トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 殊能将之

殊能将之

殊能将之さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

殊能 将之(しゅのう まさゆき、1964年1月19日 - 2013年2月11日)は、日本の推理作家。生前は覆面作家だったが、死後、本名:田波正と発表された。
福井県出身。福井県立藤島高等学校卒業。高校時代から『SFマガジン』の石原藤夫のコラム等に登場し「福井の天才」と呼ばれる。
名古屋大学理学部中退。在学中は名古屋大学SF研究会に所属し、SF、ミステリ、アニメ等の評論を発表。また、名古屋で勤務していたSF評論家中村融と親交を結び、のちに殊能日記に「知人」として頻繁に登場することになる。北沢克彦名義で翻訳した、F.M.バズビー「きみの話をしてくれないか」は、後に巽孝之編『この不思議な地球で』(紀伊國屋書店、1996年)に収録された。
中退後に上京し、セミプロジン『SFの本』の編集長だった志賀隆生が主催の編集プロダクション「オブスキュア・インク」に勤める。この頃、多数の個人ファンジンを製作。その後、体調を崩して退職して帰郷。作家デビュー後も常に福井在住だった。
1999年に殊能将之の筆名で『ハサミ男』で第13回メフィスト賞を受賞してデビュー。
断片的な情報以外一切の個人情報を明かさない覆面作家であった。ペンネームは、『楚辞』の一編、屈原「天問」の“殊能将之”(しゅのうもてこれをひきいたる=特殊な才能でこれ“軍勢”を率いる)という言葉からとられた。
独特のセンスと問題意識からくる創作法を持っており、博識とサーカズムを織り交ぜつつミステリの定石を組み替えるスタイルを得意とする。例えば「キマイラの新しい城」の巻末には大量の「参考文献」表示があるが、解説を担当したSF評論家福本直美は「手元にある参考文献に目をとおしたが、この作品の内容とはほとんど無関係であり、それがこの作家の独特なところである」と説明している。
公式サイトの日記において、SFとミステリ(特に本格ミステリ)の熱烈なマニアだとわかる。特に愛好するのは、アメリカの作家であるアヴラム・デイヴィッドスンと、フランスの本格ミステリ作家ポール・アルテ。デイヴィッドスンについては、日本オリジナル短編集『どんがらがん』の編者を担当し、アルテについては、原語でいくつもの作品を読破し、読書日記においてその感想を述べたほか、作品の順位付けも行っていた。
蘊蓄や言葉遊び、創作料理を好み、作品にもそれらがガジェットとして登場していたが、自身の公式サイトを持ってからはその傾向はなくなった。
短編「キラキラコウモリ」(『ウフ.』2008年5月号掲載)以降、作家として公の活動はしていなかったが、公式サイトの日記(「memo」と称していた)・Twitterは頻繁に更新していた。
2013年2月11日に死去。1964|1|19|2013|2|11。
2016年に刊行された『殊能将之 未発表短篇集』の巻末に収録された、大森望による「解説」で、「田波正」としての詳細なプロフィールが紹介された。
2016年、『殊能将之 読書日記 2000-2009』が第47回星雲賞ノンフィクション部門の参考候補となる。

受賞歴

殊能将之関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

殊能将之関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

bot_e_d【ハサミ男】著/殊能将之丁寧に仕掛けられたトリックに読者は欺かれる事間違い無し。<あらすじ>連続美少女殺人事件。死体ののどに突き立てられたハサミ。その残虐性から「ハサミ男」と名づけられたシリアル・キラーが、自分の犯行を真似た第三の殺人の真犯人を捜す羽目に。
sasakisisakisi待ってろ〜殊能将之と講談社 今絶対に生き返らせてやるからな
scary244【ハサミ男 (講談社文庫)/殊能 将之】主に既に2人を殺した殺人犯の視点から描かれる。その2人を殺した動機や警察の捜査状況は不明。自殺願望に酔う犯人。さらに獲物を見つけて殺人計画を練るが、ニセモ… → https://t.co/JYB7Pb8PoL #bookmeter
asm_itm「TUGUMI」|吉本ばなな「ハサミ男」|殊能将之「妖怪シリーズ」|京極夏彦「鉱物シリーズ」|五條瑛「十二国記シリーズ」|小野不由美「魔術はささやく」|宮部みゆき「黄金を抱いて翔べ」|高村薫「S&Mシリーズ」|森博嗣… https://t.co/t1K6pnoumh
8kYiQwyme0cIpxE【美濃牛 (講談社ノベルス)/殊能 将之】同作者の『黒い仏』を読んだ上での感想である。人ならぬものの存在を匂わすような描写に対しては賛否が分かれそうだ。しかし、裏では怪物がうごめいているファンタ… → https://t.co/5ddOVkxo8o #bookmeter
mystery_hyt殊能将之『ハサミ男』は「ごはんがおいしそうなミステリ」としてもっと評価されるべきだと思う。珍しく食欲の落ちていた時に読んだら、どんぶり5杯おかわりできた。ところで、レンズ豆のカレーが食べたい。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
殊能将之さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)