トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 川口松太郎

川口松太郎

川口松太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

川口 松太郎(かわぐち まつたろう、1899年(明治32年)10月1日 - 1985年(昭和60年)6月9日)は日本の小説家、劇作家、日本芸術院会員、戦後の大映映画の専務。本名松田松一とする資料もある。松田昌一の名で映画脚本も手がける。
Infobox 作家
| name = 川口 松太郎
| image = Kawaguchi Matsutaro.JPG
| caption = 1954年
| birth_name = 松田 松一
| birth_date = 1899年10月1日
| clan =
| birth_place = 東京市浅草区浅草今戸町
| death_date = 1899|10|1|1985|6|9
| death_place =
| resting_place =
| occupation =
| language = 日本語
| nationality =
| education =
| alma_mater =山谷堀小学校卒
| period =
| genre = 小説、戯曲
| subject =
| movement =
| notable_works = 『鶴八鶴次郎』(1936年)
『明治一代女』(1936年,のち劇化)
『愛染かつら』(1942年)
『新吾十番勝負』(1957-59年)
『しぐれ茶屋おりく』(1969年)

| awards =第1回直木三十五賞(1935年)
毎日演劇賞(1959年)
菊池寛賞(1963年)
吉川英治文学賞(1969年)
文化功労者(1973年)
| debut_works =
| spouse =
| partner =
| children =
| relations =
| influences =
| influenced =
東京市浅草区浅草今戸町(現在の東京都台東区今戸)出身。学歴は石浜小学校卒業。後妻は女優の三益愛子。三益との子は俳優の川口浩(長男)、川口恒(次男)、川口厚(三男)。元女優で陶芸家の川口晶(国重晶)(長女)。
親は誰だかわからず、戸籍では島岡春吉姉よね私生児川口竹次郎庶子認知入籍とされる。養父の川口竹次郎は大酒飲みの左官職であった。
山谷堀小学校時代の同級生に溝口健二がいた。
小学校卒業後、洋服屋や、警察署の給仕、1915年(大正4年)の夏から約1年間、栃木県芳賀郡にあった祖母井郵便局に電信技士として勤務などする。
1915年、久保田万太郎に師事する。1915年小山内薫門下の脚本研究会員。17歳の時に「流罪人藤助」で文壇デビューを果たす。1919年から、講談師の悟道軒円玉の家に住み込んでその口述筆記を手伝い、漢詩や江戸文学の素養も積んだ。
1923年(大正12年)の関東大震災の後、大阪のプラトン社に勤め、直木三十五と共に働き、『苦楽』の編集に当たる。1926年(大正15年)に帰京し、小説や随筆、戯曲などを執筆。
劇団新生新派主事1938年(昭和12年)、大映製作担当専務1947年(昭和21年)、同取締役1960年(昭和35年)、明治座取締役制作部長、浪花楽天地監査役。
1935年(昭和10年)、『鶴八鶴次郎』などで第1回直木賞を受賞。代表作の『愛染かつら』(1937~1938)は、1938年(昭和13年)に映画化され、田中絹代・上原謙の主演で人気を博した。
1964年(昭和39年)、文京区小石川水道町(現在の春日)へ移住、ここから亡くなるまで約20年間暮らすこととなる。1966年(昭和41年)、日本芸術院会員(第三部・演劇)。1973年(昭和48年)、文化功労者。
1960年には、劇作家の生活向上を目的として、川口松太郎、中野実、北條秀司、菊田一夫で「劇作家四人の会」を結成。
数多くの時代小説のほか恋愛小説などを多く書いた。『新吾十番勝負』などが代表作。妻の死後『愛子いとしや』を上梓して話題となった。『しぐれ茶屋おりく』は2007年(平成19年)、ロイヤル・タイラーによって英訳が刊行された。筒井康隆の小説『大いなる助走』の鰊口冗太郎のモデルである。東京都文京区春日の自宅建て替えを兼ね完成した重厚なデラックスマンション“川口アパートメント”は現存。
1982年(昭和57年)1月18日、後妻・三益愛子を膵臓癌により71歳で先立たれる不幸に見舞われる。その頃から体調を崩して入退院を繰り返し、三益の死から3年後の1985年(昭和60年)6月9日、肺炎により東京女子医科大学病院にて死去。享年85歳。

受賞歴

川口松太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

川口松太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yacopont新派公演 夜の蝶 原作者、川口松太郎の長男だった浩はヤラセ番組の川口探険隊長として晩年人気者に。高校時代に遊ぶ金欲しさに電気ドリルで父の金庫をこじ開けたという逸話も。隊長としての素質は既にあったわけだhttps://t.co/li2fCwfy3z
rairen_bot1:ある作家の名を冠した文学賞 2:1935年に創設 3:「オール讀物」に発表 4:第1回受賞者は川口松太郎 A:直木三十五賞 以前はライ連の答えにはありませんでした(答えがあるのは大藪、菊池、山本、三島のみだった)が、今回の追加… https://t.co/8g2XOTtYLH
Me_and_Her_co【<篠井英介>≪舞台≫六月花形新派公演『夜の蝶』作:川口松太郎補綴・演出:成瀬芳一日程:2019/6/6(木)~6/28(金)三越劇場※6/10(月)アフタートーク※6/20(木)午後の部 お見送りhttps://t.co/Rro4C9H4ng
qma_jidaigeki_bNo.142 (タイ)徳川吉宗の隠し子を主人公とした川口松太郎の時代小説は「○○十番勝負」?⇒しんご(新吾)
metalside昔、いま入手できるものを検索したとき、あたしもしぐれ茶屋おりくの英訳に気づきました。いい本なので翻訳するのはけっこうなのですが、なんでまた川口松太郎を、それもおりくさんを、とは思います。訳者が惚れ込みましたかね。
BF_yomigaeru新藤恵美、藤巻潤が出演した、夫を交通事故で亡くした看護婦のヒロインと病院長の長男のひたむきな愛を描いたメロドラマ『愛染かつら』(原作:川口松太郎)が、HDリマスター版でDVD-BOX化!好評発売中です!… https://t.co/slWnqQZEnr
ec6d51そんな「夜の蝶」は川口松太郎著なので、挿絵どんなだろうと当たり前な感じで、岩田専太郎の画集見たけど。。。ない。。。なんか疑わなかっただけに。。。違う方だったのか、挿絵とかなかったのか。。。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
川口松太郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)