トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 乾くるみ

乾くるみ

乾くるみさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

乾 くるみ(いぬい くるみ、1963年10月30日 - )は、日本の小説家・推理作家。静岡県静岡市出身。静岡大学理学部数学科卒業。男性。別名義である市川 尚吾(いちかわ しょうご)名義では評論活動を行っている。
小学生の頃からミステリーが好きで、中学の頃には横溝正史や江戸川乱歩賞受賞作を読み漁る。高校生になるとジョン・ディクスン・カーなどの海外ミステリーにも興味を広げ、同時に自らも執筆活動を始める。大学在学中には江戸川乱歩賞に初応募するが、一次選考にも残らなかった。大学卒業後はIT企業に就職し、ソフトの開発業に従事する。
1998年に『Jの神話』で第4回メフィスト賞を受賞し、34歳で作家デビュー。続く2作目の『匣の中』では、四大奇書と呼ばれる竹本健治の『匣の中の失楽』にオマージュをささげた。三作目の『塔の断章』では断章のタイトルどおり、各エピソードが時間軸ばらばらに並べられている実験的な作品だった。2004年に刊行した『イニシエーション・ラブ』はその年の「このミステリーがすごい」で第12位、「本格ミステリベスト10」で第6位と高く評価される。2005年に同作で第58回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)候補作となる。2007年に同作が文庫化されると、雑誌やテレビ番組などでたびたび紹介されロングヒットとなり、2014年4月に100万部に達した。

受賞歴

乾くるみ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

乾くるみ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hit4boy乾くるみ『イニシエーションラブ』男女関係の中に存在する狡猾さをミステリタッチで描いた恋愛小説です。考え抜かれたひとつひとつの行動が、あまりに自然体であるがゆえに薄ら寒さを覚えます。嫌悪感をもよおさせるほどリアルとは言えるでしょうね。https://t.co/OzFI7JuFrS
Kengo___bot恋愛経験の浅い人ほど、乾くるみの作品への印象は強いものと自分は思う。主人公に感情移入が強くなるほどラストで滅多打ちにされて、苦しいと言うよりも納得で溜め息がこぼれる
tubutubu_mkn初めて恋愛を経験したときには誰でも、この愛は絶対だって思い込む。絶対って言葉を使っちゃう。でも人間には-この世の中には、絶対なんてことはないんだよって、いつかわかるときがくる。それがわかるようになって初めて大人になるっていうのかな。by乾くるみ
novel_beginning望月がその晩、四人目として誰を呼ぶ予定だったのか知らないが、僕はそいつに一生分の感謝を捧げなければならないだろう。イニシエーション・ラブ/乾くるみ
tatsumi_cover乾くるみ「匣の中」(1998)講談社ノベルス https://t.co/9ClvWItMVw
bttN2ZeFfIeF6sA@moto_kkr_ @cheriematoco はじめまして。私の周りの本好きの人に聞いて見ました。本の内容に惹かれるらしく、宮部みゆき、東野圭吾、乾くるみ、村上春樹、高田郁、百田尚樹、群ようこ、湊かなえさんたちと作家の名前が… https://t.co/ypRA4fEJE8
yuuki_s62@Latte___chan 人生を変えた→石田衣良「空は、今日も、青いか?」「傷つきやすくなった世界で」「坂の下の湖」感動した→五木寛之「大河の一滴」おすすめ→乾くるみ「リピート」一番好き→綾辻行人「黒猫館の殺人」です!!
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
乾くるみさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)