トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 芝木好子

芝木好子

芝木好子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

芝木 好子(しばき よしこ、1914年5月7日 - 1991年8月25日)は、小説家。
Infobox 作家
| name = 芝木 好子
| image =
| caption =
| birth_name = 芝木 好子
| birth_date = 1914年5月7日
| clan =
| birth_place = 東京府王子町大字王子
| death_date = 1914|5|7|1991|8|25
| death_place = 東京都中央区
| resting_place =
| occupation =
| language = 日本語
| nationality =
| education =
| alma_mater = 東京府立第一高等女学校卒業
| period =
| genre = 小説、随筆
| subject =
| movement =
| notable_works = 『青果の市』(1941年)
『洲崎パラダイス』(1954年)
『湯葉』(1960年)
『青磁砧』(1972年)
『隅田川暮色』(1982-83年)
『雪舞い』(1984-87年)

| awards =
| debut_works =
| spouse =
| partner =
| children =
| relations =
| influences =
| influenced =
東京府王子町大字王子(現在の東京都北区王子)生まれ、7歳から浅草区浅草東仲町(現在の台東区雷門)に移住。東京市田原尋常小学校(現在の台東区立田原小学校)卒。東京府立第一高等女学校(現在の東京都立白鴎高等学校)卒。1941年5月に経済学者の大島清と結婚、本姓を芝木から大島へと変える。大島清については『丸の内八号館』に当時の様子が書かれている。
1941年に発表した戦時下の統制された築地青果市場を舞台に家運再興の為懸命に生きる八重の姿を描く『青果の市』で、1942年に第14回芥川賞受賞。戦後に書いた『湯葉』(1960年)、『隅田川』(1961年)、『丸の内八号館』(1962年)の 3作品は自伝三部作と言われ、作風が確立される。
他の作品に『隅田川暮色』(1982-83年)、『洲崎パラダイス』(1954年)、『夜光の女』(1955年)『葛飾の女』(1966年)等。『洲崎パラダイス』は新珠三千代主演で『洲崎パラダイス赤信号』として映画化された。また、同じく洲崎の歓楽街を舞台にした『洲崎の女』が、溝口健二の遺作『赤線地帯』の原作の一つとなっている。
工芸や美術などに打ち込む女性と、それら芸術を通じた男性との恋情を哀感豊かに描く作品が多い。
1983年日本芸術院会員、1989年(平成元年)文化功労者。1991年8月25日、乳癌のため国立がんセンターで死去。

受賞歴

芝木好子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2004.6.30 作家の読書道:第32回 青木るえかさん

    「本の雑誌」「WEB本の雑誌」でおなじみの青木るえかさん。本だけでなく、競輪、競馬を愛し、その方面のエッセイでも大活躍なのはみなさんご存じの通り。現在は日がな本を読んで暮らしている青木さんも、子供の頃は読書が嫌いだったとか。そんな彼女が読書に目覚めたきっかけから、その個性的な読書スタイルに至るまで、たっぷり語っていただきました。

芝木好子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

chii_oboeta_qma【戦前に芥川賞】芝木好子、火野葦平、尾崎一雄、石川淳(ダミーは、井上靖、安部公房、掘田善衛)ちぃ覚えた
andomokutaro先に呟いたツイートのとある小説とは、芝木好子さん(最近夢中になっている作家)の『雪舞い』という長篇なのだけども、途中、鴨雑炊が出てきて、思わず妄想がふくらむ。雑炊ならその前に鍋をやらなきゃいけないし、鴨南蛮にもしたい。もちろん、焼… https://t.co/xhqXcWpjxv
nkn100井上靖監修、芝木好子編『古美術読本(一)陶磁』。僕は「茶道において千利休は異国趣味をとりいれた最初の偉大な茶人だと思っている。彼が朝鮮の雑器から井戸・粉引・三島・刷毛目などを発見し、交趾の薬入れの小壺、ルソンの壺など、手当たり次第に異国のものを茶に使用した」<今東光「萩紀行」>。
bunpane_bot家の再興のため懸命に生きる主人公を描く、芥川賞を受賞した芝木好子の小説は? → 青果の市
okutaka_pin年度末業務で忙しくなる前に今日は趣味の墓巡りへ。今回は、ショパン猪狩、伊馬春部、前野曜子、犬養道子、小林麻央、3代目市川 翠扇、4代目中村雀右衛門、山田修爾、芝木好子、岡譲司、川喜多雄二、木村秀政、上山草人、ムッシュかまやつ、与謝野馨、多湖輝、という流れで巡りました。
majomajo28【隅田川暮色 (1984年)/芝木 好子】読み終えてすぐ「ミステリでもホラーでもない文学読んじゃったよ」と夫に言った。夫の答えは「たまにはいいよね」だった。ワタシの小さいころの話で、それは父母の… → https://t.co/Skxuue3J1u #bookmeter
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
芝木好子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)