トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中村航

中村航

中村航さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

中村 航(なかむら こう、1969年11月23日 - )は、日本の小説家。岐阜県大垣市出身。
大垣市立北中学校、岐阜県立大垣北高等学校、芝浦工業大学工学部工業経営学科卒業)に就職し、エンジニアとして働く、友人に勧められて小説を書きはじめる。執筆活動に専念するため、1999年、29歳の時に退社。執筆することを中心に考え、合間に塾で勉強を教えたり、引っ越しをするなど、とにかく生活を変えていた。2002年、31歳の時に『リレキショ』で第39回文藝賞を受賞しデビュー。2006年に第6回スーパーダッシュ小説新人賞選考委員、2007年に第2回日本ケータイ小説大賞選考委員を務めた。
子供の頃に読んだ児童小説に影響を受け、ほかに影響を受けた作家に椎名誠、村上春樹、吉本ばなな、江國香織、角田光代を挙げているイラストレーターの宮尾和孝によるものが大半であり、作品によっては章の扉や作中にもイラストを手がけている。一部作品、別名義、共著、シリーズ、アンソロジーでは装画イラストから外れることがあるが、「奇跡」や「デビクロくんの恋と魔法」などのように文庫版の表紙や作中イラストのみで採用されることもある。
中村は自身が描く登場人物を「劇団員」に例えている。作品によって名前や性別は違っても、核には共通したものを持っており、例として『リレキショ』に登場する「山崎さん」と『絶対、最強の恋のうた』に登場する「木戸さん」は名前や性別は違うが核にあるものは同じである。
2015年より、ブシロードが企画するメディアミックスプロジェクト『BanG Dream!』プロジェクトの原作・ストーリー原案を務め、世界観やキャラクター設定、原作小説の執筆、メディアミックス作品の原作・ストーリー原案、作中楽曲の作詞などを担当している。ストーリーにおいて主人公たちが高校に入学してから音楽をはじめ、数か月をかけてバンドを結成し、質屋でギターを購入してメンバーと蔵でバンド練習をしていた点などは中村の実体験をもとにしている。また、プロジェクトにて作詞も担当することに対して中村は、「もともとは、作詞・作曲経験しかない人間が小説を書きはじめた。だから、『BanG Dream!』プロジェクトでは、小説家が詞を書いているのではなく、作詞家が小説を書いているというほうが近いと思うことがある」と語っている。

中村航新刊

  • 発売日
    2019年8月23日
  • 書名
    #失恋したて (LINEノベル)
  • イラストレーター
    宮尾 和孝

受賞歴

中村航関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

中村航関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Dokusyo_Rui結婚、出産、引っ越し。世界三大転機。(絶対、最強の恋のうた - 中村航)
KinoUmeda【河邉徹さん選書フェア】昨日紹介した中村航さんは、河邉さんの「夢工場ラムレス」の帯にコメントを寄せられております!お二方の関係が少しわかると、違った小説の楽しみがあるかも!yhttps://t.co/fPgqXRpYn3 https://t.co/zNPwuMUwME
F_Dichter皆さんには周知の事実なのかもしれないけど、バンドリって中村航さんがいろいろやってるのか! 知らなんだ
320night鳥栖の高丘ってほんといいキーパーだよな。個人的には中村航輔大迫高丘の代表がみたかったな
boobookwords女の子は諦めなきゃと思って、泣いたりするんだろうか。(『あのとき始まったことのすべて』中村航p224)
sachi3286【2017年7月の対談 再読】中村航輔選手「相手が飛車を振ってきたら必ず穴熊」って実況下田さん「ナイスキーパー!」連発しちゃうよ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
中村航さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)