トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉村昭

吉村昭

吉村昭さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

吉村 昭(よしむら あきら、1927年(昭和2年)5月1日 - 2006年(平成18年)7月31日)は、日本の小説家。
東京・日暮里生まれ。1966年『星への旅』で太宰治賞を受賞。同年発表の『戦艦武蔵』で記録文学に新境地を拓き、同作品や『関東大震災』などにより、1973年菊池寛賞を受賞。現場、証言、史料を周到に取材し、緻密に構成した多彩な記録文学、歴史文学の長編作品を次々に発表。日本芸術院会員。小説家津村節子の夫。
=
東京府北豊島郡日暮里町大字谷中本(現在の東京都荒川区東日暮里)に生まれる。父吉村隆策、母きよじの八男。
父は、百貨店や寝具店への卸売や、鉱山などに納入するふとん綿を製造する工場と綿糸紡績の工場の経営をしていた。住み込みの工員もいて、母は大家族の料理をあつらえた。
吉村家には文学的な雰囲気はなかったが、兄たちの中では三番目の兄英雄が、昭が中学校に入る頃から小説に興味をいだいたらしく芥川賞、直木賞受賞作の単行本などを買って読むようになった。

受賞歴

吉村昭関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

吉村昭関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

qma_jidaigeki_bNo.125 (連想)「長英逃亡」/「漂流」/「敵討」/「桜田門外ノ変」⇒吉村昭
kuuka2525吉村昭が太平洋戦争の小説を書くため当事者に取材を続けていたところ、戦後数十年経ったあたりで当事者の証言内容が他の証言と噛み合わなくなってきて「これでは正しい小説を書けない」と太平洋戦争を題材にした小説を書くのをやめた話好き
waka69481130@yamatotamashibi @6UWpIbBGjRhExAC @dosankobearzoo 吉村昭さんの『熊嵐』を読書中は、恐ろしくて厠へ行けませんでした
shincholive_bot『法師蝉』(吉村昭)少年時代に眼にした法師蝉の羽化の情景。人もまた、逝く時が近づくと淡く透きとおった様子になってゆくものなのだろうか――。 https://t.co/Uy8qorvofT
tcv2catnap足に落ちた吉村昭「大本営が震えた日」。吉村の筆致の凄さはハルノ−トを「維新からの戦争で負け知らずの軍国主義に親しんだ、軍人と社会が到底受け入れられない」と書くところ。なぜ知識人達も真珠湾を喝采したか一発で仕留める。
hotaru2008@uimontyo @hiro44337247_05 吉村昭氏の「羆嵐」。三毛別事件を元に彼の緻密な調査で書かれたノンフィクション小説。羆害の異様な事件を吉村昭氏が見事なまでに再現してみせ、夢に見るほどの怖さです。
minepyon70@tsukumoringo そのアニメ教えてください。見たいです。吉村昭の熊嵐は元になった話をNHKで特集していてやばかったです
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
吉村昭さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)