トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 鹿島田真希

鹿島田真希

鹿島田真希さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

鹿島田 真希(かしまだ まき、1976年10月26日 - )は日本の小説家。特にフランス文学の影響を受けた前衛的な作品を執筆している。
東京都出身。高校時代にドストエフスキーなどのロシア文学に傾倒。作品世界への興味から教会に通うようになり、17歳のときに日本ハリストス正教会で受洗し正教会信徒となる。白百合女子大学文学部ではフランス文学科に進みプルーストなどを読む。卒論はジュリア・クリステヴァ。大学在学中の1999年、友人の勧めで応募した「二匹」で第35回文藝賞受賞しデビュー。2003年に日本正教会の聖職者(結婚当時伝教師、結婚後に輔祭)の男性と結婚。
2004年、『白バラ四姉妹殺人事件』で第17回三島由紀夫賞候補、2005年『六〇〇〇度の愛』で三島由紀夫賞受賞。受賞作はマルグリット・デュラス『ヒロシマ、私の恋人』を下敷きに、長崎の原爆を主題としたものであった。2006年「ナンバーワン・コンストラクション」で第135回芥川賞候補。2007年『ピカルディーの三度』で野間文芸新人賞受賞。2009年「女の庭」で第140回芥川賞候補、「ゼロの王国」で第5回絲山賞を受賞。2010年『その暁のぬるさ』で第143回芥川賞候補。2012年『冥土めぐり』で第147回芥川賞受賞。笙野頼子以来の純文学新人賞三冠作家となった。

受賞歴

鹿島田真希関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

鹿島田真希関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

si_innosiどんなに愛を深めても、深めたら、文が浮かぶ。一人一文ずつ、それぞれの文が浮かぶのだろう。だから孤独なのだ。(鹿島田真希『ピカルディーの三度』)
akutagawa_syou子供の頃、家族で行った海に臨むホテルは母親にとって、一族の栄華を象徴する特別な場所だった。過去を忘れようとしない残酷な母と弟から逃れ、車いすの太一と結婚した奈津子は、思い出の地を訪ね……。 芥川賞受賞作『冥途めぐり』鹿島田真希 https://t.co/RarjMn315A
LS_slot_bot2小説「六〇〇〇度の愛」で三島由紀夫賞を、「冥土巡めぐり」で芥川賞を受賞した女流作家は?→鹿島田真希(同一リール:岩井志麻子、小野不由美、村田沙耶香)
Alcyone_violaそして私の体は冷たくなって、大理石に横たわる。肉体は冷えて、冷えたまま液体のようになって、大理石と一体になるのです。 ──鹿島田真希「緑色のホテル」より部分『黄金の猿』文春文庫、2012年
minuit0721鹿島田真希・インタビュー 「本当」の物語をあなたに 『少女のための秘密の聖書』刊行記念 https://t.co/FdTBh4LHWC 「道を究めようとすることは本質的に孤独な時を経る必要がある。しかし不幸ではありません」
hirari_ktnh「人間は普通、自分の命ですらも、どうすることもできません。しかし自分の命ぐらいどうにかしたいものではないですか。つまり僕は、自分の命の主人になりたいのです。」『ゼロの王国/鹿島田真希』
kubotakashi6074鹿島田真希の冥土めぐりを連想するな。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
鹿島田真希さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)