トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 澁澤龍彦

澁澤龍彦

澁澤龍彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

澁澤 龍彥(しぶさわ たつひこ、本名、龍雄(たつお)、1928年(昭和3年)5月8日 - 1987年(昭和62年)8月5日)は、日本の小説家、フランス文学者、評論家。
別名のペンネームに澁川龍兒、蘭京太郎、Tasso S.などがある。晩年の号に呑珠庵、無聲道人がある。旧字を新字に直す慣例のある出版界でも珍しく、いまだに名前の漢字全てが旧字体のまま出版されているが、澁澤自身は生前自らの名前が「竜」の字で代用されるのを嫌っており、「私は署名をするときにも、竜彦などとは間違っても書かない。(略)これはタツではなくて、尻尾の生えたカメみたいではないか」(『記憶の遠近法』所収「ドラゴン雑感」)と記している。
=
東京市芝区車町(現・東京都港区高輪)に澁澤武・節子の子として生まれ、埼玉県川越市、東京市滝野川区中里(現在の東京都北区中里)に育つ。父の武は銀行員。母の節子は実業家で政治家の磯部保次長女。渋沢栄一やその孫の渋沢敬三と遠戚にあたるが、龍彥の家が澁澤家の本流(東の家)で、栄一や敬三の家は支流(中の家)である。なお澁澤家は、指揮者尾高尚忠や競馬評論家大川慶次郎とも親類に当たる。龍彥の幼少時、渋沢栄一はまだ存命で同じ滝野川に住んでいた。龍彥は、赤子のとき栄一翁に抱かれて小便を洩らしたことがあると伝えられている。

澁澤龍彦新刊

  • 発売日
    2018年7月29日
  • 書名
    吾輩は童貞(まだ)である- 童貞について作家の語ること-
  • 発売日
    2018年5月17日
  • 書名
    ほろ酔い天国 (ごきげん文藝)

受賞歴

澁澤龍彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

澁澤龍彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sarara_sweets今日のお昼は古本屋からのお寿司でした。古本屋で見つけたマルキ・ド・サド。サドは若かりし頃に立ち読みした事しかないので買ってみました。澁澤龍彦だったので、余計に欲しくて。楽しみです♪ https://t.co/kGTKtA3axB
tomataronnいい話ですね #澁澤龍彦 #神保町 #古本 #三島由紀夫 #サイン【1,000RT】澁澤龍彦さんに神保町の古本屋で会った時、三島由紀夫の本しか持ってなかったのにサインしてくれた https://t.co/GIj2JKRST5
66M496学生時代の私はサブカルチャーにはまるで興味が沸かなかったし、周囲の流行にも疎かった。ディレッタント趣味の方が私の妄想を満たすのに向いていたが、当時は生田耕作も澁澤龍彦も知らなかったし、当然、モンテスキュー伯爵もルドルフ2世も知らなかった。
goodsyouakauntoDEAD APPLE 入場特典 缶バッジ譲→澁澤龍彦×5求→各500円程度写真は1つのみですが手元に5つ在庫は御座います https://t.co/DOI5xZHvV6
CAVE1919文藝評論家という肩書きが詐欺っぼくて澁澤龍彦大先生が不憫で(;´Д`)吉本や蓮實みたいなポンコツはどうでもいいけど=^.^=
yumachi_gk #勇尾の民の読書遍歴 まずは澁澤龍彦。タイトルをコピペしてるだけで幸せになれるよね。エッセイは世界悪女物語から入って、幻想の肖像、毒薬の手帖、ドラコニア綺譚集、夢の宇宙誌、思考の紋章学、胡桃の中の世界、ヨーロッパの乳房。創作は犬狼都市から高丘親王航海記まで。翻訳もたくさん。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
澁澤龍彦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)