トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 多和田葉子

多和田葉子

多和田葉子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

多和田 葉子(たわだ ようこ ''Yoko Tawada''、1960年〈昭和35年〉3月23日 - )は、日本の小説家、詩人。
ドイツに住み、日本語・独語で小説を執筆。日本語作品では『かかとを失くして』で群像新人文学賞、『犬婿入り』(1993年)で芥川賞を受賞。ほかに『球形時間』(2002年)、『雲をつかむ話』(2012年)、『百年の散歩』(2017年)など。
東京都中野区生まれ。1982年から2006年までハンブルク、2006年よりベルリン在住。1987年、ドイツにて2か国語の詩集を出版してデビュー。2001年、ドイツの永住権を取得。チューリッヒ大学大学院博士課程修了。博士号(ドイツ文学)を取得。著作はドイツ語でも20冊以上出版されており、フランス語、英語、イタリア語、スペイン語、中国語、韓国語、ロシア語、スウェーデン語、ノルウェー語、デンマーク語、オランダ語などの翻訳も出ている。ドイツの作曲家イザベル・ムンドリー、オーストリアの作曲家ペーター・アブリンガーとのコラボレーションでも知られる。

受賞歴

多和田葉子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

多和田葉子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

uminoshirabe装画は銅版画家の山本容子さん。江國香織さんの『デューク』も描かれています。『雪だるまの雪子ちゃん』ではカラー銅版画12枚収録。文庫版のあとがきは『雪の新鮮な目覚め』と題した多和田葉子さんによるものです。深い考察の面白さにこ… https://t.co/V601a3g4Fd
hachiko_listenドイツ語を勉強し始めたからか、前読んだときよりもするすると内容が頭に入ってきた。わたしは体験をしないと物事をわからない人間なので、著者にほんの少しでも近づいてみて、ようやく内容が入ってくるんだな……。多和田葉子『エクソフォニー… https://t.co/RyIy4SQApl
koganezawas先日見た早稲田大学 国際文学館(村上春樹ライブラリー)の展覧会「翻訳が拓く世界」が、村上春樹をはじめとして日本の現代文学の世界各国での翻訳をめぐる内容でとても面白かったのですが、「作品は出版されたら自分のものではなくなる」という言葉(多和田葉子)が紹介されており強く共感しました。
RayShibusawaAmazonが、対象のKindleを5冊買うと10%オフというから、Kindleを5冊買ってしまった。今村夏子さんと多和田葉子さんと、あと贈与論の本と文化人類学の本とヴィパッサナー瞑想の本を買った。たのしみすぎる
boobookwords微笑みは人間が顔にのせる表情のうちで最も信用のできないものの一つだということが分かってきた。(『雪の練習生』多和田葉子p59)
patapon52感想:『星に仄めかされて』多和田葉子https://t.co/KzYxezwexN
honzuki_jp【新着書評】それは、とてもゆっくりの旅 『星に仄めかされて/多和田葉子/講談社』 https://t.co/R8gi2xpaoV #本が好き
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    多和田葉子さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)