トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉村昭

吉村昭

吉村昭さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

吉村 昭(よしむら あきら、1927年(昭和2年)5月1日 - 2006年(平成18年)7月31日)は、日本の小説家。
東京・日暮里生まれ。1966年『星への旅』で太宰治賞を受賞。同年発表の『戦艦武蔵』で記録文学に新境地を拓き、同作品や『関東大震災』などにより、1973年菊池寛賞を受賞。現場、証言、史料を周到に取材し、緻密に構成した多彩な記録文学、歴史文学の長編作品を次々に発表。日本芸術院会員。小説家津村節子の夫。
=
東京府北豊島郡日暮里町大字谷中本(現在の東京都荒川区東日暮里)に生まれる。父吉村隆策、母きよじの八男。
父は、百貨店や寝具店への卸売や、鉱山などに納入するふとん綿を製造する工場と綿糸紡績の工場の経営をしていた。住み込みの工員もいて、母は大家族の料理をあつらえた。
吉村家には文学的な雰囲気はなかったが、兄たちの中では三番目の兄英雄が、昭が中学校に入る頃から小説に興味をいだいたらしく芥川賞、直木賞受賞作の単行本などを買って読むようになった。

吉村昭新刊

  • 発売日
    2019年3月14日
  • 書名
    はればれ、お寿司(おいしい文藝)

受賞歴

吉村昭関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

吉村昭関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

shincholive_bot『桜田門外ノ変(上)』(吉村昭)幕末日本の進路を決めた井伊大老暗殺! 水戸薩摩両藩18名の襲撃者の側から全貌を描く。 https://t.co/szbUWPB3y6 #ebook #電子書籍
sorayori_com小説「漂流/吉村昭」の44年後鳥島でジョン万次郎が見たもの� 【そらより過去記事】 https://t.co/9eY1jDzIk8
KamejiNishibi吉村昭先生の羆嵐、三毛別の痛ましい事件を冷静な筆致で描き留めてます。また解説も一見の価値があるのでお勧めしておきます。
sekino_jijii@B_I_nozomi 同じく、星新一。中学生の時、全巻読んだ思い出。その後、筒井康隆、吉村昭でした。
atamitown熱海まめ知識「熱海で読みたい本」『鬼平犯科帳13巻』池波正太郎:熱海みやげの宝物『東京するめクラブ 地球のはぐれ方』村上春樹:熱海を紹介する章あり『惜櫟荘だより』佐伯 泰英:熱海にある惜櫟荘『闇を裂く道 』吉村昭:熱海に通ずる丹那トンネル『大江戸仙界紀』石川英輔
maamne古本屋で、吉村昭の文庫本ALL100円コーナーがあった。1冊くらい買えばよかったかなあ戦艦武蔵、関東大震災、破獄、ポーツマスの旗、生麦事件とかはあった。もし長英逃亡があったら真っ先に買ったけど。状態が悪くて、カビてたからなあ…
vc_takezo@magotama 吉村昭著 熊嵐を高校時代に読みましたが怖いのなんのって・・
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
吉村昭さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)