トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 北方謙三

北方謙三

北方謙三さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

北方 謙三|きたかた けんぞう|1947年10月26日 - は、日本の小説家。
佐賀県唐津市に生まれ、幼少時代を佐賀県で過ごす。実家は曾祖父の代から、唐津市で菓子屋を経営していた。父親は外国航路の船長だったため、会えるのは船が帰港する時だけ。その都度、神奈川県横浜市に会いに出かけていた。父親は、まだ幼く字が読めない謙三を児童書売り場に連れてゆくことが多く、挿絵を見て話を想像していたことが、後に物語を生む原体験となった。父親は作家という職業に否定的な発言をしていたが、後述するデビュー後の低迷時代の謙三に「10年間、同じ場所でじっと我慢していられたら、何かが出てくるもんだ」と励まし、また再デビュー後の作品を密かに買い揃えていた。小学校5年の時に、同県川崎市に転居。芝中学校・高等学校を経て、中央大学法学部入学。学生運動華やかなりし時代であり、全共闘運動に参加した。
高校3年生の時に肺結核が見つかり、「修学不可」と宣告された。柔道部にいて健康に自信があっただけに、大きな衝撃を受けた。半年治療したが快復せず、学校の保健室に忍び込んで健康診断書を「異常なし」に書き換えて進学した。その精神的な重荷から喧嘩や学生運動に走ったが、一方で小説を書くことに興味を抱き、また吉行淳之介のように結核持ちが多かった小説家としてなら、やっていけると考えるようになった。
在学中の1970年、純文学作品『明るい街へ』を同人誌に発表。同作が雑誌『新潮』編集者の目に留まり、学生運動でバリケード封鎖中に来訪を受けて転載の了承を依頼された。1970年3月号に掲載され、学生作家としてデビューを果たす。1973年に同大学卒業。PR誌の企画スタッフや肉体労働をしながら小説執筆を続ける。デビュー時は「大江健三郎以来の学生作家」「天才」と『新潮』編集長に称賛されたが、その後の10年間は100本書いて雑誌掲載は3本のみで、持ち込み仲間の中上健次や立松和平より掲載率は低かった。
そうした数少ない採用作をまとめてはどうかという相談を持ち掛けた集英社の若手編集者と話すうち、「暗い話を書いている場合じゃない」と路線転換を進められた。そうして1981年に単行本デビューにいたったのが『弔鐘はるかなり』(『第二誕生日』改題)である。実質的な新人としては異例の“書き下ろし長編”による処女出版であり、二度目のデビューである。初版は8千部。翌1982年には、『逃がれの街』(『ふたりだけの冬』改題)も出版。その後『眠りなき夜』『さらば、荒野』『檻』とヒット作を次々と生み出し、“ハードボイルド小説の旗手”として一躍人気作家となり、「月刊北方」の異名を取ったる。
1983年には『逃れの街』が、主演水谷豊、監督工藤栄一で映画化。以降『友よ、静かに瞑れ』(1985年)、『黒いドレスの女』(1987年)などが次々と映画化され、作家としての地位を築き上げる。
また、1983年、日本冒険作家クラブの創設の発起人の一人となる。
1989年、初の歴史小説として南北朝時代を舞台とした『武王の門』を発表。続く南北朝ものである『破軍の星』では、第4回柴田錬三郎賞を受賞。
1996年、全13巻6500枚書き下ろしという大長編、北方版『三国志』の刊行が開始され、以降の歴史小説は、中国史へとその裾野を拡大。1999年には『水滸伝』が『小説すばる』で連載開始。前作を超える全19巻9500枚の超大作は、北上次郎によって「日本の大衆小説の最高峰」と評された。同作は2006年、第9回司馬遼太郎賞を受賞。「新しい歴史教科書をつくる会」賛同者に名を連ねる。
2000年より、直木三十五賞の選考委員を務める。他に吉川英治文学賞、江戸川乱歩賞、小説すばる新人賞の選考委員。

受賞歴

北方謙三関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

北方謙三関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

syousetu_meigen石幻果は、再びうなだれた。耶律休哥が死ぬなどということが、ほんとうにあるのか。あの男でも、死ぬのか。人はみんな死ぬ。それはわかっていても、耶律休哥が死ぬということが、どうしても実感として理解できない。(楊家将血涙/北方謙三)
vidalianjp20代ほぼ丸ごと引きこもっていた私の出番か? という話題を見たけど、何で三十路で立ち直ったかよくわからないし、極私的なものだから「全貯金叩いて後先考えずイタリアへ行けば鬱が治る」と北方謙三ばりに無茶を言うわけにも行かないしな。
tuorua9876北方謙三「水滸伝」第一巻読了。面白かった。読んでよかった。しかし、「水滸伝」の体系はこれで完成ではないな。「水滸伝」の改作を試みる作家は大勢いるが、たいてい108人そろわずに終わってしまうと聞く。おれも自分の「水滸伝」が書きたくなってくる。
bookwalklife南朝の英雄は楠木正成だけじゃない!流れ星の如きその儚い一生を駆け抜けた俊英 北畠顕家の凄さに思わず読んでいる手が震えてしまう「破軍の星」(北方謙三)#歴史小説 #時代小説 #太平記https://t.co/ErhNvAjqdR
yasuhiko1010「夢は見るものでなく、追うものではないだろうか。追うことではじめて、はっきりとその姿も見えてくる」|北方謙三「破軍の星」 #読書会 #名古屋 #歴読!
Coka_J吉川晃司といえば謎なのが、中国古代史が専門の鶴間和幸教授の交友関係としてwikipediaで挙げられていること。北方謙三と里中満智子も名前があって、前者は分かるんだけれど、里中満智子の方も何でなんだろう。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
北方謙三さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)