トップページ > 作家名一覧 > ほから始まる作家名一覧 > 星野智幸

星野智幸

星野智幸さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

星野 智幸(ほしの ともゆき、1965年7月13日 - )は、日本の小説家。
ロサンゼルスで生まれる。横浜市立荏田小学校、世田谷区立八幡中学校、東京都立戸山高等学校を経て、早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。産経新聞社記者となる。1991年に産経新聞を退職、1991年から1992年、1994年から1995年の間メキシコシティに私費留学。1996年から2000年頃まで太田直子に師事し字幕翻訳を手がける。
1997年「最後の吐息」で第34回文藝賞受賞。2000年、「目覚めよと人魚は歌う」で第13回三島由紀夫賞受賞。2002年「砂の惑星」で第127回芥川賞候補。2003年『ファンタジスタ』で第25回野間文芸新人賞を受賞。同年より2007年3月まで早稲田大学文学学術院客員助教授。
2007年「植物診断室」で第136回芥川賞候補。落選後の1月16日、公式サイトにて「『新人』という範疇からは身を引き、自分に『中堅』としての立場を課したい」と記し、芥川賞の対象から外れることを自ら宣言する。同年すばる文学賞選考委員に着任。2011年、新潮新人賞選考委員。同年、『俺俺』で大江健三郎賞受賞、野間文芸新人賞選考委員。

受賞歴

星野智幸関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

星野智幸関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hit4boy星野智幸『俺俺』他人の携帯で戯れにオレオレ詐欺を働いた主人公。金をせしめた途端、被害者の女性が訪れ主人公を息子として扱うようになります。それを契機に、あちこちに自分=俺が増殖しちゃうっていう、自我崩壊不条理小説です。俺のつながりに… https://t.co/47BEgOYdOy
thomath9#読了「焔」星野智幸もともとは独立した短編9篇が「語り手」により受け渡され、止揚される円環構造の物語。並行世界という解釈も拒絶されそうな林立するイメージの不穏。読むというより目撃している印象を打ち込む、舞台芸術的な演出… https://t.co/CVa9s8446o
e_m_panda星野智幸『焰』#読了『植物忌』が良かったので著者2冊目。途中で世界線がグニャっとよじれて反転するような、どこに連れて行かれるんだろうかと終始ざわざわして落ち着かない9篇。「人間バンク」「何が俺をそうさせたか」は脳内ストー… https://t.co/m4L5WPDmvl
Cadavre_K東京新聞で星野智幸の小説がスタートするようだ。暴力性ばかりを強める人間をやめて「人間ではないものに変われる可能性」を探求する「ひとでなし」の物語という。楽しみ。
4rk_pnz大路浩実、横溝正史と新本格のイメージだったけど星野智幸の装丁もやってた
rina428144毎日読んでいる新聞の朝刊・夕刊の小説がもうすぐ終わって新しいのが始まる。朝井リョウさんと星野智幸さんの小説になるとのお知らせ記事があった。朝井さんは名前しか知らず(ボクらの時代で見たような)、星野さんは知らない。でも楽しみ。#新聞小説
libro_jp東京新聞の連載小説、8月22日から朝刊で星野智幸「ひとでなし」、8月23日から夕刊で朝井リョウ「生殖記」が始まります。期待。(N)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
星野智幸さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)