トップページ > 作家名一覧 > ほから始まる作家名一覧 > 星野智幸

星野智幸

星野智幸さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

星野 智幸(ほしの ともゆき、1965年7月13日 - )は、日本の小説家。
ロサンゼルスで生まれる。横浜市立荏田小学校、世田谷区立八幡中学校、東京都立戸山高等学校を経て、早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。産経新聞社記者となる。1991年に産経新聞を退職、1991年から1992年、1994年から1995年の間メキシコシティに私費留学。1996年から2000年頃まで太田直子に師事し字幕翻訳を手がける。
1997年「最後の吐息」で第34回文藝賞受賞。2000年、「目覚めよと人魚は歌う」で第13回三島由紀夫賞受賞。2002年「砂の惑星」で第127回芥川賞候補。2003年『ファンタジスタ』で第25回野間文芸新人賞を受賞。同年より2007年3月まで早稲田大学文学学術院客員助教授。
2007年「植物診断室」で第136回芥川賞候補。落選後の1月16日、公式サイトにて「『新人』という範疇からは身を引き、自分に『中堅』としての立場を課したい」と記し、芥川賞の対象から外れることを自ら宣言する。同年すばる文学賞選考委員に着任。2011年、新潮新人賞選考委員。同年、『俺俺』で大江健三郎賞受賞、野間文芸新人賞選考委員。

受賞歴

星野智幸関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

星野智幸関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

7ka10m0星野智幸のだまされ屋さんを読んだよ。凝り固まった家族のなかに図々しい第三者が侵入して関係性をスクラップ&ビルドすればオーライになるみたいな感じはよくわかんないなあ。
hirunekobooks『移動図書館の子供たち』(柏書房)入荷しています。円城塔、大前粟生、斎藤真理子、藤野可織、星野智幸ら16人が、「移動図書館の子供たち」をテーマに小説でもエッセイでも詩でもない「短文」を寄せました。… https://t.co/PGSxRnFoPC
lumCIniNGnBDurw星野智幸『未来の記憶は蘭のなかで作られる』難聴になった著者の難儀。ガヤガヤした時に聞き取れなくなる辛さ。でもなぜ補聴器をつける事に一抹の寂しさがあるのか。視力が落ちたらメガネ。同じように聴力が落ちたら補聴器。それでいいはずなの… https://t.co/TDfnYFMOWL
shincholive_bot『俺俺(新潮文庫)』(星野智幸)実家のドアを開けると、現れたのは俺だった。「誰だおまえ」「おまえこそ誰だ?」 https://t.co/5bYltWdujD #電子書籍
yorukuma0206星野智幸さんの「だまされ屋さん」を読み終わった。古い公団の部屋で機能不全家族の会話のやり取りと独白が続く。不思議と漂う空気はあかるくとても面白かった。多様性… https://t.co/VnF0wmYNDs
lamblambzy『だまされ屋さん』(星野智幸)、まだ途中だけどものすごくおもしろい。何も考えずに読み始めて、「これって『オープンダイアローグ』ってやつでは?」と思って、最後の方を見たら、参考資料にそっち系の本がずらりと並んでて「なるほど」となった。
taigatoratorato星野智幸『俺俺』を読んだら、なんかエヴァンゲリオンの中心的テーマと似ているような気がしなくもない。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
星野智幸さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)