トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 大谷羊太郎

大谷羊太郎

大谷羊太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

大谷 羊太郎(おおたに ようたろう、1931年2月16日 - )は、日本の小説家、推理作家。本名、大谷一夫。東大阪市生れ、埼玉県浦和市(現:さいたま市浦和区)出身。埼玉県立浦和高等学校卒、慶應義塾大学国文科中退。
大学在学中にプロミュージシャンとしてデビュー。後、「秀和プランニング」で克美しげるのマネージャー。1966年、『四つのギター』が第12回江戸川乱歩賞候補(本名で投稿)。1968年、第15回乱歩賞候補の『死を運ぶギター』(『美談の報酬』改題)でデビュー。翌年には『虚妄の残影』で再び乱歩賞候補、その翌年に『殺意の演奏』で第16回乱歩賞を受賞。
芸能界での生活を活かし、芸能界を舞台とした密室もので広く読者を獲得。八木沢警部補という名探偵を創り出した。共同覆面作家・鷹見緋沙子の一員(ほかは草野唯雄、天藤真)。代表作に、『真夜中の殺意』『悪人は三度死ぬ』など。
小説家に憧れていた母親によって、子供のころから新聞小説を読まされていたが、当初は小説家になる気は起きなかったという。大学時代は純文学に傾倒。終戦後、アメリカ音楽に心酔し、スチールギターを弾くようになる。父の破産後はバンドマンとなり、芸能界入り。
だが、「浮草稼業」から脱却するため、江戸川乱歩賞に応募するようになる。三回落選の後、『殺意の演奏』でようやく受賞。社会派ミステリーが全盛で、トリック主体のものが冷遇されていた中で、森村誠一、斎藤栄らとともに謎解き中心の作品群を発表した。その後、サスペンスに転じ、現在は旅情ミステリーものを主に書いている。
現在、さいたま文藝家協会賞選考委員を務める。また、さいたま市スポーツ文学賞(旧「浦和スポーツ文学賞」)では1994年の賞創設当時から選考委員を続けている。

受賞歴

大谷羊太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

大谷羊太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

8WcFzmabv7LNv4xクラッシュ?ブレイズ 追憶のカレン (C★NOVELS)https://t.co/fpzyordvpa町田忠道 織守きょうや 淡谷のり子 初芝清 中村博亮 鈴木尚典 大谷羊太郎 つくみず 北村英三 翠玲 筒井壮 アール?モ… https://t.co/QFYBa20lo7
epgSnP93xQEPbYj東大式恋愛術https://t.co/Ec36eBxiuE福ノ島裕士 大谷羊太郎 マーカス?ジョーンズ 大沢朋也 瀧見山延雄 GReeeeN 黒沢年雄 続?星の金貨 加納慎二郎 安西マリア 萩森城 本田健司 山内麻里子 佐… https://t.co/ofBwoSPPdO
3GjtJaeAFLGy9eI水の家系第27代陰陽師 指南 念https://t.co/tmdtSGI4SA長石多可男 野口寛 ウォーキング?デッド 二宮正己 三島たけし(抄) 三田城(車瀬城) 大谷羊太郎 カフカ(高橋義孝 ファセッタズム 細貝聡 久… https://t.co/lwHnRyTNpE
ONASrexZN3IYOwP科学で読み解く笑いの方程式[上巻]https://t.co/vFDe4cDoUS米山哲郎 鬼竜山雷八 風と共に去りぬ 細川功 橋上秀樹 藤原 大谷羊太郎 後藤羽矢子 あさのハジメ 青木愛 桜井汐里 松本晶恵 侯英超 光川環… https://t.co/qWzEs2AsKY
JHWA19はてなブログに投稿しました #はてなブログ #大谷羊太郎 #第二次世界大戦 #終戦 終戦の日に寄せて(大谷羊太郎) - 日本歴史時代作家協会 公式ブログhttps://t.co/EtaT86wTQn
q80NQgU2eFgqlTO花を呑む 「弥勒」シリーズ (光文社文庫)https://t.co/iv3dnVMwgC島紘子 舟橋聖一 大谷羊太郎 槇みちる 若越英雄 福王子神社 栗林知美 大河内英樹 山西尊裕 休みの国 レン?バーニー 小野輝彦 丹羽… https://t.co/Oe4aoqAoLX
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
大谷羊太郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)