トップページ > 作家名一覧 > ひから始まる作家名一覧 > 平山瑞穂

平山瑞穂

平山瑞穂さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

平山 瑞穂(ひらやま みずほ、1968年9月6日 - )は日本の小説家。男性。
1968年東京生まれ。立教大学社会学部卒業。2004年、『ラス・マンチャス通信』で第16回日本ファンタジーノベル大賞受賞、同年暮、受賞作が新潮社より刊行されデビュー。会社勤務の傍ら執筆活動を続けていたが、2011年2月より専業作家として活動している。
小説家・随筆家の平山蘆江は曾祖父。
祖母は元タカラジェンヌで宝塚歌劇団卒業生でもある、宝塚歌劇団14期生の近江ひさ子。
父は日本文学研究者の平山城児、母は1962年に『白猫』で芥川龍之介賞候補にあがった加藤浩子。
雑誌「PRESIDENT(プレジデント)2008.1.14号」にて、「連日深夜3時まで執筆をして体を壊したことがあった。今は、必ず5時間は睡眠時間を確保するようにしている」と語っている。
1作ごとに作風を大胆に変える手法で知られるが、これについて本人は「手法として選んでいることではなく、結果としてそうなってしまった」「世間で言われるほどそれぞれの作品が違っているとは思っていない。底に流れるものは常に一貫しているし、どの作品にも、それまでに書いたあらゆる作品のエッセンスが顔を覗かせる瞬間が必ずあると思う」と発言している。

受賞歴

平山瑞穂関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2014.12.22 きらら熱烈インタビュー 第116回 平山瑞穂さん

    明治時代に実在した伝説の彫り師をモデルにドラマティックな時代小説『彫千代 Emperor of the Tattoo』を発表した平山瑞穂さん。有隣堂伊勢佐木町本店の佐伯敦子さんと、新栄堂書店サンシャインアルパ店の新井理恵さんが、新作執筆の舞台裏を探りました。

  • 2013.4.19 きらら熱烈インタビュー 第95回 平山瑞穂さん

    言葉のプロである小説家が、自身の執筆中の作品にも似た"もうひとつの世界"に迷い込む『ルドヴィカがいる』を上梓した平山瑞穂さん。

  • 2010.9.1 きらら著者インタビュー 平山瑞穂『マザー』

    集大成を書いたことで軽くピリオドを打って、これから第二期始動、ということにしようと思っています。  人の記憶とは確かなものなのだろうか。もしもそれが、誰かに操られているものだとしたら? 目の前にいる人が、誰かによって作り出された人間だとしたら? 平山瑞穂さんの新作長編『マザー』は、都市伝説の謎を追ううちに壮大なテーマに突き当たる衝撃作。好きな要素をすべて盛り込んだという、現時点での集大成といえる本書にこめた思いとは。

平山瑞穂関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

amaebooknewさもなくば黙れ (平山瑞穂) が、5%OFFでKindle化されました。月曜配信。https://t.co/clvHPyMB1o
Mho1QWfCW8FTxyY平山瑞穂『エンタメ小説家の失敗学』
kageoTK平山瑞穂さんのラス・マンチャス通信を読了しました。処女作にして日本ファンタジーノベル大賞受賞作です。一応ホラーになる…のか?不思議な読後感。とびきり変な作品であることは間違いありません
kinokuniyanewさもなくば黙れ (平山瑞穂) が、紀伊國屋電子書籍ストアで予約開始されました。月曜配信。https://t.co/kGvaGeQbGI
sh41tsu9エンタメ小説家の失敗学平山瑞穂自らの作家経験をあまりにも赤裸々に晒す、ある意味私小説。大丈夫なのコレ?いまの出版界を見ればだいたい想像つくところだけど残酷な世界。作家志望者は必読。編集者とのやりとりなど参考になる。… https://t.co/8r5kPBOoAQ
mohejinosuke新海誠、稲田豊史、平山瑞穂の作品から“共感”を考える|山本英治 AKA ほなね爺 @honane #note https://t.co/vkaEw4kP3d
3007mimiブロッコリーとカリフラワーの2色炒め、当時付き合ってた人から教わった気がしてたけど違った、けしざきさんだった。みたいな話を2010年のログから発掘。ファンタジーノベル大賞に拘ってたわけではないのに、日記のログにやたらと平山瑞穂と西崎憲、あと森見登美彦が出てくる謎。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    平山瑞穂さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)