トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 小川洋子

小川洋子

小川洋子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

小川 洋子(おがわ ようこ、1962年3月30日 - )は、日本の小説家。
岡山県岡山市中区森下町出身。
小さいころ納戸にあった『家庭医学大事典』が最初の読書で、病気の説明や内臓の図を見る。小学1、2年からオレンジ色の表紙の『世界少年少女文学全集』を愛読する。小学校から図書室をよく利用する。また、こたつの中で空想にふける癖があり、高じて小説を書くようになったと述懐している。8歳か9歳で幼少習作『迷子のボタンちゃん』を書き、画用紙に清書しホチキスで綴じる。『家庭医学大事典』の病気の人の話も作る。小学校の図書室で『シートン動物記』、『ファーブル昆虫記』、「動物や恐竜の図鑑」、「科学者の伝記」を『家庭医学大事典』の影響で借り、児童小説の『若草物語』、『長くつ下のピッピ』、『メアリー・ポピンズ』も借りて同様に読んでいた。小中高とどんな女子グループにも入らなかった。
1973年6月、市内祇園町に転居。岡山市立高島小学校に転校。1974年4月、岡山市立竜操中学校に入学。
1977年4月、岡山県立岡山朝日高等学校入学。高校時代に『アンネの日記』を読み感銘を受ける。高校3年生の時、萩原朔太郎や中原中也の詩集を読む。読書範囲が広がり、立原道造、川端康成、太宰治、谷崎潤一郎を愛読する。自分の文学を求めて、大学は文芸を志す。推薦入学決定後に『万葉集』を読む。
1980年4月、早稲田大学第一文学部文芸専修に入学。小金井市にある金光教の女子寮に入る。入学してすぐに文学サークル「現代文学会」に入る。18歳の大学の夏休みに、岡山の古本屋の100円本売り場で金井美恵子『愛の生活』を買い、「自分もこういうものが書きたい」と自分の基本とする小説を発見し、その後も座右の書の1つにしている。
1984年3月、早稲田大学を卒業。倉敷市の川崎医科大学中央教員秘書室に就職。1986年9月21日、川崎製鉄の製鉄エンジニアの男性との結婚を機に退職し、小説の執筆に取り組む。夫は当初、小説を書いているのを知らなかった。
1988年、再度、海燕新人文学賞に応募する。大学の卒業論文として提出した「情けない週末」を書き直して『揚羽蝶が壊れる時』というタイトルで投稿。同年9月8日、海燕新人文学賞を受賞。『揚羽蝶が壊れる時』は『海燕』1988年11月号に掲載される。それまで手書きだったが、賞金でワープロを買い、それ以後パソコン導入まで使用する。
1989年8月、長男を出産。同年9月、最初の単行本『完璧な病室』(福武書店)を刊行。
1991年1月16日、妊娠した姉に対する妹の静かな悪意を描いた『妊娠カレンダー』が第104回(1990年下半期)芥川賞を受賞する。同作品はラジオドラマ化され、4日後の1月20日にNHK-FMで放送された。
2002年3月、夫の転勤のために兵庫県芦屋市に転居。
2004年、記憶が80分しかもたない数学博士と家政婦の母子との交流を描いた『博士の愛した数式』で読売文学賞、本屋大賞を受賞し、ベストセラーとなった。のちに文庫版は当時最速の2か月で100万部を突破した。同作は2006年に映画化された。2004年『ブラフマンの埋葬』で泉鏡花文学賞を受賞する。2005年には『薬指の標本』がフランスで映画化される。2006年『ミーナの行進』で谷崎潤一郎賞を受賞する。2013年『ことり』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞する。
2004年から2015年まで太宰治賞、2008年から2011年まで三島由紀夫賞、2011年から2018年まで読売文学賞の選考委員を務めた。
2007年7月から芥川賞、2013年から河合隼雄物語賞、2014年から野間文芸新人賞の選考委員を務めている。
2014年、『寡黙な死骸 みだらな弔い』の英語訳(英訳タイトル『Revenge』)がインデペンデント外国小説賞の最終候補にノミネートされたが受賞には至らなかった。
2020年、『密やかな結晶』の英語訳(英訳タイトル『The memory police』)がブッカー国際賞の最終候補にノミネートされたが受賞には至らなかった。それまで同賞にノミネートされた日本人の作品は大江健三郎の『水死』(英訳タイトル『Death by Water』)のみ(2016年)。

受賞歴

小川洋子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小川洋子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

wordsinbooksbot彼らの想像を超えた遠いどこかにいる、言葉さえ通じない誰かのもとに声を運ぶ、祈りにも似た行為だった。(小川洋子著、人質の朗読会)
cherrypinkgold_スケボー少年達が出てくる映画の片方はドキュメンタリーと聞いて本当に何となくだけど「映画館ではいいかな」と思いこれを買った『博士を愛した数式』の原作者でもあるんだなあとラジオ番組もしてるよね、 小川洋子さんって。 https://t.co/qGOb8Ja2lM
SawamuraKikoh「博士の愛した数式」を鑑賞。小川洋子の同名小説を映画化。80分しか記憶のもたない数学博士と、家政婦とその息子の心の交流を繊細に紡ぎ出す。お仕着せではない、優しい主張というものの素晴らしさを感じだ。… https://t.co/iUxj45umv1
palitdinov3君はルートだよ。どんな数字でも嫌がらず自分の中にかくまってやる、実に寛大な記号、ルートだ。 小川洋子『博士の愛した数式』
JUIZ19740224小川洋子「猫を抱いて象と泳ぐ」類稀なるチェスの才能を持った少年の生涯。しかし決して陽があたらない。その才能が広く称賛されないことに思わず怒りを覚えた瞬間、自分の卑しさを痛感する。悲しすぎるほど繊細で美しい一冊。タイトルが大好き。 https://t.co/49GxxLkF3z
book_love_bot「これを使えば、無限の数字にも、目に見えない数字にも、ちゃんとした身分を与えることができる」彼は埃の積もった仕事机の隅に、人差し指でその形を書いた。√博士の愛した数式 小川洋子
Sogood_book【書評】「人質の朗読会」小川洋子さんの流れるような文体が癖になっています。強い言葉、難解な言い回しを使わなくても物語を成立させられる技量に感服です。はてなブログに投稿しました。【書評・感想】「人質の朗読会」――役割か…https://t.co/iAoABqc4Rl
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
小川洋子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)