トップページ > 公募新人賞一覧 > 日本ファンタジーノベル大賞 > 2004年−第16回 日本ファンタジーノベル大賞

日本ファンタジーノベル大賞

2004年−第16回 日本ファンタジーノベル大賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

日本ファンタジーノベル大賞(にほんファンタジーノベルたいしょう)とは、未発表の創作ファンタジー小説を対象とした公募型の文学賞。プロ・アマを問わない。1989年創設。受賞作品は新潮社から刊行される。候補作には挙がったものの、恩田陸や小野不由美、高野史緒など入賞していない作品でも優れていれば刊行された。発表誌は『小説新潮』。大賞受賞作品が同誌に全文掲載されていたこともある。

第16回—2004年

その他の回のデータ(全データ一括表示

日本ファンタジーノベル大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2021.1.23 作家の読書道 第225回:町田そのこさん

    2020年に刊行した『52ヘルツのクジラたち』が未来屋小説大賞、ブランチBOOK大賞を受賞するなど話題を集めている町田そのこさん。少女時代から小説家に憧れ、大人になってから新人賞の投稿をはじめた背景には、一人の作家への熱い思いが。その作家、氷室冴子さんや、読書遍歴についてお話をうかがっています。

  • 2021.1.20 芥川賞は宇佐見りんさん・直木賞は西條奈加さん

    芥川賞と直木賞の選考会が開かれ、芥川賞に宇佐見りんさんの「推し、燃ゆ」が、直木賞に西條奈加さんの「心淋し川」(うらさびしがわ)が、それぞれ選ばれました。

  • 2020.4.14 【今週はこれを読め! SF編】ふたつの偽史が結ぶ真実の因果

    日本ファンタジーノベル大賞2019受賞作。古代中国を思わせる世界「伍州」を舞台とした伝奇ファンタジイだが、テキストの構成に再帰的な企みがあり、なおかつ超弩級スペクタクルのSF的アイデアが投入される。じつに読みどころの多い作品である。ヒロイン「瑤花」の飄然としたキャラクターも魅力的だ。

日本ファンタジーノベル大賞関連つぶやき

szgmt【1月13日生まれの静岡ゆかりの人】涼元悠一。1969年生。清水区出身のシナリオライター、小説家。清水東高OB。『青猫の街』が日本ファンタジーノベル大賞優秀賞。『CLANNAD』『planetarian』のシナリオ担当。 https://t.co/OsKQgyvwaW
raisen_bot2_qmaNo.215 次の森見登美彦の小説と受賞した文学賞の正しい組み合わせを選びなさい⇒ペンギン・ハイウェイ―日本SF大賞、夜は短し歩けよ乙女―山本周五郎賞、太陽の塔―日本ファンタジーノベル賞
Brother_Nobu_このミス大賞を受賞した「トギオ」はそもそも推理小説なんでしょうかね。内容だけだったらこのミス大賞より日本ファンタジーノベル大賞の方が適切な気がします。
nao_ming_ming日本ファンタジーノベル大賞の作家たち(レビュー)(Book Bang) https://t.co/MlASOnU833
BookBang_jp日本ファンタジーノベル大賞の作家たち
raisen_bot_qmaNo.644 次の森見登美彦の小説と受賞した文学賞の正しい組み合わせを選びなさい⇒太陽の塔―日本ファンタジーノベル大賞、夜は短し歩けよ乙女―山本周五郎賞、ペンギン・ハイウェイ―日本SF大賞
fumikoamber岸本惟『迷子の龍は夜明けを待ちわびる』#読了2020年日本ファンタジーノベル大賞受賞作龍や霊魂、動く動く植物といったファンタジックな要素が、「天空族」という架空の少数民族のいる現代日本風の世界に自然に溶け込んでいる落ち着きのあるエブリディマジックといった印象
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)