トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 服部真澄

服部真澄

服部真澄さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

服部 真澄(はっとり ますみ、女性、1961年7月31日 - )は、日本の小説家。東京都北品川生まれ。
神奈川県立厚木高等学校を経て、早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。
編集制作会社勤務、フリーエディターを経て、直木賞候補となった『龍の契り』が話題となる。1996年、『鷲の驕り』で、第18回吉川英治文学新人賞。日本国外を舞台にした国際推理小説で読者を獲得した。
実家は北品川で貸し間業と料理旅館を営んでいた。福井から古民家を移築し、現在も北品川で暮らしている。
龍の契り(1995年、祥伝社)
鷲の驕り(1996年、祥伝社)
ディール・メイカー(1998年、祥伝社)
バカラ(2002年、文藝春秋)
GMO(文庫版では『エル・ドラド』に改題。2003年、新潮社)
清談仏々堂先生(2004年、講談社)
海国記 平家の時代(2005年、新潮社)
最勝王(2006年、中央公論新社)
エクサバイト(2008年、角川書店)
ポジ・スパイラル(2008年、光文社)
KATANA カタナ(2010年、角川書店)
天の方舟(2011年、講談社)

受賞歴

服部真澄関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

服部真澄関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

papahorobiyo服部真澄/龍の契りはみんなに読んで欲しいのだ。アライさんは小学生の時衝撃を受けたのだ
rinotsujiTLに服部真澄さんのRTが流れてきて、「あれ?こんな人だったっけ?しかも若いぞかなり」と思ってもう一度見たら浅野真澄さんだった(声優にとても疎い定期)
occurpoo服部真澄の「KATANA」みたいだ。実在するのか。
sakishima_diaryあと服部真澄さんが大好きだったなー。『龍の契り』とかさあ、わくわくして最高だった
homkithi服部真澄さんの『エクサバイト』などライフログ全盛時代を舞台としたミステリーだったか。
itachi_yakko服部真澄さんの「清談 佛々堂先生」……いつから手元にあるのかサッパリ覚えてないんだけどこれがまた大変面白いのでかれこれ三度は読み直している。それとついさっき続き物であることを知ってしまって鼻の辺りのムズムズが止まらない。小銭入れとにらめっこの我慢比べだな
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
服部真澄さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)