トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 谷川直子

谷川直子

谷川直子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

谷川 直子(たにがわ なおこ、1960年 - )は、日本の小説家、エッセイスト。
1960年兵庫県神戸市生まれ。神戸市立飛松中学校、兵庫県立長田高等学校を経て、筑波大学第二学群比較文化学類を卒業後、雑誌編集者として働く。
1985年に作家高橋源一郎と結婚し、1990年代に高橋直子名義で『競馬の国のアリス』などの主として競馬やファッションに関するエッセーを発表。1999年に離婚、「夫に離婚を言い渡されたタカハシさんの奥さん」を主人公とする小説『アイ・ラヴ・エース!』を発表する。
2005年1月に大学の同級生と再婚し、同年6月から長崎県五島市在住。
2012年8月29日、「おしかくさま」で第49回文藝賞を受賞したことが発表された。これは同賞の女性として最年長での受賞である。なお、同賞の選考委員に元夫の源一郎がいたが、彼は受賞作を決定する投票を棄権している。文藝賞受賞第1作「断貧サロン」が『文藝』2014年夏号で発表され、同年、河出書房新社から単行本が発行された。さらに『文藝』2015年春号において、第3作「四月は少しつめたくて」を発表。同年4月河出書房新社から単行本が発行され、第32回織田作之助賞候補となった。『文藝』2016年秋号で、第4作「世界一ありふれた答え」が発表され、同年10月河出書房新社から単行本が発行された。2018年8月、第5作「私が誰かわかりますか」が、朝日新聞出版から書き下ろし単行本として発表された。同作は著者初の地方を舞台とした三人称小説である。2021年1月、第6作で初の恋愛長編小説「あなたがはいというから」を河出書房新社から書き下ろしで発表した。2022年8月、結婚をテーマとする第7作「愛という名の切り札」を朝日新聞出版から書き下ろしで発表した。

受賞歴

谷川直子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

谷川直子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kapibara5220お金を信じるということは人を信じるということだからです。(『おしかくさま』谷川直子/著・河出書房新社)
book_tsukatsu谷川直子『おしかくさま』#読了49歳のうつ病だったミナミは「おしかくさま」というお金の神様を信じる4人の女に出会う。彼女も信じることにするが…。ミナミの両親と妹と姪の視点もあり、それぞれお金との距離感が語られる。作中では人生… https://t.co/yVvwHSEeAg
R1ZX0Mnz948GrqJ数年前からずっと思っていたことがあるのだけど、この際なので思い切って言ってしまいます。『世界一ありふれた答え』(谷川直子)のトキオ、坂口さんで見たい。生きる意味を見失ったピアニスト、絶対ハマると思うの。#読書 #世界一ありふれた答え #坂口健太郎
ko10ba「見てるのに見えないことって、あるんだね。言ってることわかる?」「わかる」「あとでわかるんだよね。ちょっとずつ」『おしかくさま』谷川直子
novel_story_botあなたがはいというから わたしはわらっていられた すべてのひとがいいえとひていしても あなただけがこうていしてくれれば わたしはいきていける くやしいけどそれがあいだと しんじているから【あなたがはいというから/谷川直子】
gb1116kyo読了。谷川直子 愛という名の切り札 https://t.co/zjBFttqKO1
sapphirepierce昨日、本を一冊貸したら別のところから一冊舞い込んだ笑「主人公は第九が苦手なの」が本に添えられて私の手に。音楽の小説ではないらしい「愛という名の切り札」谷川直子著
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    谷川直子さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)