポカ』、澤田瞳子『星落ちて、なお』に決定した。

  • 2020.4.25 作家の読書道 第217回:乗代雄介さん

    2015年に「十七八より」で群像新人文学賞を受賞して作家デビュー、2018年に『本物の読書家』で野間文芸新人賞を受賞、今年は「最高の任務」で芥川賞にノミネートされ注目度が高まる乗代雄介さん。たくさんの実在の書物の題名や引用、エピソードが読み込まれる作風から、相当な読書家であるとうかがえる乗代さん、はたしてその読書遍歴は?

群像新人文学賞関連つぶやき

loveislikeyaman村上春樹は群像新人文学賞でデビューしたから、俺も応募しよ!
yurubngkbot群像新人文学賞講談社が刊行する文芸誌『群像』が、1958年に創設した純文学の公募新人文学賞。1958年(S33)~現在
YlQAiyDj0eHTjwb今更感がありますが、群像新人文学賞受賞作の小砂川さんの『家庭用安心坑夫』を読んだのですが、終始、なんだこの分裂気質の主人公は、、!と思いながら読み進めてて。。やっぱりというか、なんというか、作者は心理士の方だった。精神状態を描くのに、あの支離滅裂感は賛否両論あると思う。。
akutagawa_syou“大型新人”として登場以来25年、文学的成熟を深めて来た大庭みな子の、あらためてその先駆性を刻印する初期世界。群像新人賞・芥川賞両賞を圧倒的支持で獲得した衝撃作。芥川賞受賞作『三匹の蟹』大庭みな子
onlyyest文学界新人賞も群像新人賞も下限70枚になってる
QM28397615群像新人文学賞菊池寛親鸞【補足】文字パネルで「倉田百三」を解答させる問題が出題される西木正明 https://t.co/W4MWNIovJE
yusuke_3rd高校1年の夏休み、宿題の読書感想文のために本屋でなんとなく手に取った本を読んだらその本でとんでもなく衝撃を受け、読書にハマり、小説家を目指し群像新人文学賞に応募したりネットで連載を試み…という話はいつかどこかでしたい
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)