トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 大江健三郎 > 万延元年のフットボール

万延元年のフットボール(大江健三郎)

万延元年のフットボール(著者:大江健三郎)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:万延元年のフットボール (講談社文芸文庫)
  • 著者:大江 健三郎
  • ページ数:492
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4061960148
  • ISBN-13:9784061960145

大江健三郎新刊

  • 発売日
    2019年9月10日
  • 書名
    大江健三郎全小説 第13巻 (大江健三郎 全小説)
  • 発売日
    2019年8月9日
  • 書名
    大江健三郎全小説 第12巻 (大江健三郎 全小説)
  • 発売日
    2019年7月10日
  • 書名
    大江健三郎全小説 第11巻 (大江健三郎 全小説)

万延元年のフットボール関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.8.28 「ひらいて」著者 綿矢りささん bestseller's interview 第43回

    出版界の最重要人物にフォーカスする『ベストセラーズインタビュー』! 第43回の今回は、新刊『ひらいて』を刊行した綿矢りささんです。

  • 2012.7.18 作家の読書道 第127回:青木淳悟さん

    今年『私のいない高校』で三島由紀夫賞を受賞した青木淳悟さん。デビュー作「四十日と四十夜のメルヘン」から独自の空間の描き方を見せてくれていた青木さんはいったい、どんな本を好み、どんなきっかけで小説を書きはじめたのでしょう。それぞれの作品が生まれるきっかけのお話なども絡めながら、読書生活についてうかがいました。

  • 2010.11.24 作家の読書道 第109回:宮下奈都さん

    日々の暮らし、小さな心の揺れを丁寧に描き出し、多くの人の共感を読んでいる宮下奈都さん。今年は一人の若い女性の成長を4つの段階に分けて描いた『スコーレNo.4』が書店員さんたちの熱烈な応援を受けて再ブレイク。福井に住む、3人の子供たちを育てる主婦でもある宮下さんが辿ってきた本との出合い、そしてつきあい方とは?

大江健三郎のその他受賞歴(候補含む)

万延元年のフットボール関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mh_nemoご存知ですか? 9月12日は大江健三郎『万延元年のフットボール』が刊行された日です - エキサイトニュース https://t.co/SpAQLVYUW5 @ExciteJapanから
junjacques眠れ、眠れ、世界は存在しない。(『万延々元年のフットボール』大江健三郎)
pefnk万延元年のフットボールが読みたいなって気分になったけど、大江健三郎は空の怪物アグイーしか持ってなくて仕方なく読んでる空の怪物アグイーが今日はなんだかぴったんこで得した気分になる。
path110最高傑作『星の降る馬車』を書いているけれど、大江健三郎さんの『万延元年のフットボール』の方が、長編小説だから描写の仕方とか上手いんだよなぁ。私の『星の降る馬車』の仕上がり具合は、ホームページ「夢世」でパーセンテージで確認できます。児童向け小説も書いてます。
qma_bibun_bot文字 ・1967年に第三回谷崎潤一郎賞を受賞した大江健三郎の小説→万延元年(のフットボール)
bunkyu_bot大江健三郎の代表作は小説『万延元年の○○○○○○』?→フットボール(万延元年がパネで出題)
bunkyu_qma_bot【No.303】大江健三郎の代表作は小説『万延元年の○○○○○○』?(84%) フットボール
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)