トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 芝木好子

芝木好子

芝木好子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

芝木 好子(しばき よしこ、1914年5月7日 - 1991年8月25日)は、小説家。
Infobox 作家
| name = 芝木 好子
| image =
| caption =
| birth_name = 芝木 好子
| birth_date = 1914年5月7日
| clan =
| birth_place = 東京府王子町大字王子
| death_date = 1914|5|7|1991|8|25
| death_place = 東京都中央区
| resting_place =
| occupation =
| language = 日本語
| nationality =
| education =
| alma_mater = 東京府立第一高等女学校卒業
| period =
| genre = 小説、随筆
| subject =
| movement =
| notable_works = 『青果の市』(1941年)
『洲崎パラダイス』(1954年)
『湯葉』(1960年)
『隅田川』(1961年)
『隅田川暮色』(1982-83年)

| awards =
| debut_works =
| spouse =
| partner =
| children =
| relations =
| influences =
| influenced =
東京府王子町大字王子(現在の東京都北区王子)生まれ、7歳から浅草区浅草東仲町(現在の台東区雷門)に移住。東京市田原尋常小学校(現在の台東区立田原小学校)卒。東京府立第一高等女学校(現在の東京都立白鴎高等学校)卒。1941年5月に経済学者の大島清と結婚、本姓を芝木から大島へと変える。大島清については『丸の内八号館』に当時の様子が書かれている。
1941年に発表した戦時下の統制された築地青果市場を舞台に家運再興の為懸命に生きる八重の姿を描く『青果の市』で、1942年に第14回芥川賞受賞。戦後に書いた『湯葉』(1960年)、『隅田川』(1961年)、『丸の内八号館』(1962年)の 3作品は自伝三部作と言われ、作風が確立される。
他の作品に『隅田川暮色』(1982-83年)、『洲崎パラダイス』(1954年)、『夜光の女』(1955年)『葛飾の女』(1966年)等。『洲崎パラダイス』は新珠三千代主演で『洲崎パラダイス赤信号』として映画化された。また、同じく洲崎の歓楽街を舞台にした『洲崎の女』が、溝口健二の遺作『赤線地帯』の原作の一つとなっている。
工芸や美術などに打ち込む女性と、それら芸術を通じた男性との恋情を哀感豊かに描く作品が多い。
1983年日本芸術院会員、1989年(平成元年)文化功労者。1991年8月25日、乳癌のため国立がんセンターで死去。

受賞歴

芝木好子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2004.6.30 作家の読書道:第32回 青木るえかさん

    「本の雑誌」「WEB本の雑誌」でおなじみの青木るえかさん。本だけでなく、競輪、競馬を愛し、その方面のエッセイでも大活躍なのはみなさんご存じの通り。現在は日がな本を読んで暮らしている青木さんも、子供の頃は読書が嫌いだったとか。そんな彼女が読書に目覚めたきっかけから、その個性的な読書スタイルに至るまで、たっぷり語っていただきました。

芝木好子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

naruya424芝木好子とデクスターゴードンの日々。
follenuitさらに芝木好子を読み進めて短篇集『花霞』と長篇『流れる日』を読了。短編には物語が活字からしなやかに離脱する妙味があるし、長篇では戦前両親を早くに亡くした兄弟姉妹の多様な生き様が見事に描かれていて読みごたえがあった。
chii_oboeta_qma【戦前に芥川賞】芝木好子、火野葦平、尾崎一雄、石川淳(ダミーは、井上靖、安部公房、掘田善衛)ちぃ覚えた
rakuda0401「初めてここへ引越してきたとき、さみしくて泣いたものですが、今ではこの眺めが全部自分のものという気持ですの」『黄色い皇帝』芝木好子
aozoramusumeそうなの、そうなの。芝木好子は他にも『女ひとり』など、戦後を生きた女性と当時の社会状況をさらりとドラマチックに書くのがとてもうまい https://t.co/yeiPboqRZB
jinnotoshifumi芝木好子の『青果の市』は、豊洲移転と開業で盛り上がっている今こそ、読まれるべき芥川賞作品。築地で青果商を営んで踏ん張った一人の女性の物語。築地移転も小説に盛り込まれている。誰か、新聞の文化蘭とかで紹介するといいのだが。
bunpane_bot家の再興のため懸命に生きる主人公を描く、芥川賞を受賞した芝木好子の小説は? → 青果の市
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
芝木好子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)