トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉村昭

吉村昭

吉村昭さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

吉村 昭(よしむら あきら、1927年(昭和2年)5月1日 - 2006年(平成18年)7月31日)は、日本の小説家。
東京・日暮里生まれ。1966年『星への旅』で太宰治賞を受賞。同年発表の『戦艦武蔵』で記録文学に新境地を拓き、同作品や『関東大震災』などにより、1973年菊池寛賞を受賞。現場、証言、史料を周到に取材し、緻密に構成した多彩な記録文学、歴史文学の長編作品を次々に発表。日本芸術院会員。小説家津村節子の夫。
=
東京府北豊島郡日暮里町大字谷中本(現在の東京都荒川区東日暮里)に生まれる。父吉村隆策、母きよじの八男。
父は、百貨店や寝具店への卸売や、鉱山などに納入するふとん綿を製造する工場と綿糸紡績の工場の経営をしていた。住み込みの工員もいて、母は大家族の料理をあつらえた。
吉村家には文学的な雰囲気はなかったが、兄たちの中では三番目の兄英雄が、昭が中学校に入る頃から小説に興味をいだいたらしく芥川賞、直木賞受賞作の単行本などを買って読むようになった。

受賞歴

吉村昭関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

吉村昭関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

izumi58吉村昭「羆嵐」を読んでます。実際の事件なんですよね、これ…。後ろを振り向くのが怖いです
pochacco_2011埼玉県の中山道沿いには、吉村昭『関東大震災』で読んだ朝鮮人虐殺の舞台が何か所もあります。画像1枚目、本庄市の慰霊碑。2枚目、その惨劇の舞台となった旧本庄市警察。3枚目、神保原の慰霊碑。 https://t.co/X41VJ9Q1W6
asayukikomatsuやることないから文庫本でも持ってくれば良かった。読みかけの吉村昭の『破船』とか。
Exp_Washu吉村昭の三陸海岸大津波と戦艦武蔵かな #Peing #質問箱 https://t.co/jTB9icDE0V
ParodyBotPCゲーム「あきゆめくくる」のキスのセリフ「熊だ!熊が来た!熊嵐だ!」は、吉村昭の小説「羆嵐」が元ネタなのよ。 https://t.co/HXyl69fIOT
mizuki_psy【羆嵐(新潮文庫)/吉村昭】を読んだ本に追加 → https://t.co/FtnnTdbcCx #bookmeter
shincholive_bot『大黒屋光太夫(下)』(吉村昭)熱い望郷の思いと帰国への不屈の魂が女帝エカテリナを動かし、鎖国日本に帰還。裸の人間の姿を写す漂流記小説の最高峰。 https://t.co/mY2oJZhigu
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
吉村昭さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)