トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 澁澤龍彦

澁澤龍彦

澁澤龍彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

澁澤 龍彥(しぶさわ たつひこ、本名、龍雄(たつお)、1928年(昭和3年)5月8日 - 1987年(昭和62年)8月5日)は、日本の小説家、フランス文学者、評論家。
別名のペンネームに澁川龍兒、蘭京太郎、Tasso S.などがある。晩年の号に呑珠庵、無聲道人がある。旧字を新字に直す慣例のある出版界でも珍しく、いまだに名前の漢字全てが旧字体のまま出版されているが、澁澤自身は生前自らの名前が「竜」の字で代用されるのを嫌っており、「私は署名をするときにも、竜彦などとは間違っても書かない。(略)これはタツではなくて、尻尾の生えたカメみたいではないか」(『記憶の遠近法』所収「ドラゴン雑感」)と記している。
=
東京市芝区車町(現・東京都港区高輪)に澁澤武・節子の子として生まれ、埼玉県川越市、東京市滝野川区中里(現在の東京都北区中里)に育つ。父の武は銀行員。母の節子は実業家で政治家の磯部保次長女。渋沢栄一やその孫の渋沢敬三と遠戚にあたるが、龍彥の家が澁澤家の本流(東の家)で、栄一や敬三の家は支流(中の家)である。なお澁澤家は、指揮者尾高尚忠や競馬評論家大川慶次郎とも親類に当たる。龍彥の幼少時、渋沢栄一はまだ存命で同じ滝野川に住んでいた。龍彥は、赤子のとき栄一翁に抱かれて小便を洩らしたことがあると伝えられている。

受賞歴

澁澤龍彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

澁澤龍彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ninadu55澁澤龍彦のご本読みたい…カバー文ストのはもう買ったからあとは読むだけ…時間をください…ううう……
accnoic澁澤龍彦が快楽主義の哲学云々で賢治のケチ臭い世界観として「雨ニモマケズ」をdisっていたらしい。同世代だとしても闘病中の死にかけと働き盛りでは、視点が全く違うかんね。評論家のしぶサーと芸術家の賢治とでもね。
tatsuhikobotピエール・クロソウスキーの『歓待の掟』に出てくる、女主人公ロベルトの勃起して指のようにふとくなったクリトリスに大男の手ではめられる彼女自身の結婚指輪、こんなのが私の頭の中にある理想的なオブジェなのである。[『オブジェを求めて』(澁澤龍彦コレクションⅡ)編者による序]
nununi澁澤龍彦の遺作。幻想の東南アジア旅行誌と理想の老境。#はてなブログ で感想書きました。#読了#読書#読書好きな人と繋がりたい祝・漫画化!澁澤龍彦『高丘親王航海記』を読む(ざっくりマップ付) - ネコショカ(猫の書…https://t.co/ptJTS7NB6b
fantastique_tanもし、幻想文学に興味をお持ちなら、澁澤龍彦・種村季弘御両人のエッセイを読まれるといいわ。あなたを「この世界以外のどこか」へ連れて行ってくれること間違いなしっ♪
soei_saito澁澤龍彦の編集。あらゆる欲望を胎内回帰願望に収斂させるフェレンツィの奇書「タラッサ」や、澁澤畢生の名訳といわれるアンドレ・ブルトンの詩「自由な結合」が収められている。「わたしの女は金鉱床の性器 鴨嘴獣の性器」 https://t.co/WVGQRnpDLE
yaranaiman_bot「妄想をいだく人間を、わたしたちは簡単に狂人と呼ぶが、この狂人にしたところで、ただわたしたちと少しばかり違った精神の現実に住んでいる、というだけのことであろう。精神の現実をはかる、客観的基準などはあり得ないのである。」(澁澤龍彦『エロティシズム』p.88)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
澁澤龍彦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)