トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 小林秀雄

小林秀雄

小林秀雄さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

小林 秀雄(こばやし ひでお)
小林秀雄 (西洋史学者)(1876年 - 1955年)-立教大学初代史学科長、名誉教授
小林秀雄 (批評家)(1902年 - 1983年)
小林秀雄 (神戸電鉄社長)(1902年 - 1977年) - 神戸電鉄第9代社長。神戸北野の異人館、小林家住宅(旧シャープ住宅)の所有者。
小林秀雄 (緑地社社長)(1918年 - 1985年)
小林秀雄 (作曲家)(1931年 - 2017年)
小林秀雄 (ジャーナリスト)(1953年 -) - ITジャーナリスト、フリーライター。「月刊コンピュートピア」元編集長。
小林秀雄 (コピーライター)(1963年 - ) - コピーライター。おてもやん企画社長。代表作はTBCのテレビCM「私、脱いでもすごいんです」。
こはやし ひてお

受賞歴

小林秀雄関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小林秀雄関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

roumanha_4彼(モオツァルト)の死に続く、浪漫主義音楽の時代は音楽家の意識の最重要部は、音で出来上つてゐるといふ、少くとも当人にとつては自明な事柄が、見る見る曖昧になつて行く時代とも定義出来る様に思ふ。音の世界に言葉が侵入して来た結果である。モオツァルト/小林秀雄
yume_ex2@ArthurRimbaudJP 中原中也さんのお友達の小林秀雄さんが訳したんですねぇ♪ほえ~♪有難うございます♪
ArthurRimbaudJP臨終の時は熟した、この世の果て、シンメリイの果て、旋風と影との国へと、怪しげな道を、俺の羸弱(るいじゃく)はこの身を駆つた。 ――「言葉の錬金術」小林秀雄訳 アルチュール・ランボー
pamurin5陰口をきくのはたのしいものだ。 人の噂が出ると、話ははずむものである。 みんな知らず知らずに鬼になる。 よほど、批評はしたいものらしい。 (小林秀雄)
sanokeijikun【bot】推薦人間の建設岡潔、小林秀雄「日本人の長所は神風の如く死ねる事だと思います」「個人主義は #日本国憲法 の前文のような甘いものではない」日本最高の知性の対談https://t.co/o1OGv0fAZN
monopole0001信じるという力を失うと、人は責任を取らなくなり、集団がほしくなる。そこからイデオロギーというものが幅を利かせる。今日の「物知り人」「インテリ」は、信ずる心を失っており、徒党を組んでいる。自分を持たない。反省がない。(小林秀雄)
abukodapokepoke小林秀雄さんの文章苦手すぎる無常ということもめちゃくちゃ嫌いだったし
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
小林秀雄さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)