トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉村昭

吉村昭

吉村昭さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

吉村 昭(よしむら あきら、1927年(昭和2年)5月1日 - 2006年(平成18年)7月31日)は、日本の小説家。
東京・日暮里生まれ。1966年『星への旅』で太宰治賞を受賞。同年発表の『戦艦武蔵』で記録文学に新境地を拓き、同作品や『関東大震災』などにより、1973年菊池寛賞を受賞。現場、証言、史料を周到に取材し、緻密に構成した多彩な記録文学、歴史文学の長編作品を次々に発表。日本芸術院会員。小説家津村節子の夫。
=
東京府北豊島郡日暮里町大字谷中本(現在の東京都荒川区東日暮里)に生まれる。父吉村隆策、母きよじの八男。
父は、百貨店や寝具店への卸売や、鉱山などに納入するふとん綿を製造する工場と綿糸紡績の工場の経営をしていた。住み込みの工員もいて、母は大家族の料理をあつらえた。
吉村家には文学的な雰囲気はなかったが、兄たちの中では三番目の兄英雄が、昭が中学校に入る頃から小説に興味をいだいたらしく芥川賞、直木賞受賞作の単行本などを買って読むようになった。

受賞歴

吉村昭関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

吉村昭関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

h_sowerberry小説の文庫の解説の中で『罪と罰』と比較されているのがどのくらいあるのか知りたい(佐木隆三『復習するは・・・』(メインはカミュの異邦人だけど)、吉村昭『仮釈放』とか。もっとあるはず・・・
arakawakukoho【「ふるさと風花文庫」ご案内】吉村昭記念文学館3階に『ふるさと風花文庫』を配架しました!「おしどり文学館協定」を締結している福井県ふるさと文学館より、お借りした図書110冊です。館内のみ閲覧いただけます。ぜひ、ご覧ください。→… https://t.co/MFKHkFHMpb
bunshunbunko【文庫の日at Voicy】ボイスメディアのvoicyで、おすすめ文春文庫の情報や裏話をご紹介します。今月は堂場瞬一さん、望月麻衣さん、吉村昭さんの新刊などです!https://t.co/0ygrh6JAKt https://t.co/k8BiyyLnXO
MakiRiko21ちなみに戦艦武蔵が建造されてるときの(あまりにも秘匿されっぷり故に)長崎市民からは「オバケ」呼ばわりされてた(ソースは吉村昭『戦艦武蔵』) https://t.co/En6KNzbYet
shincholive_bot『桜田門外ノ変(下)』(吉村昭)時代を先駆けた志士たち! 幕政改革を目指した大老暗殺は結果的に倒幕への道を開いた。 https://t.co/5l23wJZOiv
0L5HVHq2vqxSTwp桜田門外ノ変(上)https://t.co/WbqZVRXC5Aebook,吉村昭,桜田門外ノ変(上),新潮社... https://t.co/u7PTC2nsPD
XFLDbvLHUDL7ZZwふぉん?しいほるとの娘(上)https://t.co/Brg2HLN73eebook,吉村昭,ふぉん?しいほるとの娘(上),新潮社... https://t.co/fY8WG9qFMB
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
吉村昭さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)