トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 島本理生

島本理生

島本理生さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

島本 理生(しまもと りお、女性、1983年5月18日 - )は、日本の小説家。
東京都板橋区生まれ。母は舞踏家・鍼灸師の長岡ゆり。島本が幼少期に実の父と離婚。その後すぐに母は再婚するが高校進学以降に両親が離婚し、母子家庭になる。母子家庭の経験はのちに『リトル・バイ・リトル』に反映されている。
小学生のころから小説を書き始める。1998年、15歳のときに『ヨル』が『鳩よ!』掌編小説コンクール第2期10月号に当選、年間MVPを受賞する。
2001年、『シルエット』が第44回群像新人文学賞の優秀作に選ばれる。受賞時20歳で、同賞史上最年少の受賞となる。
2004年、『生まれる森』が第130回芥川龍之介賞候補となる。2005年、『ナラタージュ』が第18回山本周五郎賞候補となる。同作品は「この恋愛小説がすごい! 2006年版」(宝島社)第1位、「本の雑誌が選ぶ上半期ベスト10」で第1位、本屋大賞で第6位、23万部を超えるベストセラーとなった。なおこの作品の執筆で半年間キーボードを叩き続けたため腱鞘炎になったという。2006年、3月12日放送の『王様のブランチ』で『ナラタージュ』特集が組まれ、初めてテレビに出演。同年、『大きな熊が来る前に、おやすみ。』が第135回芥川龍之介賞候補。同年末に佐藤友哉と結婚、その後離婚するも、2010年末に復縁し再婚。2011年に第一子を出産。
2007年、『Birthday』が第33回川端康成文学賞候補となる、『夏の裁断』で第153回芥川龍之介賞候補。2018年、『ファーストラヴ』で第159回直木三十五賞受賞。

受賞歴

島本理生関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

島本理生関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Honnomori_botだけど好きな人が望むなら、まぬけなことなんて、無駄なんて、きっとこの世に一つもないのだ。100回泣くこと/中村航・解説/島本理生
mada_fantasy島本理生さんの『よだかの片想い』#過去読了生まれつき顔に痣を持つ女子大生・アイコの不器用な初恋物語。コンプレックスと向き合いながら成長していく彼女の姿が眩しい。初恋相手の映画監督・飛坂への気持ちが、一途で純真でかわいくて切ない… https://t.co/DJl0FTFBOR
words_on_books「手を伸ばせば欲しいものが目の前にあるのに、どうしてなにも言えないのか。引き出しの中に言いたいことだらけで散らかってぐちゃぐちゃなのに何一つ取り出せない」(島本理生『波打ち際の蛍』)
chick_invest島本理生さんのファーストラヴ読了。島本さんのナラタージュもそうですが、繊細な女子のこころが描かれています。そして悪い男も。こういうズッシリとくる名作はなかなかありません。男女問わずオススメ。https://t.co/nWcaMvBupd
pocca_poca_島本理生のファーストラヴよかった!子どもへの虐待、ほんと許せぬ。家出した少女をひろった相手も許せぬ。現実にも悪い大人があふれていることがかなしい。家出少女、わたしでよければかくまってあげたい。中村倫也さんが出演するっていうから読み始めたけど、どんなふうな目でしゃべるのか、楽しみ。
hosi_nogood島本理生さん『ナラタージュ』読了しました
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
島本理生さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)