トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 大谷羊太郎

大谷羊太郎

大谷羊太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

大谷 羊太郎(おおたに ようたろう、1931年2月16日 - )は、日本の小説家、推理作家。本名、大谷一夫。東大阪市生れ、埼玉県浦和市(現:さいたま市浦和区)出身。埼玉県立浦和高等学校卒、慶應義塾大学国文科中退。
大学在学中にプロミュージシャンとしてデビュー。後、「秀和プランニング」で克美しげるのマネージャー。1966年、『四つのギター』が第12回江戸川乱歩賞候補(本名で投稿)。1968年、第15回乱歩賞候補の『死を運ぶギター』(『美談の報酬』改題)でデビュー。翌年には『虚妄の残影』で再び乱歩賞候補、その翌年に『殺意の演奏』で第16回乱歩賞を受賞。
芸能界での生活を活かし、芸能界を舞台とした密室もので広く読者を獲得。八木沢警部補という名探偵を創り出した。共同覆面作家・鷹見緋沙子の一員(ほかは草野唯雄、天藤真)。代表作に、『真夜中の殺意』『悪人は三度死ぬ』など。
小説家に憧れていた母親によって、子供のころから新聞小説を読まされていたが、当初は小説家になる気は起きなかったという。大学時代は純文学に傾倒。終戦後、アメリカ音楽に心酔し、スチールギターを弾くようになる。父の破産後はバンドマンとなり、芸能界入り。
だが、「浮草稼業」から脱却するため、江戸川乱歩賞に応募するようになる。三回落選の後、『殺意の演奏』でようやく受賞。社会派ミステリーが全盛で、トリック主体のものが冷遇されていた中で、森村誠一、斎藤栄らとともに謎解き中心の作品群を発表した。その後、サスペンスに転じ、現在は旅情ミステリーものを主に書いている。
現在、さいたま文藝家協会賞選考委員を務める。また、さいたま市スポーツ文学賞(旧「浦和スポーツ文学賞」)では1994年の賞創設当時から選考委員を続けている。

受賞歴

大谷羊太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

大谷羊太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mys_tra大谷羊太郎『越後七浦殺人海岸』[1990年1月刊]読了(再読)初刊時、「入れかわった死体」の副題が付されていた〈八木沢庄一郎警部補シリーズ〉第2作。https://t.co/Po90Y3uBne
adrenalizebook大谷羊太郎・著『失踪殺人事件』https://t.co/rXUIxzBRND資産家で実業家の妻に頭のあがらない川名行夫は、旅行中に知り合った牧野小夜子と老神温泉で一夜を共にする。ところが翌朝、小夜子は、彼女を追いかけてきた二人… https://t.co/4aI0iNKYCV
golem20160504@mysdance1811 『殺人航路』って別題はなかったでしょうか。『御神火殺人事件』? 昔は大谷羊太郎に凝った時期があったんですが、新世紀になってからはご無沙汰です(>_<)
mysdance18112020年4冊目、読了。大谷羊太郎「殺人航路」。大谷先生の作品、ついに見つけて購読。伊豆大島を鍵の舞台としたサスペンス的ミステリーで、ハラハラするストーリー展開から複数の事件が段々と絡み合ってくる流れの絶妙な調整具合が素晴らしい。… https://t.co/raH3X0Dv3t
junh33@junh33 【新刊お知らせ】大谷羊太郎『北の聖夜殺人事件』 https://t.co/N8TfQTUtmm #ブクログ新刊
kimusin8@kimusin8 【新刊お知らせ】大谷羊太郎『浅間嬬恋殺人迷路』 https://t.co/EdT5MlJk8M #ブクログ新刊
lamb_br【女の万華鏡】ミステリー作家・大谷羊太郎氏のショートショート『女の万華鏡』シリーズの朗読動画進行中です →→2020年公開予定
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
大谷羊太郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)