トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 多和田葉子

多和田葉子

多和田葉子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

多和田 葉子(たわだ ようこ ''Yoko Tawada''、1960年〈昭和35年〉3月23日 - )は、日本の小説家、詩人。
東京都中野区生まれ。1982年から2006年までハンブルク、2006年よりベルリン在住。1987年、ドイツにて2か国語の詩集を出版してデビュー。2001年、ドイツの永住権を取得。チューリッヒ大学大学院博士課程修了。博士号(ドイツ文学)を取得。著作はドイツ語でも20冊以上出版されており、フランス語、英語、イタリア語、スペイン語、中国語、韓国語、ロシア語、スウェーデン語、ノルウェー語、デンマーク語、オランダ語などの翻訳も出ている。ドイツの作曲家イザベル・ムンドリー、オーストリアの作曲家ペーター・アブリンガーとのコラボレーションでも知られる。

受賞歴

多和田葉子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

多和田葉子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mikage_H@mimorecchi 今、朝日新聞に連載してる多和田葉子さんの小説、カラーの回の挿絵がすごく素敵でそれをアイコンにしました。それを偶然目にできた人はラッキーだったということで(笑)
tadayoeru「辞書はときに言葉をイデオロギーから解放する役割を果たす。辞書は秩序正しく言葉を整理したもののように見えるが、実はアナーキーな機関なのだ(『エクソフォニー』多和田葉子)」確かに単語が文脈から解放されている。趣味で辞書を読むとい… https://t.co/Ta05br6TUd
sakomakoharu多和田葉子の新聞小説「白鶴亮翅」、たまたま断片的に読めたところがいつもおもしろい。でも、連載開始分からちゃんと読みたいと思って切り抜いてるけど全然追いつかない。
idoshukusaijituPASSAGE( @PASSAGEbyAR )にてお迎えいただいた本
TokyoScrapそういえば二週間前に、近所のカフェでばったり会ったSonさんに「早く雪の練習生を読め」と言われた。(5年前から言われている)秋に山梨で多和田葉子関連のイベントがあるとかないとか。Sonさんhttps://t.co/Fhyww9sqPA
keioki72<ますく堂なまけもの叢書>さんの棚、何とも魅力的な本が並んでますね。寂聴さんに、朔太郎、多和田葉子。三島由紀夫も絶賛したダレル『アレキサンドリア四重奏』は新装版も買って再読。F.オブライエン『ドーキー古文書』は『第三の警官』と… https://t.co/ppmEpKcl3h
_koishikawa_買った本は左からずっと欲しかった阿久津隆さんの『読書の日記』、「言葉」についての語りに惹かれた『多和田葉子ノート』、内沼さん(@numabooks )がおすすめされてた『韓国の「街の本屋」の生存戦略』、海の話から始まるスズキナオさ… https://t.co/HeORPYiJja
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
多和田葉子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)