トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 大江健三郎 > 「雨の木(レイン・ツリー)」を聴く女たち

「雨の木(レイン・ツリー)」を聴く女たち(大江健三郎)

「雨の木(レイン・ツリー)」を聴く女たち(著者:大江健三郎)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:「雨の木(レイン・ツリー)」を聴く女たち (新潮文庫)
  • 著者:大江 健三郎
  • ページ数:315
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4101126151
  • ISBN-13:9784101126159

「雨の木(レイン・ツリー)」を聴く女たち関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

大江健三郎のその他受賞歴(候補含む)

「雨の木(レイン・ツリー)」を聴く女たち関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

raisen_bot2_qmaNo.154 次の1980年代に読売文学賞を受賞した作家と受賞作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒大江健三郎―雨の木」を聴く女たち、澁澤龍彦―高丘親王航海、色川武大―狂人日記
providence1954大江健三郎 自選短編集「奇妙な仕事」「飼育」から、「セヴンティーン」「空の怪物アグイー」「「雨の木」を聴く女たち」など、作家自選のベスト短篇集。しかも、全作品に加筆修訂がほどこされた最終版。どこからでも、大江ワールドを堪能でき… https://t.co/u3tOcH8B91
Rosetta_1001@D41Ux 大江健三郎授業でやったんですけど中期は頭悪くて理解が不十分だった記憶が強いです 「雨の木」を聴く女たちとか…新しい人よ目覚めよとかは好きです お子さんの話とか…
akaifusen時折、無性に大江健三郎の本のタイトルをつぶやきたくなる。『万延元年のフットボール』とか、『「雨の木」(レイン・ツリー)を聴く女たち』とか、『厳粛な綱渡り』とか、『懐かしい年への手紙』とか、『われらの狂気を生き延びる道を教えよ』とか。カッコいい。
denden_fish大江健三郎が初めて連作短編に手を染め、かつ私小説の手法を用いて書いたのは『「雨の木」を聴く女たち』だったが、ここではまだ手探りで新しい試みを模索している感が強い。この手法が最高度の達成を示すのは、次作『新しい人よ目覚めよ』で、僕はこの作品が現時点での「最後の小説」だと思っている。
A86195816A16の時に『「雨の木」を聴く女たち』を読まされた時文字を目で追って何が書かれているかはわかったけど、何を意味しているのかとかはまったく理解できてなくて、改行ないし、とにかく難しいという気持ちになって大江健三郎アレルギーみたいな状況に陥った
BQQKOP大江健三郎「『雨の木』を聴く女たち」 #雨の音をBGMに読みたい小説
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)