トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 篠田節子 > 夏の災厄

夏の災厄(篠田節子)

夏の災厄(著者:篠田節子)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:夏の災厄
  • 著者:篠田 節子
  • ページ数:381
  • 出版社:毎日新聞社
  • ISBN-10:4620105228
  • ISBN-13:9784620105222

夏の災厄関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2016.6.7 【今週はこれを読め! SF編】竜の神話と生物学のロジック、篠田節子のサイエンス・フィクション

    篠田節子はこれまでも、毒性を有する変異カイコが猛威をふるう『絹の変容』、新種日本脳炎を媒介する軟体動物が蔓延る『夏の災厄』と、描線がくっきりとしたパニックSFを送りだしてきた。『竜と流木』はそれらにつづく最新作である。人間に仇なす生物の量感でみれば、こんかいはほとんど怪獣小説といってよい。

  • 2006.3.16 著者インタビュー - 篠田節子さん『讃歌』

    --最近、多くの人々が気になっている、テレビのヤラセやメディアの力、芸術の本質などを問いかけるテーマで、ぐいぐい引き込まれて読んでしまいました。今回、音楽とテレビ業界をテーマに選ばれたきっかけを教えてください。

篠田節子のその他受賞歴(候補含む)

夏の災厄関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

NurunuruPenguin【夏の災厄 (角川文庫)/篠田 節子】を読んでいる本に追加 → https://t.co/u3mPhPTuur #bookmeter
nagoyajin2@angra_hm @mwjsince1947 やはりそうですよね。アニメの絵の細かさはこだわりを感じます。特に文庫本やパンフレットなどの印刷物の再現性はすごいと思いました。その中でも「夏の災厄」(篠田節子著)は、思わず検… https://t.co/T310dFK7Zo
OCTAHOBKA_3篠田節子の「夏の災厄」、ものすごく面白いけど一生読み終わらない…
narcorepsy0916篠田節子で思い出したけど夏の災厄を随分前に買ってからまだ読んでねぇや
y_esui上司が大好きだという篠田節子著「夏の災厄」を読破。埼玉県で局地的に発生した日本脳炎らしき疫病に翻弄される市役所職員、医療職を軸に緻密に描かれた傑作だった。今のコロナに通じる部分が多すぎて読むのが辛く、かなり時間がかかったが読んでよかった。本当によかった…。明日の仕事も頑張ります。
Shiiim620感染症関連の小説、篠田節子の夏の災厄は本当に怖くて面白くて一気読みした病気の種類は違えどコロナの過程とそっくりだったのでオススメ…鳩の感染とかそのまんまやんってなる
batankyuchan篠田節子『夏の災厄』#読了
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)