トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高野和明 > ジェノサイド

ジェノサイド(高野和明)

ジェノサイド(著者:高野和明)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:ジェノサイド
  • 著者:高野 和明
  • ページ数:590
  • 出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)
  • ISBN-10:4048741837
  • ISBN-13:9784048741835

ジェノサイド関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

高野和明のその他受賞歴(候補含む)

ジェノサイド関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

izumi54336672脅威とは「力」だ。恐るべきなのは、核爆弾の破壊力でも最先端の科学技術力でもなく、それらを生み出した知力そのものなのだ。高野和明『ジェノサイド』
book_beans2012年の本屋大賞は、 『舟を編む』 著/三浦しをん(光文社)だったね。ちなみに2位は、 『ジェノサイド』 著/高野和明(角川書店)で、3位は、 『ピエタ』 著/大島真寿美 (ポプラ社)だね。読む本悩んだなら読んでみたら?
oppineru描いているのはめちゃくちゃ難解なことなのに、エンタメとして成立してグイグイ読まされる作品としては、個人的に高野和明の『ジェノサイド』が今のところ最高峰。
aaayami_ #名刺代わりの小説10選 改訂版新世界より/貴志祐介熱帯/森見登美彦姑獲鳥の夏/京極夏彦舟を編む/三浦しをん天使の囀り/貴志祐介ダークゾーン/貴志祐介容疑者Xの献身/東野圭吾西の魔女が死んだ/梨木香歩ジェノサイド/高野和明十角館の殺人/綾辻行人
yorika_oekaki読書録番外編①【ジェノサイド−高野和明】日本の薬学部生とアメリカ?の傭兵が驚きの展開でつながる物語。人類の残虐性を歴史や少年兵といった観点から扱った壮大なストーリー。フィクションだけど本当に今後起こるかも…とも思わせる。全人類に読んでほしい。
sui_99974高野和明の「ジェノサイド」も良かったなあ…中学までは図書館通いしてたのに、最近は本読む時間が減ってしまって悲しいです
raisen_bot_qmaNo.559 次の2012年に本屋大賞にノミネートされた本とその作者の正しい組み合わせを選びなさい⇒ジェノサイド―高野和明、プリズム―百田尚樹、ビブリア
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)