トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 乾くるみ

乾くるみ

乾くるみさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

乾 くるみ(いぬい くるみ、1963年10月30日 - )は、日本の小説家・推理作家。静岡県静岡市出身。静岡大学理学部数学科卒業。男性。別名義である市川 尚吾(いちかわ しょうご)名義では評論活動を行っている。
小学生の頃からミステリーが好きで、中学の頃には横溝正史や江戸川乱歩賞受賞作を読み漁る。高校生になるとジョン・ディクスン・カーなどの海外ミステリーにも興味を広げ、同時に自らも執筆活動を始める。大学在学中には江戸川乱歩賞に初応募するが、一次選考にも残らなかった。大学卒業後はIT企業に就職し、ソフトの開発業に従事する。
1998年に『Jの神話』で第4回メフィスト賞を受賞し、34歳で作家デビュー。続く2作目の『匣の中』では、四大奇書と呼ばれる竹本健治の『匣の中の失楽』にオマージュをささげた。三作目の『塔の断章』では断章のタイトルどおり、各エピソードが時間軸ばらばらに並べられている実験的な作品だった。2004年に刊行した『イニシエーション・ラブ』はその年の「このミステリーがすごい」で第12位、「本格ミステリベスト10」で第6位と高く評価される。2005年に同作で第58回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)候補作となる。2007年に同作が文庫化されると、雑誌やテレビ番組などでたびたび紹介されロングヒットとなり、2014年4月に100万部に達した。

受賞歴

乾くるみ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

乾くるみ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

HalevyWOfficer久しぶりに、面白い小説読んだ。まぁラノベだけど、乾くるみの「イニシエーションラブ」に近いものを感じた。でも、残念な事に結末が少しよめてしまった。なんかこの先もよめる
kengo___bot_2nd乾くるみの「イニシエーション・ラブ」を高校時代に読んでいて、自分にも通過儀礼のような体験があるのか疑問を抱いていたが、そもそもあの本は叙述トリックの印象が強すぎて、中身がイマイチ覚えていない。
kanade_tnzm今までハマったのは唯川恵、東野圭吾、貴志祐介、湊かなえ、乾くるみかな。みなさん割とダークな感じの作風ですね。東野圭吾のぞく。
mayayutakabot「人狼作家」(原書房)麻耶先生が人狼ゲームに青崎有吾、我孫子武丸、天祢涼、乾くるみ、北山猛邦、千澤のり子、深水黎一郎、汀こるもの、遊井かなめの9氏とともに挑戦!人狼が誰かという推理とともに麻耶先生がどの役柄を演じているかもぜひ推理してみて下さい!麻耶ファンならすぐわかるかも?笑
ma_shi_0403いまさらだけど、イニシエーションラブ見た。面白い...昨日から乾くるみに浸ってる
jllo3olll乾くるみ「セカンド・ラブ」読了。最後の二文の意味が初見でよくわからず、最初と最後だけを数回読み直してやっと納得。面白かったけど、同作者の「リピート」「イニシエーション・ラブ」ほどの爽快感はなかった。読者にとっても作者にとっても「イニシエーション・ラブの次の作品」でしかない感じ。
losysovanos初めて恋愛を経験したときには誰でも、この愛は絶対だって思い込む。絶対って言葉を使っちゃう。でも人間には、この世の中には、絶対なんてことはないんだよって、いつかわかるときがくる。それがわかるようになって初めて大人になるっていうのかな。 乾くるみ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
乾くるみさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)