トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 小林恭二

小林恭二

小林恭二さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

小林 恭二(こばやし きょうじ、1957年11月9日 - )は、日本の小説家、俳人。専修大学文学部教授。メタ・フィクション的なユーモアに富んだ作風で知られる。
兵庫県西宮市生まれ。父親は神戸製鋼専務取締役を務めた小林俊夫。父は奇矯な人物で、第一高等学校在学時代に橋川文三と親友になり、1970年三島由紀夫が自殺した際、橋川が父のところへ来たという。
東京大学文学部美学芸術学専修課程卒業。同学科に宮城聰がいた。東京大学在学中には東大学生俳句会に所属し、のちに『俳句という遊び』『短歌パラダイス』といった著作で、「句会」「歌会」の楽しさを一般に紹介する。
1984年に『電話男』第3回海燕新人文学賞を受賞してデビュー。1985年には『小説伝』が第94回芥川賞候補となった。
1998年、第11回三島由紀夫賞を『カブキの日』で受賞。その前には作家廃業を考え、筒井康隆に相談して慰留されたという。
2004年専修大学教授となる。
筒井康隆、堀晃、薄井ゆうじ、佐藤亜紀との5名で、「JALInet」(JAPAN LITERATURE net)を創設。

受賞歴

小林恭二関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

小林恭二関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yossy_dr【定期】好きな作家 志賀直哉/夏目漱石/谷崎潤一郎/三島由紀夫/大江健三郎/中上健次/星新一/村上春樹/谷川俊太郎/筒井康隆/高橋源一郎/島田雅彦/小林恭二/橋本治/川上弘美/江國香織
orisawa30321連続手癖小説を授業で合評した。みんな読ませる気がない とか、振り回される とか、私の狙い(?)通りの反応で楽しく話を聞けて良かった。教授には似ている作品、読んで思い出した作品として、小島信夫の『別れる理由』と小林恭二の『小説伝』を教えられた。読まなきゃなと思いました。
2009Kamisaku「邪悪なる小説集」(小林恭二) 岩波書店 を @amazonから出品しました #かみふくおか作業所 http//:https://t.co/3zMFf63LZg
tsatie小林恭二さんだったかの電話男も忘れずに♬ https://t.co/wp8YwVDmvY
hajime_kuri@nBG0iDHCPeO5AtT @SuzuFujiwara902 実は全編説明だけという作品もありまして、「ゼウスガーデン衰亡史」(小林恭二・ハルキ文庫)という傑作です。
cobol_amaki@appgennari @alpaca_yahoo 私も間違えたことあります!(人が自分と同じ間違えしてるとちょっと嬉しくなるのでした)小林泰三さんと小林恭二さんは、ぱっと見字体がそっくりで北村薫さんと高村薫さんより間違えますよね。書店や図書館で隣に並んでるせいもあるかな。
alpaca_yahoo@appgennari SFと短歌に興味ありでしたらご存じかもしれまぬが小林恭二さんは読まれてたでしょうか。「ゼウスガーデン衰亡史」は日本SFの金字塔だと思いますが、作者は俳句と短歌の方が大学の専門で『この俳句がスゴい』『短歌パラ… https://t.co/z3xOjXfbGx
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
小林恭二さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)