トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 辻村深月

辻村深月

辻村深月さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

辻村 深月(つじむら みづき、1980年2月29日 - )は、日本の小説家。山梨県笛吹市出身。
山梨学院大学附属高等学校から千葉大学教育学部卒業。2004年「冷たい校舎の時は止まる」で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。
幼い頃から読書好きで、「シャーロック・ホームズシリーズ」や「少年探偵団シリーズ」などのミステリーから、『ズッコケ三人組』や『クレヨン王国』などのジュブナイルなどを読んでいた。
小学校3年生で「悪霊シリーズ」でホラー小説に出会い、夢中になる。クラスで同シリーズも入っている講談社X文庫ティーンズハートが流行して、感化された小説を書き始めたので、自分も「小説は書いてもいい」と気付き、ノート数冊にホラー調の習作小説を書く。
小学校6年生の時に綾辻行人の『十角館の殺人』を読んで衝撃を受けて以来大ファンとなる。その後、綾辻の作品を読み漁り、何度もファンレターを送り、編集部の厚意で綾辻本人と手紙やメールを交わす間柄となったほどである。
デビュー作『冷たい校舎の時は止まる』は、高校生の頃から書き始め、その後大学4年間で書き上げた。かなりの長編であり、この枚数を受け入れてくれること、『十角館の殺人』と同じレーベルから出版されるということを考え、メフィスト賞に応募した。受賞は、打ち合わせの編集者に聞いた綾辻本人からの電話で知った。同作のヒロインに自分と同じ「辻村深月」と付けたのは、多くのミステリ作家に倣ったためである。
幼少期から『ドラえもん』や『パーマン』など藤子・F・不二雄作品のファンであり、『凍りのくじら』では各章にひみつ道具の名前を付けるというスタイルをとった。
また、ゲーム好きでもあり、『女神転生』や『天外魔境』のファンである。特に前者からは「絶対的なものがない世界観に衝撃を受けた」と語り、強い影響を受けていることを公言している。

辻村深月新刊

  • 発売日
    2017年9月6日
  • 書名
    ハケンアニメ! (マガジンハウス文庫 つ 2-1)
  • 発売日
    2017年7月14日
  • 書名
    ナベちゃんのヨメ (Kindle Single)
  • 発売日
    2017年7月14日
  • 書名
    パッとしない子 (Kindle Single)

受賞歴

辻村深月関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

辻村深月関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

0421_new31tan辻村深月さんの「冷たい校舎の時は止まる」と米澤穂信さんの「ボトルネック」と伊坂幸太郎さんの「死神の精度」を聞かれた時にはオススメしてます( ˘ω˘ )他にも沢山いい本があるので是非是非様々な書物に触れてくださいな… https://t.co/dAagy5fMXo
novel_beginning落ちる、という声が本当にしていたかどうか。それは、今となってはもうよく思い出せない。冷たい校舎の時は止まる/辻村深月
atmadac「ただ仲が良くてもその人間のすべてを知っているわけじゃない。人間は多面的で様々な顔がある。学校での顔、家庭での顔、一人でいる時の顔、異性といるときの顔。——そのいくつを知り、いくつを知らないんだろう・・・・」 辻村深月『冷たい校舎の時は止まる』
erctrnics48辻村深月作『盲目的な恋と友情』の表装がとっても素敵 https://t.co/bsfq9K44VJ
qmabungaku【タイピング】2012年に第147回直木賞を受賞した辻村深月の短篇集は『○のない夢を見る』?○の漢字をひらがなで答えなさい→かぎ(鍵)
half09kbn09897「自分のために一生懸命になってくれる誰かがいること。自分が誰かにとってのかけがえのない人間であることを思い出すことでしか、馬鹿にされて傷ついた心は修復しないと、僕の友達が言っていました。よく、頑張りましたね」(辻村深月「ぼくのメジャースプーン」)
watatsukukotobaだけど、悪いのは自分だと認めなくちゃ。全部を自分の責任だと認めて、その上で自分に実力がないんだと、そう思って諦めなくちゃならない。精一杯、本当にギリギリのところまでやった人にしか、諦めることなんてできない。挫折って、だから本当はすごく難しい(辻村深月/凍りのくじら)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
辻村深月さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)