トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 角田光代

角田光代

角田光代さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

角田 光代(かくた みつよ、1967年3月8日 - )は、日本の作家、小説家、翻訳家。
神奈川県横浜市出身から捜真女学校中学部・高等学部を経て早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。大学では学生劇団「てあとろ50'」に所属。大学在学中の1988年、彩河杏名義で書いた「お子様ランチ・ロックソース」で上期コバルト・ノベル大賞受賞。ジュニア小説というジャンルでのデビューだったが、のちにこれは自分が望んでいたジャンルでは無かったと話している。
大学を卒業して1年後の1990年、「幸福な遊戯」で第9回海燕新人文学賞を受賞し、角田光代としてデビュー。1996年に『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞を受賞したほか、数度芥川賞の候補に挙がった。2005年、『対岸の彼女』で第132回直木三十五賞受賞。『キッドナップ・ツアー』など児童文学も手がけている。
私生活では、2006年に芥川賞作家の伊藤たかみとの結婚が発表されていたが、2008年に一部雑誌で離婚が報じられる。
学生時代からボクシングを始め、2013年現在も輪島功一のボクシングジムに通っている。
作家になるのを志したのは小学校1年生の時であった。他に特になりたい職業はなかったという阿川佐和子 他|2014|p=47。大学二年の時、初めて小説を書く。角田によれば失恋した直後であり、それを主題としたという阿川佐和子 他|2014|p=47。初めての作品を秦恒平に褒められたため、角田は「いい気になって次々書き始めた」と語っている阿川佐和子 他|2014|p=47。角田は一途に作家になることだけを夢見ており、大学を「職業訓練所」という施設として見ていた阿川佐和子 他|2014|p=48。
海燕新人文学賞を受賞した折、同時に受賞した松村栄子の方が注目され、松村の作品が芥川賞候補になったのを見て、角田は非常に強い羨望を抱いた阿川佐和子 他|2014|p=49。20代後半に差し掛かり、角田曰く、「書いても書いてもあるサイクルから抜け出せない」状態に陥った阿川佐和子 他|2014|p=49。その後、純文学の文芸誌以外の物書きを始め、それが転機となった阿川佐和子 他|2014|p=49。
海燕の当時の編集長からは、「作品が厭世的すぎる。もっと希望のある内容を書け」と長年指摘されていた。角田はそれに薄々理解をしていたが認めたくなかったと語っている阿川佐和子 他|2014|p=50。『空中庭園』に対して、久世光彦がBRIOに書いた書評も転機となったという。久世は『空中庭園』を褒めながらも、最後に「だから何なの?」という指摘をしており、角田は衝撃を受けた阿川佐和子 他|2014|p=50。そして、「薄々理解をしていたが認めたくなかった」ことが、この久世の指摘で一気に分かった、と語っている阿川佐和子 他|2014|p=50。
角田は幼稚園時代、他の子供達よりも体格が小さく、よく喋れず、失禁や鼻水を垂らすなどの行動があった。そのため周りからおかしい子供と思われており、それがコンプレックスであった。このコンプレックスが自身を本好きにさせた理由と角田は自己分析している阿川佐和子 他|2014|p=51。当時は、字はまだ読めなかったので、絵本から入ったという阿川佐和子 他|2014|p=51。昔のコンプレックスは今も残っていると角田は感じており、「いい加減忘れたいのに忘れられない、恨んでいる」「今でもちゃんと喋れている気がしない」「何かできているとしても、普通の人よりはできないという思いがある」と語っている阿川佐和子 他|2014|p=51。

角田光代新刊

  • 発売日
    2018年8月7日
  • 書名
    「いじめ」をめぐる物語 (朝日文庫)
  • 発売日
    2018年5月17日
  • 書名
    ほろ酔い天国 (ごきげん文藝)
  • 発売日
    2018年5月12日
  • 書名
    群像短篇名作選 2000~2014 (講談社文芸文庫)

受賞歴

角田光代関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

角田光代関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

liferens海燕新人文学賞を受賞/男女3人の共同生活/主人公は女子大生サトコ/角田光代のデビュー作 → 『幸福な遊戯』
deai_c今みんながあたしについて言っていることは、 あたしの問題じゃなく あの人たちの抱えている問題。 あたしのもつべき荷物じゃない。 人の抱えている問題を肩代わりして いっしょに悩んでやれるほど、 あたしは寛大じゃないよ。 by 角田光代、対岸の彼女
straysheep2939角田光代「かなたの子」もなかなかぞぞっとしますよ。
subarun69いまは角田光代の「かなたの子」読んでるんだけどこれは夏向きのうすぼんやりしたホラーだな…夕暮れに読みたいね…
xiaolongpao_mg「でもさ、ひとりでいるのがこわくなるようなたくさんの友だちよりも、ひとりでいてもこわくないと思わせてくれる何かと出会うことの方が、うんと大事な気が、今になってするんだよね」(角田光代『対岸の彼女』p.112)
365toyou「だってあんた、もし、なんてないんだよ。後悔したってそれ以外にないんだよ、何も。私がやってきたことがどんなに馬鹿げたことでも、それ以外はなんにもない、無、だよ。だったら損だよ、後悔なんてするだけ損。それしかなかったんだから」『ツリーハウス』(角田光代)
asayotakii発売中の「週刊新潮」文庫欄で、中脇初枝さん『世界の果てのこどもたち』(講談社文庫)、角田光代さん『ツリーハウス』(文春文庫)、藤原ていさん『流れる星は生きている』(中公文庫ほか)を紹介しました。満州からの引き揚げ繋がり。ロングセラー『流れる~』のみノンフィクションです。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
角田光代さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)