トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 北重人

北重人

北重人さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

北 重人(きた しげと、1948年1月3日 - 2009年8月26日)は、 山形県酒田市生まれの小説家。建築士造園家。本名、渡辺 重人(わたなべ しげひと)。
山形県立酒田東高等学校を経て、1971年、千葉大学工学部建築学科卒業。
一級建築士、技術士建設部門(都市及び地方計画)資格取得後、ランドスケープコンサルタントの株式会社LAU都市施設研究所(現:LAU公共施設研究所)設立。
造園コンサルタント、都市計画コンサルタント業務の傍ら小説を執筆し、短編『陽ざかりの棗(なつめ)』をオール讀物新人賞に応募。最終選考まで残るが、決選投票で山本一力著『蒼龍』に敗れる。
1999年、『超高層に懸かる月と、骨と』で第38回オール讀物推理小説新人賞を受賞。
2004年、第8回松本清張賞の候補作にも選ばれた『蒼火』を世に出すため執筆した続編『天明、彦十店始末』が、第11回松本清張賞の最終候補に。決選投票で山本兼一著『火天の城』に敗れるが、選考委員の大沢在昌と伊集院静の推薦により出版が決定し作家デビューを果たす。出版時に伊集院の案で『夏の椿』と改題。前日譚である『蒼火』も2005年に出版される。
2009年8月26日午後1時12分、胃がんにより死去。享年61。

受賞歴

北重人関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.5.30 遅咲き・北さん 早すぎる遺稿集

    2009年8月に61歳で亡くなった北重人(しげと)さんの遺稿集『花晒(はなざら)し』(文芸春秋)が刊行された。江戸の盛り場の女元締・右京が、町の事件を解決する連作など5編を収める。舟でゆく水路や町の賑(にぎ)わいの臨場感は、街作りに詳しく、江戸への興味から時代小説を書き始めたからだろう。もう一つ北さんらしいのは、ままならぬ人生に耐えてきた右京に、遅咲きの作家の思いが反映されていることだ。

北重人関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

rabenda0616@YAKESANKANSAN 山形でお仕事なさっていた時に北重人さんの作品に出会ったのですね、私は多分新聞の新刊広告で知ったのではと思うのですがはっきりしません。北さんは50歳過ぎてからのデビューで作家生活は5年位だつたのでは私も残された作品を折々に読んでみたいです。
YAKESANKANSAN@rabenda0616 北重人さんを目標にされていた葉室麟さんが直木賞を取られましたから、きっと受賞されていたと思いますね。藤沢周平は鶴岡市で武士の町、北重人さんは隣の酒田は商人の町、そのあたり違いがでるのですかね…ま、あんまり関係ないかな
meihuku2009年に胃がんで逝去され、今日で14回目の命日を迎える作家、北重人さんのご冥福をお祈りします。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    北重人さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)