トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 小川洋子

小川洋子

小川洋子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

小川 洋子(おがわ ようこ、1962年3月30日 - )は、日本の小説家。
岡山県岡山市中区森下町出身。
小さいころ納戸にあった『家庭医学大事典』が最初の読書で、病気の説明や内臓の図を見る。小学1、2年からオレンジ色の表紙の『世界少年少女文学全集』を愛読する。小学校から図書室をよく利用する。また、こたつの中で空想にふける癖があり、高じて小説を書くようになったと述懐している。8歳か9歳で幼少習作『迷子のボタンちゃん』を書き、画用紙に清書しホチキスで綴じる。『家庭医学大事典』の病気の人の話も作る。小学校の図書室で『シートン動物記』、『ファーブル昆虫記』、「動物や恐竜の図鑑」、「科学者の伝記」を『家庭医学大事典』の影響で借り、児童小説の『若草物語』、『長くつ下のピッピ』、『メアリー・ポピンズ』も借りて同様に読んでいた。小中高とどんな女子グループにも入らなかった。
1973年6月、市内祇園町に転居。岡山市立高島小学校に転校。1974年4月、岡山市立竜操中学校に入学。
1977年4月、岡山県立岡山朝日高等学校入学。高校時代に『アンネの日記』を読み感銘を受ける。高校3年生の時、萩原朔太郎や中原中也の詩集を読む。読書範囲が広がり、立原道造、川端康成、太宰治、谷崎潤一郎を愛読する。自分の文学を求めて、大学は文芸を志す。推薦入学決定後に『万葉集』を読む。
1980年4月、早稲田大学第一文学部文芸専修に入学。小金井市にある金光教の女子寮に入る。入学してすぐに文学サークル「現代文学会」に入る。18歳の大学の夏休みに、岡山の古本屋の100円本売り場で金井美恵子『愛の生活』を買い、「自分もこういうものが書きたい」と自分の基本とする小説を発見し、その後も座右の書の1つにしている。
1984年3月、早稲田大学を卒業。倉敷市の川崎医科大学中央教員秘書室に就職。1986年9月21日、川崎製鉄の製鉄エンジニアの男性との結婚を機に退職し、小説の執筆に取り組む。夫は当初、小説を書いているのを知らなかった。
1988年、再度、海燕新人文学賞に応募する。大学の卒業論文として提出した「情けない週末」を書き直して『揚羽蝶が壊れる時』というタイトルで投稿。同年9月8日、海燕新人文学賞を受賞。『揚羽蝶が壊れる時』は『海燕』1988年11月号に掲載される。それまで手書きだったが、賞金でワープロを買い、それ以後パソコン導入まで使用する。
1989年8月、長男を出産。同年9月、最初の単行本『完璧な病室』(福武書店)を刊行。
1991年1月16日、妊娠した姉に対する妹の静かな悪意を描いた『妊娠カレンダー』が第104回(1990年下半期)芥川賞を受賞する。同作品はラジオドラマ化され、4日後の1月20日にNHK-FMで放送された。
2002年3月、夫の転勤のために兵庫県芦屋市に転居。
2004年、記憶が80分しかもたない数学博士と家政婦の母子との交流を描いた『博士の愛した数式』で読売文学賞、本屋大賞を受賞し、ベストセラーとなった。のちに文庫版は当時最速の2か月で100万部を突破した。同作は2006年に映画化された。2004年『ブラフマンの埋葬』で泉鏡花文学賞を受賞する。2005年には『薬指の標本』がフランスで映画化される。2006年『ミーナの行進』で谷崎潤一郎賞を受賞する。2013年『ことり』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞する。
2007年7月より芥川賞選考委員となる。2004年から太宰治賞、2011年から読売文学賞の2013年より河合隼雄物語賞選考委員を務める。

小川洋子新刊

  • 発売日
    2018年5月1日
  • 書名
    アンデル 2018年5月号
  • 発売日
    2018年3月1日
  • 書名
    アンデル 2018年3月号
  • 発売日
    2018年1月25日
  • 書名
    口笛の上手な白雪姫

受賞歴

小川洋子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小川洋子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

t160809小川洋子の偏愛短篇箱 (河出文庫)の感想 -> 「愛」の形について -> https://t.co/xJQCr0krh5
palitdinov3君はルートだよ。どんな数字でも嫌がらず自分の中にかくまってやる、実に寛大な記号、ルートだ。 小川洋子『博士の愛した数式』
book_love_bot「これを使えば、無限の数字にも、目に見えない数字にも、ちゃんとした身分を与えることができる」彼は埃の積もった仕事机の隅に、人差し指でその形を書いた。√博士の愛した数式 小川洋子
sekiseiword本当に正しい証明は、一分の隙もない完全な強固さとしなやかさが、矛盾せずに調和しているものなのだ。たとえ間違っていなくても、うるさくて汚くて癇に障る証明はいくらでもある。なぜ星が美しいか、誰も説明できないのと同じように、数学の美を表現するのも困難だがね/小川洋子 博士の愛した数式
wlb922『博士が愛した数式』小川洋子/家政婦として働く私は、年老いた元大学教師の家に派遣される。優秀な数学者だった彼は17年前に交通事故に遭い、それ以来、80分しか記憶を保てない。数字にしか興味を示さない彼との交流は困難だったが、私の10歳の息子との出会いを通してその関係に変化が訪れる。
inutsukas一応、わっしょいの移動中に読みやすい本をということで小川洋子の『ブラフマンの埋葬』を読んでたんだけど、この間読み終えてしまい、買い置きしてる本の残りが『ツァラトゥストラはかく語りき』と『マルテの手記』しかなく、読みやすさ・・・ニーチェよりはリルケか・・・となりつつマルテを読んでる
sugi_min_s0#文字書きさんの好きな作家や本教えて倉橋由美子「聖少女」小川洋子「ホテルアイリス」村山由佳「海を抱くBAD KIDS」佐藤多佳子「サマータイム」堀田あけみ「花のもとにて」中山可穂「天使の骨」狗飼恭子「雪を待つ8月」… https://t.co/CAWutaMLlg
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
小川洋子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)